洗剤もハンドソープもシャンプーも不要!我が家には乳酸菌液がある!




洗濯物の柔軟剤の香りが好きで、良い香りがする人につい惹かれてしまっていた頃もありました、スーです。

本日もお越しいただきありがとうございます。 ほんの10年前までは柔軟剤もハンドソープもシャンプーも普通に使っていました。

今、我が家にはそれらがありません。 今回はそんな我が家の洗浄事情をご紹介してみましょう。

洗う行為自体にそんなに意味があるのかな


手洗い・うがい、昔からそんなに言ってました? やってはいたかもしれませんが、あのポンプ式のハンドソープやアルコール除菌なんてありませんでした。

もちろん泥や汚れを落とすために、石鹸で洗う必要がある場合はあります。 しかし、必要以上に毎回ゴシゴシと泡で洗い流すことはないでしょう。
人間の皮膚に付着している、バリア機能とも言える常在菌がどんどん流れていき、乾燥したり、免疫力が落ちたりする可能性もあります。

洗濯は泥・皮脂・汗を落として洗い流せればいい

最近の洗剤のトレンドとはどういうものか、全くわからないんですが、もう粉洗剤を使っている家庭は少ないんじゃないでしょうか。よくCMで見かける、グミみたいな、ぽいっと入れてポンと弾ける、みたいな奇妙なヤツが流行りなのかな?

粉は溶け残りがあったり、保管の際にこぼれたりして、ちょっと使い勝手が悪い面がありますよね。その点、液体やジェルボールだと扱いが楽で手も汚れにくいです。多少値が張ってもそちらを選びたくなりますね。需要が上がっているのも頷けます。

CMで流れてくる綺麗なCG画像のように、

繊維の1本1本まで浸透して汚れを浮かす化学ってすごいですね。

それを見せられたら、そりゃ綺麗に真っ白く仕上がる方がいいってなります。 たとえ化学薬品まみれの、水だけでは到底落ちない強い成分を使っていたとしても。

でも本当にそんなに奥まで入り込んで汚れを浮かすことができるでしょうか?

ぐるぐる回っているだけの洗濯機、そこにポイっと入れた得体の知れないグミ(のようなもの)。洗浄成分が弾けて泡が出たり、回転の摩擦で多少は綺麗になりますが、実は一緒に含まれている蛍光増白剤が綺麗に見せているだけかもしれません。

ちょっと考えてみてください、ひどい汚れを純固形石鹸などでチャチャッと予洗いして、それから植物性の優しい洗剤や乳酸菌液などを使って洗濯機で回した方が、なんだかキレイになりそうな気がしませんか?

柔軟剤は確かに衣類がふわっと仕上がるかもしれません。でも、あれって最後に入れてから洗い流さないですよね?有害化学物質が含まれていないものならいいですが、そんな柔軟剤あります?衣類、特に下着なんかは肌に直接触れます。大事な淫部は経皮毒の吸収率がとても高いです。体温などで温められて、その残った化学成分が揮発しない保証はないですよね。

たかが洗剤、だけど毎日使うもの。そこまで、いやもっといろいろ考慮して選ぶことが大切です。

我が家では、洗濯物は植物由来の還元性の高い液体洗剤を使っていますが、柔軟剤も漂白剤も使いません。仕上げにアロマの精油を数滴使うと、爽やかに香って気持ちいいです。
合成洗剤を使うのに比べて、洗うたびに白さがなくなり、部屋干しするとやや臭う…..、などの欠点がありますが、それが自然なことだし、そうなったら買い替えどき、と割り切っています。
いつまでもいい匂いがプンプンして真っ白〜なのは、蛍光剤と香料のなせる業でしょう。 乳酸菌液だけでも十分洗濯はできますが、今はこちらの洗剤を使っています。部屋干しの臭いが気になっていたのが、だいぶ解消されました。

台所にあるのはセスキと米ぬか石鹸

食器洗い用の洗剤もありません。

お湯をチョロチョロ出しながら、それだけで洗い流します。ひどい油汚れのする料理をあまりしないので、お湯だけで十分落ちます
量が多い時は、大鍋にお湯を溜めて、そこで予洗いし、最後は流水で流します。 オイルたっぷりの料理をした時は、セスキ水をシュッシュして洗うか、粉末の米ぬか石鹸を水で溶いたもので油を浮かせて洗います。
合成洗剤でキュッキュッなんてしたお皿に、ぬか漬けをのせたくないなーと思ってしまいます。

合成洗剤が手肌に強すぎるというだけでなく、排水として流した場合、それを還元するのにどれだけ水を必要とするか、考えたことありますか?流しても流しても残留率が高い合成洗剤、安い・楽チン・キレイになる、本当にそうでしょうか?CMに嘘はないのでしょうか?嘘はないとしても、言えないことが多すぎたとしたら?

ここでももちろん乳酸菌液だけで洗浄できますよ。油汚れにも、肉や魚の臭みにも、飲めるくらいだから安心して使用できます。
最近では、市販の洗剤でも【乳酸菌配合】と銘打ったものが出てきています。それくらい、乳酸菌の分解力はすごいので、あらゆる場面で使わない手はないです。

米ぬか石鹸は、香りが爽やかで手洗いにも使えるので、台所用に別で手洗いソープを用意しなくて済み、省スペースになりますね。

お風呂での汚れ分解は乳酸菌におまかせ

このブログでも何度か登場していますが、我が家の乳酸菌風呂は、シャンプーもリンスも石鹸もいりません。

実は、石鹸なし入浴法をやっているタモリさんや福山さんも、乳酸菌風呂に入っているかもしれませんよ。

入った人にはわかる、本当に何もいらない真実。乳酸菌が、垢やフケの分解保湿ほのかな植物の香り効果までを一手に引き受けてくれるんです。

おかげで、お風呂時間も楽です。 旅行などで温泉へ入る機会があっても、アラフォー主婦、ほぼ手ぶらでOK!こだわりの洗顔料もソープもシャンプーもないですから。

まとめ


我が家の洗浄事情、引きました?

そうですよね、今までの常識が市販の合成洗剤でキレイにいい香りで洗うこと、 だったら、乳酸菌で洗う行為の方が奇妙で理解に苦しむかもしれません。

少し触れましたが、経皮毒というのは今すぐに症状が出るというものではありません。 しかし、確実に体内のどこか、それは大抵体の重要な組織に当たりますが、そこにじわじわと蓄積されていきます。
今回ピックアップした洗剤は全て、直接肌に触れるものでした。 目には見えないものを白さや香りでごまかして、気付いた時には体内に溜まった化学物質が悪さをし始めている、なんていうことにならないために、

今気づいて今やれることは、後悔する前にやってみませんか?

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。



シェアする

フォローする