痩せていても下腹ポッコリ!?原因を知ればアラフォーでも下腹スッキリ





一見すると痩せていて無駄な肉がないように見える人でも、

案外下腹だけはしっかりとお肉を蓄えている、という怪奇現象ないですか?

結構あるかもしれませんね、スーです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

こんな記事↓↓↓を書いていながら、こんなことを言ってしまうのもどうかと思いますが、

過去には、あらゆるところにパンパンに肉がついていて、適正サイズのパンツのボタンが止められなかったという経験を持つ私ですが、30代後半からようやく「いくら食べても太らない」「体重が気にならない」という体質を手に入れることができました。

ここ最近の私の下腹が・・・存在感をどんどん増しているんです!

恐怖ですね〜。

というか、たぶん40歳を超えたあたりから確実に贅肉という衣が増えてはいたと思うのです。

しかし、そのほかの部分があまり変わらず、どちらかというと痩せ気味であることから、そんなにお腹周りを意識したことがなかったのです。

でも、最近、明らかに余分なものがメキメキと育ってきている気がします…。

ここはちょっと意識改革&状況改善に挑まなければなりませんよ。

下腹ポッコリってなぜ起こる?

下腹ポッコリっておそらくいろんなタイプがあると思うんです。

男性で代表的なものが「ビール腹」ですよね。

40歳を超えてくると旦那のビール腹がどうのっていう話題も多くなります。

幸いうちの旦那は、ビールを飲むわりには腹は大丈夫みたいですね。

人のこと言ってる場合ではない、女性の場合はですよ。

これは明らかに筋肉の衰えによる「たるみ」と、不摂生な生活や贅沢な食事による「脂肪の蓄積」が主な原因になるのではないでしょうか。

これとは別に、子宮周りの病気でも下腹がやたら出っ張るということもあるようなので、心配な場合は婦人科を受診してみてもいいかもしれないですね。

では、下腹を攻略するために、まずは下腹ポッコリの原因を知りましょう♪

腹筋の低下

歩いたり、走ったり、飛び跳ねたり、そんなことはあまりしなくなる中年

そして、いろんなところの筋肉が弱くなり存在を潜めていくのと同時に、脂肪というお荷物がのさばってくるのが贅肉、ですよね。

統計から見ても40歳から筋力の低下は始まるそうです。

筋力が低下すると代謝の活動も衰え、体温が下がり気味になります。

逆に、筋力をアップさせると代謝も上がるので、脂肪を燃焼する活動も活発になります。

筋肉自体が脂肪に変わることはないですが、その比率というか、その存在感の違いは明らかに出てくるのでしょうね。

腹筋、使ってますか?

私は朝の体操やストレッチなどを日課にしているので、多少は使っていると思っていました…。

しかし、それだけではきっと筋肉に響かないのでしょうね。

もっと、常に腹に気合を込めて生活していないといけません。

緩みっぱなしだと体も締まりがなくなってくるもんなんですね。

内臓脂肪・皮下脂肪の増加

先ほどの筋力の話とやや被りますが、代謝の落ちた体は脂肪燃焼もうまくなされないでしょう。

すると、若い時は代謝が高かったおかげで解消されていた脂肪などが、ちょっとずつ分解されないまま蓄積されていくことは予想できます。

皮下脂肪は女性にとっては大切なものではあるのですが、それも限度を超えるとただのお荷物ですよね。

つまめる肉、ありませんか?

それは立派な皮下脂肪です。

皮膚と筋肉の間に存在する、なかなか減らない厄介なお荷物ですね。

一方、内臓脂肪は内臓の周りにつく脂肪のことで、こちらは血液中に取り込まれて悪さをする恐れがあります。

見た目だけではなく健康上の問題も発生する可能性がありますね。

内臓脂肪は外見上あまり顕著に現れない場合もあり、健康診断などで血液データを取ってみて初めて発見されることもあるかもしれませんね。

いずれにしても、カロリーオーバーが原因であることは間違いないでしょう。

骨盤底筋の低下

さて、脂肪という余計なお荷物こそがお腹周りを豊かにしている原因・・・とは限らないんです。

お腹周りの膨らみが実は下垂した内蔵器官かもしれないのです…。

筋肉が正常に働いてくれていれば、各関節や器官を正しい位置にキープしてくれるはずですよね。

しかし、体幹の筋肉量が減少し、さらに下半身を支えている骨盤底筋が緩んでくることによって、胃や腸といった内臓も下垂してくるのです。

「骨盤底筋」の画像検索結果

出典:ポイズ

本来の位置よりも下がったところに内臓が集まってしまい、それが見た目「ぽっこりお腹」になるということも考えられます。

本来の位置ではないところに内臓があると、内臓自体の働きも弱まる可能性があります。

消化・吸収・排泄という大事な一連の流れが滞ってしまい、さらにお腹が張ったり脂肪が蓄積される原因になると言えます。

骨盤底筋も加齢とともに弱くなってくるところなので、下半身強化を意識し、日頃から腹筋と骨盤底筋に力を込めるように心がけたいですね。

※骨盤底筋については、後で詳しく解説します。

ひっくるめて緊張感のない生活が大きな原因では?

要は、日常生活の見直しという簡単なことをきちんと行うことが、下腹スッキリへの第1歩かもしれませんね。

規則正しい生活はもちろんですが、とにかくお腹に力を入れるようにして、ひとつひとつの動作を意識することが大切です。

ダラダラ歩くのではなく、キビキビ歩く。

座っている時も背筋を伸ばして腹筋に力を込める。

ダラダラ食べを辞めて、腹八分目。

そういった今すぐできることをまずはやっていきましょう!

目指せ!下腹スッキリ!

もう夏はすぐそこです。

というか、もう来てるかもしれません!

どんどん薄着になり、体のラインも気になってくる頃でしょう。

今気付いたってもう遅い?

いえいえ、あきらめませんよ〜。

少しでも効果がありそうなら短期間集中してやってみませんか?

そして成果が出たらラッキーですもんね。

腹筋を意識して生活する

かといって、「さあ、今日から腹筋100回!」などと意気込んでも続くわけがありません。

これからは、筋力も代謝も下り坂という事実は変えられないので、少しでもそのスピードを遅らせる、または今のうちに体質を改善する習慣を身につけることはできそうですよね。

40代50代になっても、素敵な体型を維持でき、好きな服を我慢せずに着られると、いろんなことに自信が持てて、その先の人生も広がりを持って明るくなるかもしれません。

まずは、

「腹に力を」

ですね。

ダラーっと座っている生活をやめ、テレビやスマホを見ている時でも、しっかりと腹筋に力を込めてみましょう。

それを維持するだけで結構エネルギーを使うことがわかりますよね。

さらに体もなんとなくポカポカしてきます。

朝起きてから、

  • キッチンでご飯の支度をしながら、腹に力を
  • 子供のお世話をしながら、腹に力を
  • 洗濯物を干しながら、腹に力を
  • スマホやパソコン作業をしながら、腹に力を
  • 掃除をしながら、腹に力を
  • ママ友と立ち話をしながら、腹に力を
  • コーヒーを飲みながら、腹に力・・・は無理かな

夜寝るまで、こんなにも腹筋を意識できる機会があるんです。

今までどんだけサボっていたか…、その分そらたるみます…。

まずは意識改革ですね。

これは今からできます。

油を取り過ぎない

内臓脂肪というのは、食事内容と直結して結果が現れるといいます。

高脂肪・高カロリーなものを食べがちになっていませんか?

ストレスなどで自律神経が乱れていると、どうしても栄養が偏った食事になったり、過食・拒食の傾向も出てしまったりします。

その状態が続くと、静かに内臓脂肪は蓄積されていくことでしょう。

できるだけ規則正しい生活を心がけ、油分や糖分、炭水化物の摂りすぎに注意したいですね。

若い頃ほどに動かないのであれば、やはり摂取カロリーが同じでは処理しきれませんよね。

出来るだけ高タンパク・低カロリーの食事を意識しましょう。

ただ、嬉しいことに、食事の内容を変えると案外すぐに内臓脂肪は落ちるそうですよ。

成果が現れやすいので、頑張ってみる価値はあります。

骨盤底筋を鍛える

骨盤底筋、意識していますか?

出産経験のある方や、子宮系の病気を経験された方はわかるかも知れませんが、

骨盤底筋とは・・・下半身と上半身をつなぐとても大事な骨格である骨盤、その骨盤の底にあるゆりかごのような筋肉のこと。子宮、膀胱、直腸などの臓器を下から支えるとても大切な筋肉です。

ちなみに、これだけ聞いてもどこにあるか実感がないという方、おしっこをするとき途中で止めてみてください。その時に力が入るところが骨盤底筋です。

ここが緩むと、内臓器官が下に落ち込みます。それによって大腸や血管を圧迫し、血流障害が起こりやすくなるんですね。

  • 冷え性
  • むくみ
  • 便秘
  • 尿もれ
  • 頻尿
  • 子宮脱
  • 不妊症

などなど、様々な症状があらわれることもあります。

産後は特にここがゆるゆるになっているので、決して無理をせずできれば1ヶ月は寝たままの状態で過ごすことが理想ですね。

もちろん、その間はしっかりと骨盤底筋を鍛えておかないと本当にやばいことになりますから〜。

鍛え方としては、

肛門の開閉運動

尿道の開閉運動

膣の開閉運動

この3大運動がとても効果的です。この部分に意識を向け動かそうとすると、必然的に腹部にも力が入り、下腹部が引き締まってくるような感覚があると思います。

これを日常いろんな場面でこっそりとやってみて下さい。

骨盤底筋は鍛えておいて損はないです!

まぁ、私は産後ちょちょっとはやってましたが、ここ2年以上はすっかりご無沙汰でした。

とにもかくにも、意識です。

今日気付いたのなら、今日からやる!

くらいの意気込みで意識と行動力を上げていきましょう。

まとめ

いやはや、太らない体質になったなぁなんて、ふんぞり返っていたら、いつの間にか下腹が元に戻らないという恐怖体験ですよ。

運動量は確実に減りました。

毎日幼稚園の送り迎えで往復45分は歩いていましたが、それが今は週に2回歩けばいい方かな。

絶対そういう生活になるだろうとわかっていたので、意識して歩こうと決めてはいたんです。

しかし、現実はなかなか・・・必要性がないと歩かないもんですね…。必要性あったんやけどね。

幸い、私は歩くことが好きなんで、ちょっと早朝ウォーキングでも再開しようかなと考えています。

あとは、骨盤底筋や腹筋への意識付け。これも地味そうでかなり大事なことだと思います。

インナーマッスルを鍛えながら丈夫な足腰を手に入れるべく、明日から早速4時起きで歩いてみようかな…。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。





スポンサーリンク

シェアする

フォローする




スポンサーリンク