ジーンズは真夏でも暑くない!素材を選ばなくても汗とは無縁の履き方

夏にジーンズを履かないという人、意外と多くてびっくりしています。

夏の青空と青い海、白いTシャツにブルージーンズ、

これが揃わなくて夏は語れませんよね、スーです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

実際、私はよく真夏にジーンズを履きます。

え?ドライ加工で涼しいやつでしょって?

いいえ、普通の暑苦しいやつです。

でも、全然汗でへばりつくことなく、快適に履けていますよ〜♪

今回は、私が真夏にどうやってジーンズを履いているか、そしてそれに欠かせないあるアイテムをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ジーンズが真夏に暑いワケ

ジーンズは、アメリカのゴールドラッシュに沸く坑夫達が履いてきた歴史あるワークウェアですね。

泥にまみれ、砂や埃に終始さらされ、いろんな危なっかしい道具を使いながら鉱山で作業をしていたアメリカ人。

ともすれば簡単に作業着が擦り切れ、破れていたことでしょう。

そんな不安定な作業着を一新したのが、とても頑丈なキャンバス生地で作られたジーンズなのです。

そう、ジーパンは分厚くて丈夫なのです。

真夏にはできるだけ薄着をしたいところ、

でも『ジーパン』という、爽やかさが薫るアイテムもコーディネートに取り入れたいところ・・・。

履くか、履かないか、これを読んで決めてみませんか?

通気性ほぼゼロ・・・

ジーパンを冬に履くと暖かいですね。

と思いがちですが、これが案外寒いんです。

なぜかというと、通気性が乏しいから。

通気性がない方が風が入り込まずに暖かいイメージがありますが、実は暖かい服というのはある程度の通気性があり、そこに空気の層を蓄えることによって防寒効果が高まるのです。

もちろん、薄っぺらい生地1枚仕立てのペラペラでは寒いですよ。

でも、あれだけ分厚さがあるわりになんか寒い、それがジーパンなのです。

通気性の乏しさは夏にも大敵です。

空気の層があると暖かいのなら、通気性がない方が涼しいのでは?というと、そうではなく、ジーンズのように分厚いアイテムの場合はただ暑苦しいだけではないでしょうか・・・。

寒い空気も直撃、熱い日差しも直撃。

春秋にピッタリなアイテムともいえますね。

汗をかくとへばりつく・・・

夏場のジーンズが嫌われる一番の原因が、

「汗をかいたら体にへばりついて不快」

という点ではないでしょうか。

通気性ゼロがここでも生きてきますね…。

デザインによっては多少それが緩和されることもありますが、腰回りの密着性はどれも同じですし、そこが一番汗をかきやすいともいえます。

お手洗いに行ったとき、ジーパンが下ろせずさらに汗まみれになった、という経験は誰しもお持ちでしょう。

いやですよね〜。

ベタベタ感。

キャンバス生地をパンツにしているのですから、しょうがないところではありますが・・・。

履くたびに洗濯・・・

そんなジーパンだから、真夏に1日履いただけで洗濯したくもなります。

ライブなどで汗だくになったものなどは、塩のラインが入っていることもありますから。

でも、きれいなブルーが洗濯の回数が増えるたびに落ちていくのはたまりませんよね。

せっかくのきれいなブルーが一夏越したら勝手にウォッシュカラーに・・・。

ジーパン収集家が聞いたら青ざめそうですね。

スポンサーリンク

真夏のジーンズが快適!?秘策はコレ!

私も昔は真夏のジーンズが不快でした。

それでもジーンズコーデが好きだったので、不快覚悟で履いていましたね。

ピタッとしたスリムなやつなんて、脱ぎ着するだけで汗だくです。

今ではそんな不快が嘘のように快適ジーパンライフを送っています。

では早速その秘策を公開していきますね♪

ジーンズの下にレギンスを

レギンスが私の制服、とかほざいていた記事↓↓↓はもう読まれましたか?

そう、真夏にだって毎日毎日レギンスを履いています。

ワンピースやチュニックをそんなに着てるのかと思いました?

全然着てませんよー。

私は、

ジーパンの下に、

コットンパンツの下に、

オールインワンの下に、

オシャレレギンスの下に、

何を隠そう、レギンスを履いているのです。

冬だけはそうするという人は多いかもしれません。

しかし、暑いからこそ、汗を大量にかくからこそ、レギンスが快適なのです。

パンストを履く人もいるかもしれませんね。それもいいのではないでしょうか。

ただ、私はパンストは履きません。

100%コットンのレギンスが快適です。

脱ぎ着が超ラク!

レギンスを履いて、しっかりとトップスのインナーをインできれば、お腹や背肉がプルンとはみ出ることも防げます。

そして何より、ジーパンの脱ぎ着が楽!

レギンスがまくれてくる場合は、ジーパンを履くときだけ靴下などでレギンスを押さえます。

ジーパンじゃないみたいにスルスルっと履けますよ。

ね、ジーパンに直接汗がつかない画期的な方法でしょ♪

冷房が効いた施設などでも、足元が暖かくて快適なんです。

更年期の「頭寒足熱」にもこれが効果的だと思います。

履くたびに洗わなくてもいい!

すべての汗をレギンスが吸い取ってくれるので、私は真夏でも履くたびにジーパンを洗いません。

結構しっかりとした生地のレギンスを履いていますし、ジーパンの蒸れなどは気になりません。

洗う回数が減ると、色落ちだけじゃなく、ジーパンそのものが長持ちしますよね。洗濯というのは生地が水中で絡まってこすれあうわけですから、できるだけ少ない方が劣化を遅らせることができます。

なんていいことづくめなんでしょう!

スポンサーリンク

まとめ

もうかれこれ何年も、素肌にジーパンを履いていないなぁ・・・。

それくらいセット化しているのが、現在の私のジーパン事情です。

逆に、ジーパンを素足に履いている方、一体その中はどうなっているのでしょう…密かに気になる変態です。

もし、蒸れや洗濯問題で、今年も夏のジーパンを封印しているという方、今からでもこのジーンズオンレギンス、レギンスインジーンズ、試してみる価値はあると思いますよ〜♪

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました