【トイレが詰まった】時は絶対流さないでね!結局スッポンが一番最強




みなさん、自宅のトイレが普通に流れてくれる「幸せ」に感謝したことありますか?

そういうささやかな奇跡に感謝するのを怠ると、大変な目に合うかもしれませんよ…。

つい先日我が家に起こった惨事のように、スーです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

何事もなく平和に終わるはずの1日が、ほんの少しの気のゆるみでビリビリに引き裂かれてしまうこと、あるんです。

我が家のもうすぐ3歳児が、3日おきくらいに投下するお便爆弾、これがトイレを詰まらせてしまったのです。

以下、お便の話が軸となりますので、読む読まないはご自分でご判断下さいね♪

【トイレ詰まり】の原因がお便だったら?

トイレなんてそうそう詰まらへんやろ。

そういうことが頭にあったから、毎回毎回3〜4日分のブツを投下する3女のお便を、特に対策を練ることなくトイレに流していました。

量的にはそれほど問題視することもないものでしたが、その固さがね、小さなもうすぐ3歳児のお尻から出てきたとは思えないようなものでした。

固い大きな便をすぐに流さず浸水していたのに…

我が家の場合は、3女が便秘がちになり始めた夏の終わり頃から、定期的に大ブツが投下されるようになりました。

はじめの頃は「まさかそんな2歳児のブツでトイレが詰まるなんて…」と問題視していませんでした。

ところが、秋頃からトイレから「異音」がするようになったのです。

流れてはいたのですが、最後に「ゴゴゴッ」って。

わかります?

「ンゴゴゴッ」って。

なんとか流しといたけど次は危ないで、みたいなトイレからの警告だったのかもしれませんね。

ついにその危ない「次」がきてしまったのです。

今回のはちょっとスペシャルやなと思ったので、私もそのまま流さず便器の水たまりに小1時間放置しておきました。

そして、そろそろええかなと思って「えい」っと水を流しました。

・・・。

あれれ!流れない!

いやいやいやいや、水が上がってきた!

あかんかったか…。

水といっても冬場の水ですから、浸水時間1時間程度では効果がなかったみたいです。この時にやるべきことは、

  • 固いお便にお湯をかける
  • 柔らかくなったお便を割り箸などでくずす
  • それからしばらくして流す

この3つだったんです。

流れない時は絶対それ以上流さない!

焦りますよね、家にトイレが2つや3つあれば別ですが、この便器スレスレまで水が上がったトイレしかない場合、その後の用はどう足したらいいのでしょう…。

とにかく早くなんとかしないと!

という気持ちで一杯になります。

わかります、わかりますよー。

我が家のように子供が3人もいればなおさら、どの子がいつ「トイレー」っていうかハラハラします。

しかし、一旦そのまま放置しておくと、水は少しずつは流れていくんです。

塞いでいるものが全く変形しない物質、管の中で膨らむ物質などでない限り、詰まりの隙間から水が流れていきます。

2〜3時間かかる場合もありますが、1時間ほどで大抵もとの水位に戻ると思います。

それを待ちましょう。

もちろん、そんな時間待てない場合は、水をバケツに何かの容器で移します。

私はスレスレ水位から、1時間もかからないくらいでもとの水位に戻ったのを見て、

「あ、直った!よかった!」

早合点してしまい、普通に用を足して流してしまったのです。

すると、デジャブのような光景がそこに…。

再びスレスレ水位に逆戻りです…。

1回目水位が戻った時点、もしくは水をかき出した時点で、例のアレを使っていれば、旦那が帰ってくる夜の10時過ぎまでモヤモヤした気分でいることもなかったのにね。

やっぱり【スッポン】最強説

いろいろネットや人に聞いて調べましたよ。もちろん。

しかし、結局【スッポン】を使えと、それが一番早いと、どの情報筋も口を揃えて言うのです。

私ね、それがどうしても受け入れられなかったんです。

その理由は、

  • 飛び散りそう
  • 使用済みのスッポンを家に置きたくない
  • 本当にそれで解決するのか半信半疑

というものです。

使ったことがないというのもありますが、イメージはもう”トイレが◯尿まみれになる”ということしか浮かびません。

できれば【スッポン】を使わずに静かにことをおさめたい。

「水位が下がるんだから、そこまで深刻な詰まりじゃないんだわ」そう思うことにしてとりあえずブツを柔らかくするためにお湯を流し込んで様子見を決め込みました。

ちょうどお風呂の時間だったので、子供達はお風呂で用をさせました。

ところが、事態は一向に改善せず、一時はもとの水位まで下がることもあった便器内の水が、もうほとんど流れなくなったのです。

やっぱりスッポンか…。

遠回りしてますね。

素直に【スッポン】を買ってきてサクッとブツに圧をかけていれば、寝るまでヤキモキする事なかったのにね。

【スッポン】がなかったら?

【スッポン】があればそれは言う事ないですが、【スッポン】があるのは【スッポン】が必要な事があった家だけではないでしょうか。

必要がなければわざわざ置いておかないと思うのは私だけ?

なので、詰まることがあるかどうかわからないトイレ、いざ詰まったときに「スッポンがない!」ということはあるあるでしょう。

ネットには、

  • を【スッポン】として突っ込む
  • ペットボトルをカスタムして使う
  • ハンガーを変形させて使う
  • 強力洗剤を流しこむ
  • 熱湯を流し込む
  • 掃除機で吸う

などなど、さすがにトイレという限られた空間を早く使えるようにするためには、あらゆる荒技を駆使してみる人がいるようです。

私もね、突っ込んでみました。菜箸を。

しかし、思った以上にうねっている管の、手の届かない奥の方で詰まっているブツにはなんの効果もありませんでした。

どれも、もしかしたらやってみるとうまくいくかもしれませんが、それは【スッポン】以上に、成功する確率が低いと思います。

素直になりましょう。

ここは【スッポン】で。

【スッポン】の正しい使い方

お風呂も入り、ご飯も食べ、いよいよ寝る時間というタイミングまで、のんきに様子を見ていた私のように時間を無駄にしないよう、お湯を流しても手を突っ込んでもダメならすぐに【スッポン】を買いに走りましょう。

最近ではコンビニ100均にも売っているみたいですね。

ただし、成功確率を上げたいのであれば、しっかりとした【ラバーカップ】を購入しましょう。洋式便器ではこちら↓↓↓のような突起があるものを使用しましょう。

これ、イオンで1500円ですよ!高っ!

旦那が夜遅くに、仕事帰りに買ってきてくれたので文句は言いません。

しかし、それなら詰まるたびに100均のを買ってきて捨てた方が…と思ってしまう私がいたのは否定できません。

①便器内の水位を減らす

では、できるだけ短時間にサクッと勝負をつけたいので、きちんとポイントを押さえて【スッポン】を使用しましょう。

まずは、便器内の水を通常の水位くらいにします。

全然流れなくて便器いっぱいに溜まっている場合は、バケツに移しましょう。砂場用のオモチャとか小さいバケツなどを使って、かき出します。

灯油ポンプを使うという手もありますが、そこまでしなくてもいいと思います。

あまり水がなさすぎても効果がないので、スッポンの黒いゴム部分がしっかりと浸かるくらいにしておきましょう。

②【スッポン】の突起部分を排水口にぴったりと当てる

ここからの作業では、汚水が飛び散らないという保証がどこにもないので、できれば付近をビニールで覆うなどの養生をしておきましょう。

水が溜まった便器の穴にスッポンの突起部分をググッとゆっくり押し込みます。

この時、ボコボコッと水が抜けて真空に近い状態になることが重要です。

これ以上押せないというところまで押していきましょう。

③勢いよく【スッポン】を引き抜く!

ここが勝負どころですよ。

スッポンを押すことの方が効果があるように思っている人もいるかもしれませんが、それは間違いです。

あの黒いカップを真空にしてから、思いっきり引き抜くことで管の中に圧力をかけるということが大事なのです。

あまり馴染みがないスッポン、パッと想像するのは力ずくで押しては引き、押しては引きを繰り返す行為ではないですか?

押すことで水流の勢いを作って、その圧力でブツを押し出すイメージ?そして、できればブツを引き戻すより押し出してしまいたいですもんね。

しかし、S字のように曲がりくねった排水管の中を、水流だけで押し出せないから詰まっているわけです。

水流だけではなく引きの力で、一旦ブツを戻す方が有効なんですね。

と言っても、詰まっているところからブツが動くことによって流れが戻るので、ブツが逆流して便器に溢れるなんてことにはならないと思いますよ。

実際、我が家の場合も想像していたブツは目にしませんでした。

その後で流したトイレットペーパーや細かい浮遊物くらいはありましたけどね。

④詰まりが解消したら水を流しましょう

②③を何度か繰り返し、ついに「グホッ」という鈍い音を立てて全てが流れたら、あなたの勝利です。

それまではなかなか水が減らず、その水がどんどん濁っていくと思います。

しかしそこで負けずに根気よく繰り返すことで、ブツはやっと観念してくれることでしょう。

そして、必ず水位が元の低い位置まで戻るまで水を流さないこと!

くれぐれも、詰まりが解消されたと確信してから水を流してくださいね。

トイレが流れるというありがたみ

我が家の場合は便器から水が溢れなかったのも、本当に幸いでした。

そうなるともうのんきに待ちの姿勢なんて無理ですからね。

悪夢です。

しかし、焦りと無知により、一瞬の判断で簡単にそのような状況になると言えるのです。

「トイレが詰まった!」

そんな時はこの記事を思い出してみて下さいね。

そして実際に詰まって困っている方のお役に少しでも立てたら嬉しいです。

大丈夫です、強力なラバーカップの圧力を持ってすればたいていの詰まりは解消されると信じて頑張って下さい。

しかし、何時間やってもダメな場合はスッポンが便器のサイズに合っていないか、素人ではどうすることもできない排水管の問題が起きているのかもしれません。

あまり粘りすぎて気力体力を消耗してしまう前に、専門業社に相談しましょうね。

今後の対策としては、とりあえず我が家の3女のお便爆弾という根本をなんとかしなければいけません。

なぜか彼女だけが便秘になってしまっているのです。

溜め込んだ3〜4日分のブツはやはり尋常ではないです。

これにはいろいろと話せば長くなる問題がありますので、また次回以降に記事↓↓↓にしようかなと思います。

タイトルからもお分かりだと思いますが、今回は「うんち」さんについてのお話になります。 読まれる方はその辺りをご了承の上で、読み...

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。





スポンサーリンク

シェアする

フォローする




スポンサーリンク