自家製キムチ床でなんでも乳酸発酵食品に!爆裂発酵キムチ床の作り方♪




キムチといえば韓国の皆さんが当たり前のように作って食べている、唐辛子でつけた漬物ですね。

この「唐辛子」、歴史的には日本人が朝鮮半島に伝えたとされているんですよ。

唐辛子に関しては日本人の方が先輩なんですが、それをうまく利用して18世紀にはキムチを作り始めた韓国人。日本人も韓国人も同じ発酵民族と言えますね、スーです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

キムチは辛味と旨味と風味が絶妙で、辛い辛いと言いながらもついつい食べ続けてしまいますよね。

塩辛や薬味の旨味と、発酵の力でただの野菜が完全発酵食品に早変わり!

そんなキムチですが、白菜などを漬けようと思うと、

ヤンニョンを作って、

白菜を干して、

白菜を1回塩漬けにして、

それから大きな樽で白菜を漬ける、

大仕事ですね…。

しかも、こうして漬けた白菜のキムチは出来上がったら食べてしまってジ・エンドですよね。

また次の年には新たにヤンニョンを作って、白菜を干して…、の繰り返し。

日本のぬか漬けのように、何年も育てていき、年中漬物を作れる「床」というものではありません。

そこで、キムチの美味しさや効能を年中堪能できる「床」を作ってみたんです。

しかも、今年ですでに6年経ちました!

定期的なメンテナンスは必要ですが、今だに発酵しまくって美味しいキムチを提供してくれています。

今回は、キムチの効能と合わせて、爆裂発酵キムチ床の作り方をまとめていきますね。

唐辛子と乳酸菌で無敵の発酵床

真っ赤な鮮烈な色の唐辛子、青唐辛子もありますが、キムチといえば赤い赤い唐辛子の色ですよね。

実は、もともとキムチというのは辛くなかったそうです。ニンニクや塩でつけていた野菜の保存食。

そこへ日本人が持ち込んだ、乾燥しているため腐ることのなかった「赤唐辛子」に高い保存性があるとわかり、漬物や料理に使い始めたそうです。

韓国料理と唐辛子の関係は日本人が持ち込んだ唐辛子から始まったんですね。

その唐辛子の保存力に、乳酸菌の発酵力、そして塩辛やニンニクなどの薬味の旨味

それらがいいハーモニーになってキムチが作り出されます。

唐辛子の赤は太陽の恵みの赤

激辛だけどうまい!そんな上質な唐辛子というのは、太陽の光がサンサンと照りつける南国でなければ出来ません。

南国の強烈な太陽光線猛暑が、鮮血のような赤い色と、辛味成分である猛烈なカプサイシンを作り出すのです。

強烈な太陽光線の主力エネルギーは、実は放射線です。唐辛子の光合成細菌が、その放射線のエナジーを利用して、あの鮮血色の色素を作っています。

利用するというのは、放射線から身を守るために、カロチノイドという色素を作り出すということで、植物を放射線から守るサングラスのようなものを生み出してくれるのです。

その、放射能に強い光合成細菌が放射線を利用して作り出す、強烈に赤い唐辛子、それを食べれば人間も放射能に強くなる!というわけです。

今はどうなのかな、放射能

目に見えない放射能

怖がっていても仕方がありません。

軽やかに強靭な体を作り上げるだけ、そっちにエネルギーを使いましょう。

強力な殺菌力で腐敗しらず

腸が喜ぶ食生活のキーワードは発酵です。

これは間違いありません。

そして、その発酵パワーを最大限に受け取るためには、余計な腐敗菌悪玉菌をできるだけクリアにしておかなければなりません。

そこで、強力な殺菌力を持つ「真っ赤な唐辛子」が重要なんですね。

漬け床の雑菌はもちろん、腸内の腐敗菌までやっつけてくれる、まさに悪玉菌キラーなんです。

その唐辛子を惜しみなくたーっぷり使ったキムチ床、そりゃ何年も保ちますよね。

そこへ乳酸菌が加わって爆裂発酵!

悪玉菌、腐敗菌をやっつける唐辛子と、善玉菌、マクロファージを増やす乳酸菌

この両者がドッキングすることで、ほっといても爆裂に発酵するんです。

腐敗を止めて発酵する!

発酵させては腐敗を止める!

この超プラスの連鎖が、なんでも発酵食品に変えてしまう、万能爆裂発酵キムチ床なんです。

食べ物が腐りやすい時期、発酵が程よく促される時期、そう、まさに今なんです!

夏前くらいがベストですが、この発酵床を仕込んでおけば、あらゆる食材を腸内環境を整える「乳酸発酵食品」にグレードアップさせてくれます。

では、その作り方を簡単に説明しますね。

簡単な爆裂発酵キムチ床の作り方

キムチは美味しいですが、残念ながら市販のキムチは発酵食品ということで、薬による「殺菌」を義務付けられています。

乳酸菌が生き生きしていると、パッケージが膨れてしまい、ひどいときは破裂するなんてこともあり得ます。

パンパンに膨らんだ商品、いくら発酵している証拠だとしても買う気にはなりませんよね。そんな消費者がちょっと敬遠してしまうような商品は、売れ残り、返品の山です。そこで、ありとあらゆる添加物をぶち込んで強力殺菌ですよ。

ひどい話が、本場韓国の市場で売っている、簡素なパッケージでいかにもオモニの手作り風で美味しそうなキムチも、かなりの添加物まみれ、得体の知れないものまみれだそうですよ。

やはり、乳酸菌が活発に発酵してこそのキムチです。

自分の目でブクブク発酵しているのを確かめてみませんか?

そして、1回作ったら、いつでも何年でも白菜だけじゃないどんな食材でも、美味しいキムチとして食べられるんです。

「育つキムチ」、ぜひ、レッツトライ!!

⒈ 唐辛子粉と乳酸菌で完全発酵

まずは元種作り。

これから何年も育てていくものなので、冷蔵庫にうまく収まる大き目の保存容器を用意してください。

そこに、

★できれば韓国産の目の細かい唐辛子粉:90%

★できれば無農薬で乳酸菌ギトギトの玄米粉:10%

これをよく混ぜて、さらにこの粉類がいい具合のペースト状になるくらいの、「だし汁」を加えます。だいたいでいいです。ボタっとしてる感じ。なるべく水分は少ない方がいいです。

玄米粉が手に入りにくい場合は、米粉餅粉自家製乳酸菌液豆乳ヨーグルトを混ぜたものでもいいです。

よーく混ぜて、常温で半日から1日置きます

気づけばブクブクしてきますので、絶対に蓋で密閉しないでくださいね!軽くのせるか、ラップをふわっとかける程度で。

⒉ 旨味をあれこれ投入

①に、翌日以下のものを加えていきます。

魚介

  • イカの塩辛とアミの塩辛合わせて・・・1カップほど
  • 塩麹・・・大さじ2
  • 甘酒・・・大さじ2
  • ナンプラー・・・大さじ2

だし

  • 昆布・・・10センチ近くを細切りにする
  • 煮干し粉・・・大さじ2

薬味

  • にんにくすりおろし・・5〜6かけ
  • 生姜すりおろし・・・1かけ
  • 玉ねぎすりおろし・・・小1個
  • 梨・りんご・柿などの季節の甘い果物・・・半個分くらい
  • 黒糖・・・大さじ1
  • 松の実(あれば)・・・大さじ1

これらをよーーーーく混ぜ込みます。

⒊ 野菜を刻んで投入

②がよく混ざったら、次に野菜を刻んで加えていきます。

  • 大根千切り・・・500g
  • 人参千切り・・・350g
  • 長ネギザク切り・・・2本
  • ニラザク切り・・・1束
  • せりザク切り・・・1束

野菜を潰さないように優しく混ぜこみます。

だいぶいい感じになってきましたね。

⒋ 最後に塩で味を決める

最後の仕上げはです。

塩麹や塩辛で、ある程度の塩味はついています。あとは小さじ2くらいから入れていき、味見をしながらいい具合に仕上げます。

もちろん自然の美味しい塩で!

これをさらに半日から1日常温で発酵させます。とにかくよく発酵させて、完全発酵に持っていくことが大切です。

ようやく使用可能になり冷蔵庫で保管していきます。ただし、ここから1週間ほど冷蔵庫で寝かせて低温発酵させれば、より味が落ち着いて美味しくなります。

白菜キムチを作りたい場合は、塩漬け後塩抜きした白菜とこのキムチの素ジップロックなどに別で取り分けて漬け込みます。
きゅうりや大根などの野菜はそのまま入れても大丈夫です。お肉なんかも漬けられますが、その場合も匂いなどが気になるようでしたら、別に取り分けましょう。
取り分けて漬けたもの以外は、食べる前にキムチの素を軽く洗い流した方が食べやすいかと思います。
もちろんそのままいただいても乳酸菌ギトギトで体には嬉しいです。
完全発酵した床ですが、漬け込むにつれ野菜の水分などでゆるくなってきたり、塩味が抜けて美味しく無くなったり発酵しすぎて酸味が出すぎたりします。ぬか床と同じですね。
その場合は、唐辛子粉や玄米粉、塩、甘酒、刻んだ野菜などでリフレッシュさせてもう一度常温発酵させます。要は、先ほどの材料を継ぎ足していけば大丈夫です。
このキムチ床は、毎日お箸などでよくかき混ぜてくださいね。素手ではさすがにヒリヒリしそうですから、私はやったことありません。
漬け込んだ野菜などは、ぬか床に比べると漬け上がりに時間がかかります。3〜5日ほど、食品によって違いがあるので少し食べてみると良いですね。

まとめ

”爆裂”とは名ばかりではなく、本当にブクブクに発酵するので乳酸菌が生きてるのを一番実感できます。

暑さで食欲がないときでも、旨味たっぷりの辛いキムチなら結構食べれたりするんですよね。にんにくパワーで夏バテも吹っ飛んでみるみる元気になると思います。

唐辛子の自然な力で今年の夏も乗り切っていきましょう!

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。



シェアする

フォローする