裸足で大地を歩いてみたら?アーシングの効果は現代人に必要不可欠!?




裸足育児がいいとか、裸足で過ごすと健康にいいとか、5本指ソックスがいいとか、

足指や足裏がいろんな面において、健康のバロメーターになっているような風潮がありませんか?

足の裏にはとてもたくさんの神経が通っているとか、

足裏からいろんな老廃物が出るとか、

足裏をマッサージすれば全身に効果があるとか、

そういった裏付けがあるからみんな「裸足信仰」するのでしょうか、スーです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

しかし、どうしても冬場は裸足で過ごせません。

いくら部屋の中が暖かくても、私はよっぽどでない限り靴下を脱ぐことができないです。

おそらく血流が悪いのでしょうね・・・。

子供なんかは冬でも平気で裸足ですもんね。

目指すは「冬でも裸足」です。

どうしても代謝が落ちていく年齢になっていきます。

できるだけ意識して代謝を活性化し、血流の滞りをなくして、快適な裸足生活を送れるように今からできることをやってみようと思います。

アーシングとは?

【アーシング】もしくは【グラウンディング】と呼ばれる、大地に直接足をつける行為、これが実は人間の体、特に体を流れる電位や神経にとてもいい影響を及ぼすというのです。

裸足で家の中にいるよりも、もしかしたらそのまま外を裸足で歩いたほうが体は活性化されるのかもしれません。

ただちょっと変態度がさらに高まる恐れはありますが・・・。

体に溜まった電気を放電する

私たちの生活は電気によって支えられています。

それは疑うことのない事実です。

しかし、電化製品や電磁波に囲まれて1日中家の中で過ごしていれば、それだけの電気を体にも受けていることになります。

人体の成分の70%が水分でできているため、本来は電気を通しやすい生き物なのですが、家中も、身体中も絶縁した状態であれば、受けた電磁波などを体にため込む一方ですね。

そのことが原因で体に不調をきたしているという証拠がないだけに、なかなか世間では認知されていませんが、帯電していることで調子が悪くなるということはあると思います。

しかし、裸足で大地に立つと、その帯電しているプラス電位を放出させることができるのです。

そして、体のどこかが大地に接している限り帯電することはありません。

自然の繊維や素材で作られた衣服を着、ゴムやプラスチック製でないものを履いていた時代の人々は偏頭痛やうつ病などとは無縁だったことでしょう。

地球の自由電子とつながる

電気や電磁波に晒される生活が危険だと言いましたが、それは私たち人間の体自体も電子で機能しているからなのです。

アーシングが出来ている状態であれば、そこまで電気製品などの影響を心配しなくてもいいのかもしれません。

しかし、体の機能の様々な命令を下す神経細胞や、感情をつかさどる神経などの働きは電子によって行われているのです。

そして、最も強力な自由電子の宝庫であるのが地球なのです。

地球と繋がった体は地球からの大いなる電位を体に受け、同調し、電子の欠乏からも逃れられるのです。

地球からの十分な電子を体に受けることができれば、電磁波などで狂ってしまった電子信号も元に戻ってくれるでしょう。

細胞内ミトコンドリアが活性化する

人間の体の中での電気の役割というのは、病院に行けば一目瞭然ですね。

脳波や心電図、筋電図は体内で使われている電気信号をグラフに表して健康状態を判断する資料に使われています。
出典:Earthing Japan

私たちの細胞の中では、ミトコンドリアと呼ばれる小器官で電子を使って生体のエネルギーを合成しているそうです。

電子で活動するものは、電磁波の影響を受けやすく誤作動も起こしかねません。

人工的な電磁波に囲まれた生活が続くと、細胞レベルで体調を崩していくことが想像できますね。

アーシングによって地球の大いなる自由電子を体内に流し、同時に溜まっている電気を放電することはとても大事なことかもしれません。

アーシングの具体的な効果は?

では、裸足で地面に触れることが、どんな効果を導いてくれるのか、具体的にあげてみましょう♪

疲労軽減

まず単純に、体内に蓄積した、低い低周波の電磁波によって発生するプラスイオンによる不調が整っていくことが期待できます。

よく森林浴でマイナスイオンを補充するというイメージがありますが、それと同じで、体内のイオンをプラス過多からマイナスへと変換することは大きなメリットではないでしょうか。

疲労感の軽減や、だるさの払拭によって気分も明るくなるでしょう。

血行促進・冷えの改善

これは、実際にデータも出ているのですが、アーシングする前と後では、体温が全然違うのです。

静電気が体内に溜まっていると、血液中の赤血球が血管に詰まりやすくなり、ドロドロ血液になりやすいです。

その静電気を、大地とつながることで一掃できれば、血行も良くなり冷え頭痛など、血流障害が原因の疾患などは改善していくでしょう。

私が砂浜を歩いた日は、その後何時間も体がポカポカしていたのも、きっとそのせいなのでしょうね。

肩こり・腰痛の改善

肩こりや腰痛も、突き詰めれば血流の悪化が原因であることが多いのです。

大地と繋がって、さらに歩いたり軽くジョギングしたりすることによって、血行が促進されます。

すると、凝り固まっていた筋肉も温められて痛みが和らいでいくでしょう。

免疫力アップ

大地と絶縁状態のまま長時間を過ごしていると、静電気や電磁波が蓄積されます。

その静電気のせいで、体内の大切なカルシウムビタミンCが体外へ排出されてしまうと言われています。

特に風邪が流行る時期や、疲れがたまってだるさを感じるときは、家の中で体を休めることも大事かもしれませんが、その前にちょっとでもアーシングを行ってみてはいかがでしょう。

症状が早く改善したり、風邪をひきにくい体質になるかもしれません。

自律神経が整う

足裏にはたくさんの神経が集まっています。

また、血流の大事な折り返し地点でもあり、ここからいい循環を巡らせることは、神経(心)を整えることに直結するのではないでしょうか。

自律神経が乱れると、生きること自体がしんどくなってしまうこともあるようですね。

心にぽっかり穴が空いたようになり、下手したら部屋から1歩も出られなくなることもありえます。

そんな兆候が出る前の生活を思い返してみると、やはり忙しすぎたり過度なストレスを抱えていたりすることが多いようです。

普段からアーシングを行うことを取り入れていれば、きっとその都度心からリフレッシュでき、嫌なことがあってもうまく自分でコントロールできる強さを手に入れられそうな気がします。

地球はいつでも私たちに優しいはずなのです。

まとめ

電気やら電子やら、全く目に見えないし聞こえもしないものについては、簡単に騙されやすいのが人間なのかもしれませんね。

ここまで大地と遮断した生活になってしまったのはなぜでしょう?

質の高い生活、便利な生活を求め続けたから?

本当にそうでしょうか?

こういう生活をし始めたから、環境も人間もおかしくなってしまったような気もしてきませんか?

第一、こんなに簡単で誰でも無料で行える健康法を、ネットで探し当ててラッキーと思ってしまう自分、おめでたいですよね。

太古の昔から普通に人間の営みとしてあることなのに・・・。

子供なんて、何も考えずに裸足で遊びたがるし、外に出たがるし、砂遊びや土いじりが好きですよね。

いろんな情報や知識という鎧によって、本当に大切なものはどんどん見えなくなってしまうのかもしれません。

考えるよりも感じて動ける人間になれるといいなと思います。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。





シェアする

フォローする