ブログを始めて4ヶ月目慣れてきた私がハマった【抜け出し難い罠】とは?




日常は罠だらけです。

予定調和?必然であって偶然ではない?

ふーん。そう思って過ごすことにももちろんメリットはあるかもしれません。でも、

「あーまた罠にはまった」

「こんなことってある!?」

とかいちいち感情を揺さぶりながら日々を過ごしていく方が、なんかちょっとワクワクしませんか?スーです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

皆さんは罠にはまったことに気付いた時、なんとかその罠から抜け出そうとしますか?それとももうその魅惑の罠にどっぷりハマりっぱなしになっちゃう?

罠にハマった自分というのを、思いっきり利用して自分の糧にしていくのはどうでしょうか?

わたしがハマった罠とは?


ネットで繋がる世界というのは、無限の情報世界であり、それと同時に能動的に検索ツールを使った範囲でしか情報を得られないという狭い世界でもあると思うんです。

自分の選ぶ言葉ひとつ、その言葉の組み合わせひとつ、要は自分のキーボード操作ひとつで、目の前にめくるめく異世界が現れてくるんです。

検索クセがついちゃってヤバイ

検索癖なんて、今のご時世当たり前、必要悪ですよね。

「悪」?悪ってこともないか。まー自分で考える前になんでもホイホイと検索で済ましてしまうようになっては、それは「悪」というか、「悪癖」になるのかもしれないですが、調べるツールが広辞苑からwikipediaに変わったと言っても過言ではないと思いますから。

ブログを始める前は、本当にちょちょらにスマホで検索して買い物や地元のイベントを探すくらいでした。

いや、別に検索に疎いわけではなく、検索に関して規制を外してしまうと、恐ろしい事態になってしまうということが身にしみてわかっているからです。

ブログを始めるにあたっても、全くの素人なんですから、わからない設定や攻略に関しては納得がいくまで調べるべきだと思います。しかし、検索し始めると乗っちゃいますよね、波に。サーフィンしちゃいますよねー。

そして、最悪の罠、「ネットに書いてあることってなんだかすごーい」潮流に飲まれてしまうんです。

これの怖さは百も承知なので、絶対避けたいという思いは心の片隅に常備しておかなければいけません。

余裕ができたその隙間で迂闊にも面白すぎるブログを発見

ちょっとだけ、

気晴らしに、

ネタ探しに、

リサーチリサーチ♪

今まで極力避けてきた、他人のブログを能動的に検索するという行為。余裕ができるって要注意ですね。こんな言い訳を並べ立てて、いざポチっとエンターです。

キーワード検索をしているときにぶち当たるサイトが、個人的ブログということは多々あります。そのほうが参考になることも大いにあります。

でもそんな風に検索順位上位のブログって、たいてい情報系のしっかりSEO対策された、誰もが読みやすいブログです。さらっと読めば欲しい情報が得られるし、何ページか読めば答えが見つかる確率が高いです。さすがですよね、キレてます。

しかし、ひょんなことから、たまたまその答え探しで見ていたブログの管理人さんが、「推しブログ」みたいな感じで紹介している、全く読まれていなそうなブログを覗いてしまったんです。

こういうの、典型的なサーフィンのパターンですよね。

これが、でした。迂闊でした…。

この人の呪縛から逃れられなくなることに気づいたのも早かったです。

即ホーム画面にお気に入り追加です。

紹介したいのに紹介できない

そのブログを紹介したいんです。

この罠に皆さんもハマって欲しいと純粋に思いました。

でもでも、その力量がまだわたしにないんです。

そしてビビリなんです。

ちょっと調べてはみたんですが、リンクを貼る方法以前に、そのご本人に了承を得なければならないとすれば、あまりにも躊躇してしまうんです。

サクサクとネット上で友達になったり、チャットしたり、コメントしたり、イイねしたり、そういうことが大の苦手なので、躊躇しかありません。

もう少し調べてみて、いつかリンクを貼れた時には、思いっきりこの落とし穴にハマってくださいね。

この罠から抜け出す方法は?


今のところ、その人の過去のブログを読み漁っているくらいで済んでいますが、これがまた次々と良い波が来てしまったら、取り返しのつかない事態になることでしょう。

ここは早めに手を打たなければいけません。

その罠ブログからネタを見出して記事を書く

まさに、今わたしがやっているコレですよね。

罠を自分の栄養にしてしまおうということです。

本当はリンクを貼れれば言うことなしなんですが、本来、自分のサイトに訪れてくれている方たちを他のサイトに誘導してしまうことは、ユーザー流出という事態を招き兼ねません。

でも、そんなことより、もしわたしと同じ感性の方がこちらに来てくださっているのなら、ぜひその罠ブログにも行ってみて欲しいんです

でも、ごめんなさい、今はまだわたしの力不足…。

その罠ブログの質が落ちるか更新が止まるのを待つ

人任せの方法ですね。

ただ、その罠ブログ内で読むものがなくなっても、他人のブログを覗けばこんな秀逸な記事に出会えるという経験を覚えてしまっていますよね。ちょっとした中毒です。

検索が得意で、それが趣味の人などには良くある事かもしれません。

私が検索してぶち当たるサイトなんて極々わずかだと思います。その中にこんな面白いサイトがあると知ってしまえば、もっともっとってなりそうです。

怖いです。

面白い文章を書く人って怖いです。

お気に入りから削除する

今は、ポチ1つでその方のブログにお邪魔できる状態にあります。

あー煮詰まったな、

という時に、ふと画面端を見るとそのアイコンがあるんです。

ポチ。

コレでひとっ飛び。

コレさえなければ、きっとわざわざキーワードを入れてまで見ようとは思わない気もするんですが、いまだに削除は出来ていません。

まとめ


こんなんでまとめちゃって良いの?

いや、書いてて思いましたが、

いいじゃん!

こんなに面白く、涙あり笑いありで人の感情を揺さぶる秀逸なブログ、消すことなんかないですよね。大いに見ましょう、見させていただきましょう。

それで自分のブログが書けなくなるほどの悪影響はないし、時間は割かれてしまうけど、得るものだってあります。

ただ、サクサク見てダラダラ見ない、ということを当面の制限としましょうか。

あやふやですけど。

悪い罠に引っかかるのは避けたいですが、いい罠にはどんどんハマっていきましょう!

そしてそれをネタに1記事でも2記事でも書けるとしたら、この上なく良いことですよね。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。



シェアする

フォローする