2019-12

スー家の手作り

【パラダイス酵母】という強炭酸のりんごジュースが何で作られてるのか解明

パラダイス酵母という発酵ジュースの中に入ってきたバシラスF菌、本当に入っているのか、増殖しまくってすごい量になっているのか、まったくわかりませんが、とにかく、人から人へと広まっているこのバシラスF菌入りの酵母ジュース、あなたの元にはもうやってきましたか?
2020.03.30
世の中の仕組み

子供の自己肯定感を高めるためには社会・教育・育児の常識を捨ててみる

子供の自己肯定感?それを見事に奪い去るのは常識に縛られた大人である私たちですよね。しかし、今を生きる大人たちも知らず知らずのうちに社会の犠牲者になっているのです。しかし気づいた大人が変われば子供が変わり、子供が変われば未来が変わるのではないでしょうか。
2020.03.30
世の中の仕組み

アグネスチャンに学ぶ【子供には無限の刺激で脳を活性!】固定観念をぶっ壊そう

令和時代AI時代になったからといって何かが急激に変わることはないでしょう。しかし、確実に子どもたちの未来は変わります。子供たちに無限の刺激を与えることは発想力と自己決定力を養ってくれます。アグネスチャンさんから学ぶこれからの育児・教育とは。
2020.03.30
スパイス

パラダイス酵母とひまし油の同時摂取で好転反応!?痒みとむくみが発生

パラダイス酵母とひまし油を同時摂取した私の体が大変なことに!去年に比べて圧倒的に動かなくなった巡りの悪い体内に注入した2つの刺激的な成分によって、デトックス祭りなってしまったのでしょうか・・・。痒みとむくみの原因は一体なんでしょう?
2020.03.24
スパイス

ひまし油の顔温熱パック効果を実感!冬の乾燥肌・シミ・シワの救世主に

自力では冬の乾燥に耐えられなくなった40オーバーの肌細胞、今回は本格的な改革を施してみました。ひまし油のあの「とろみ」こそ、冬に乾燥しきった肌に効くのでは?ひまし油は熱を加えることによって内臓まで届き、そこの細胞を活性化するというのです。
2020.03.23
スー家の手作り

バシラスF菌入りのパラダイス酵母ジュースの培養方法はワンステップのみ!

パラダイス酵母液は、ただただ100%のりんごジュースを足していくだけで菌が増え、酵母菌が活性化してどんどん糖を分解していくのです。まさに永久に発酵酵母液を作り続けることができるのです。私がりんごジュースだけを足してばっかりの培養をしているかって?
2020.03.18
健康維持の知恵

【朝食おすすめ献立】は簡単で栄養たっぷり!毎日繰り返しても飽きないよ

健康って、何を食べるかより「早寝早起き」が最も効果があると思いますが、現代に生きる大人はなかなかそれが難しいのも現実ですね。ならば、朝に、とびきり簡単でとびきり美味しくて、さらに体の中から湧き上がるようなパワフルなものを得られる献立を食べられることが約束されたら?
2020.03.18
スー家の手作り

【塩レモンの簡単な作り方】手軽に仕込めるジップロックがいい仕事!

すでにお馴染みになった「塩レモン」ですが、昨年は瓶で仕込んでなんかちょっとやりにくかった記憶が・・・。お手軽にジップロックではできないだろうか?できますよ〜!簡単で、しかもよく混ざるから水が上がるのも早いです。今日にでもレモンを買ってきて作ってみませんか?
2020.03.09
健康維持の知恵

【バシラスF菌】が350万歳の不老不死バクテリアだからって人にも有効?

バシラスF菌とは永久凍土の中で生息したままの状態で発見されたバクテリアです。これが動物実験だけでの効果ではなく、人体にとっても有効かどうかを探ってみました。生き続けているというよりもむしろ死ぬことができない菌、本当に不良長寿に効くのでしょうか?
2020.02.21
ブログ

グーグル検索では本当に欲しい情報は得られない?ツイッター最強説?

発信したい情報がある人は、ある程度のSEO対策を学ぶ必要があるのです。ここで、とても本質をついたことを発信していても、SEO対策に手が回らなければ全く検索結果に上がってこないということが起こりますね。ではSNSではどうでしょう?実はタグる方がいい情報を得られる?
2019.12.28
健康維持の知恵

40代からの冬のスキンケアは乾燥でヒビ割れる前にシフトチェンジ!

自身も42歳となり、ようやく体のいろんな仕組みが若い頃と比べてギアチェンジ(減速)しているなと実感したのです。保湿などしなくても肌自らが油膜を張ってくれて肌質をキープできるのは、残念ながら40歳前後までなのではないかと、確信し始めました。
2019.12.22
アトピー

アトピーの症状は腸内からの警告!体内の解毒現象【三段作用】とは?

体というのは、できるだけ毒を排泄しようと頑張ってくれています。病気になったりアトピー性皮膚炎になったりするのは、その現れなのです。目に見える肌の症状ばかりにとらわれず、肌と繋がっている器官である腸内や菌群の方に意識を向けてみることも大事ですね。
タイトルとURLをコピーしました