40代プレ更年期?疲れが取れない体の変化に向き合うことが大切かも




まだ幼い子供たちと一緒に過ごしていると、自分も子供に混ざって若いままのような気分になってしまうところがあります、スーです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

40歳を迎え、時の流れは止まることを知らないという現実、刻々とアラフィフへと近づいております。

年齢は関係ない?うーん、その言葉の意味もあやふやですよね。

若づくり してないつもりが 若づくり

周りが若い子ばかりだと、意識せずともちょっとはその影響を受けたりはしますよね。

でも、きっとどこか浮いていたり、ついていけなかったり、疲れたり…。しているはずです。それを認めずにどんどん頑張っちゃうと、もはやイタイおばちゃんになるのだろうか…。

「おばちゃん」という言葉がしっくりくる歳になった自分、受け入れようではありませんか。

「おばちゃん」最高!

「おばちゃん」バンザイ!

男は30歳、女は40歳ごろから様々な不調が現れる


まだまだ自分はイケている。ガクンと落ちるという体験もないし、よく年齢よりも若く見られる。

そう思っている30代40代の男女は多いはずです。

現に私も少なからずそう思っていました。まさか自分が「老いる」なんてまだまだ実感ないし、それよりも自分の親があれこれ老化して大変なことになったりする事で一杯一杯になります。

しかし、「老い」は確実に迫ってきています。

どんなに気を付けた生活をしていても、何十年と使い続けてきた「身体」という物質は、いろんなところに「朽ち」が出てくるものです。

修正しても貼り直しても経年劣化は避けられません。

その劣化が始まるのが30代40代というのも納得できませんか?

そこまでは昇っているという事ですから。そこから下降していく年齢と言われれば、確かにそれくらいでしょう。

ただ、気付くかと言われれば、ちょっと難しいかもしれません。気持ちはまだまだ昇っている感覚の方が強いのではないでしょうか。

このような下降に差し掛かってきてなんだか「あれ?」と思うような症状が見られるようになってきたら、それが「プレ更年期」と言えるのかもしれません。

自律神経の乱れ

自律神経、いわゆる、「交感神経」「副交感神経」です。

【交感神経】とは、心身を活動的にする神経です。この働きが向上すると血管は収縮し、血圧は上昇気分も高揚して、やる気がみなぎってきます。

【副交感神経】とは、心身をリラックスさせる神経です。こちらが優位になると、血管が拡張して血圧が降下し、消化や排泄の機能が高まり気分もゆったり穏やかになります。

この2つがバランス良く働くと、場面に応じて優劣のスイッチがきちんと切り替わり、良好な体調を保つことができます。

ところが、男性は30歳、女性は40歳頃から、【副交感神経】の働きが急激に下がります。

それが原因で自律神経のバランスが崩れ、スイッチの切り替えがうまくいかず、様々な不調が現れるということになります。

代謝の低下

やはり、基礎代謝も年齢とともに低下の一途をたどっていくことは避けられません。

これは、ホルモンも深く関係しているみたいで、30代になると成長ホルモンの分泌がほとんどなくなります。そのため、放っておくと代謝率は低下していくだけなのです。

さらに筋肉量も落ちていくので、意識して筋力トレーニングをしないと、脂肪の燃焼が行われず、結果メタボまっしぐらということになりかねません。

いくら食べても太らなかった過去の自分にしがみついていては、素敵な「おばちゃん」にはなれません!

代謝が落ち、筋肉が落ち、食べた分だけきちんと身になる、これでは食べることが楽しくなくなってしまいますよね。

しかし、年齢に沿った食べ方にシフトしていくことができれば、体調も整い、さらに太りにくい体になれるかもしれません。

見た目の劣化

そりゃー、劣化しますよね。重力には逆らえません。

シミやシワは生きている限り増えていきますよね。

代謝も落ちてほったらかし状態では、カロリーオーバーでどんどん溜まっていく一方です。

そういう現実をきちんと直視し、少しでもいい状態を維持しようと努力する人は、その後の50代や60代で大きな差が出てくるのだと思います。

見た目の劣化は、意識の持ち方で大きく違ってくると言う事です。

ただ闇雲に、薬やサプリ、美容整形などで取り繕うのではなく、内面のケアに意識を向けていくということが大事なのではないでしょうか。

痩せにくい体質になったと感じれば、筋肉を鍛えるストレッチやトレーニングを取り入れたり、シミやシワが目立ってきたなと感じたら、今までのメイクを辞めてシンプルにしたり、今の自分に合った方向に転換していく勇気も必要です。

幸い、41歳3人の子持ち主婦の私は、白髪もほとんどなく、メタボでもないかなという状況です。シミやシワは増えているし、ハリツヤはどこを探しても見当たりませんが、そこまで深く「老い」を意識したことはなかったかもしれません。

自分は更年期に差し掛かっているということを受け止める


「老い」というとちょっと大袈裟かもしれませんが、やはりきっかけというのはあるものです。

今までは疲れたと言っても、ゆっくり休めば元気になっていました。

ところが、最近は寝ても疲れが取れないという日も出てきたんです。

育児疲れか、パソコンに向かい過ぎ、はたまた生理前だから、とかいろんな理由を掲げて自分の「老い」に向き合っていなかったのを感じました。

これは、「動きすぎ」による疲労ではなく、「動かなさ過ぎ」による倦怠感かもしれないと気づいたんです。

ただでさえ、基礎代謝は下降の一途なのに、さらに動かないとなると余計に血流も悪くなり、細胞にきちんと酸素が行き渡らなくなってしまいます。

そして、体はさらにだるくなり動けなくなり、筋力は衰え、どんどん動けないという負のループから抜け出せなくなってしまうかもしれません。

ならば、ここで1回きちんと受け止めましょ、私は更年期、とまではいかないけど、プレ更年期の41歳よ!と。

プレ更年期のセルフチェック

「プレ更年期」というのは、更年期のようにあからさまに女性ホルモンが減少して、閉経し、ほてりやのぼせ、発汗やストレス、イライラなどの更年期障害と言われる症状とは違う、なんだかだるい疲れが取れないなどの、今までとは違う体の不安を感じ始めた30代後半から40代にかけての女性のことです。

35歳ごろから女性ホルモンが低下し始めますが、まだ緩やかに低下している程度。なので、卵巣機能の低下による症状というよりは、ストレスによる自律神経の乱れが原因である場合がほとんどです。

主な症状は、

  • 抜け毛・白髪が増える
  • 肌が乾燥しがち
  • 気持ちの浮き沈みが顕著
  • 生理周期によってイライラがひどくなる
  • 疲れやすくなる
  • 経血の量が少なくなる
  • 月経周期が短くなる
  • 手足の冷えがひどくなる
  • 上半身はほてっているのに、下半身は冷える
  • 眠りが浅くなる
  • 生理不順
  • 体臭が気になり始める
  • 立ちくらみや貧血がある

など、40歳を過ぎてからチェックしてみるとかなりの確率で当てはまると思います。

ちなみに私は、半分くらい当てはまります。

できる範囲で生活習慣を改善していく

一度受け入れてしまえば後は楽になれるもんです。

より良くしていく項目がわかるし、今のうちから対処していれば更年期本番には少し楽に過ごせるかもしれません。

まずは何と言っても「運動」です。

適度に体を動かして、血流を上げること、新鮮な空気を取り入れる事が大事です。

動いてない事が倦怠感を招いてさらに動けなくするのであれば、意識して動いていくしかないですよね。

次に大事なのは、「食事の改善」です。

代謝が落ちているのにこれまでと同じように糖質をとっていては、カロリーオーバーになるのは明白です。出来るだけ自然な方法で糖質を制限し、野菜や海藻、小魚や大豆製品を意識して摂取したいところです。

この意識だけで違うと思います。

ただし、その事がストレスにならないようにすることも大切です。

「ストレス」がプレ更年期の症状につながるので、できるだけリラックスした時間を大事にし、自分がプレ更年期であることを周囲の人たちと共有しましょう。周囲の理解を得られるという事がどれだけ大きな支えとなるか、身を以て実感できるでしょう。

ただイライラしているだけなのと、プレ更年期だから仕方ないとわかってもらえているのでは雲泥の差があると思いませんか?

今の自分ができることからチャレンジしてみましょう。

レジェンド葛西の教えに学ぶ

45歳の今でも現役、しかも第一線できちんと結果を残して活躍しておられる、国内外からの評価がハンパないレジェンドこと、葛西紀明選手

実際こんなすごい方でも、30代からの体の変化に気づき、前向きに「年齢に見合った方法」に日々のトレーニングを切り替えられたそうです。

「慢性的な疲れ」「衰え」に繋がっていくと実感して気づかれたそうですよ。

やはりレジェンド葛西氏も、疲れたなと思ったら、体を動かして汗をかくことを意識されているそうです。代謝を上げることにきちんと注目されていますね。

もちろん、食事の面でも代謝を上げるメニューを取り入れて、「疲れない体づくり」を徹底されているようです。

身体が資本のスポーツ選手の努力は、並大抵のものではないと思います。簡単に素人が真似できるとも思えません。

しかし、同じ「衰え」を感じて実践されていることは、大きなヒントになることに違いないでしょう。

その【レジェンド葛西】氏による著書、『40歳を過ぎて最高の結果を出せる「疲れない体」と「折れない心」の作り方』

大変参考になる教えがたくさんあるので、ぜひ一度手にとってみて下さい。

まとめ


いやー、ここへきて自分がプレ更年期だと受け入れちゃうとは思いもよらなかったです。

それくらい無頓着でした。「老い」に対して。

でも受け入れたらあとは実行あるのみ!

今のうちにできることを、現状からうまくシフトしていければ、急にガクンと降下するということもないと思います。

ショックは少ない方がいいですから。

今は幼稚園の送り迎えで、かろうじて歩いて体を動かしていますが、パソコンに向かう時間が長くなると、つい同じ姿勢のまま長時間集中してしまいます。

ここはきちんと意識して、1時間に1回は体を動かさないといけませんね。

食事は、ミネラルやビタミンを多く摂ることを意識して、特に糖質を制限しないでもいいかなと思います。もちろん余計な糖は摂るべきではないですけど。

そして、たまにキャンプしてストレスを解放!これに尽きます!

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。



シェアする

フォローする