納豆に発生する【白い粒々】はわざと作るべし!旨味と栄養の宝庫だよ

納豆、常温で保存していますか?

まだ冷蔵庫で保存してるの?

納豆菌、もっともっと信じてあげても良いですよ〜、スーです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

納豆は善玉菌としての効能がすごい!腸内を活性化し血栓も溶かす
納豆、ただ大豆を藁で包んだだけで発酵する納豆菌、魅惑の善玉菌、えも言われぬ強烈な臭いを放ちながら、それでも一度口に入れるとその旨さにびっくりする、そんなナットーについて、今回は一般的によく知られている効能と、あまり知られていなさそうなマイナーな特徴とは?

もうすっかり納豆は常温保存が定番になりました。

しかし、これから猛暑も迎える季節ですね、大丈夫でしょうか・・・。

ちょーっとだけ不安ではありますが、一応国産大豆の地元企業産納豆を購入しているので、変な変化はそうそう起こらないだろうと信じています。

常温で、賞味期限を過ぎるくらいまで放置していると、納豆はある衣装をまとい始めるんです。

それを、納豆愛好家の間では「チロってる」って言うんですか!?

 

スポンサーリンク

納豆の衣装【白い粒々】って何?

納豆が衣装をまとったのを見たことはありますか?

何パターンかあるんですが、その中でも白いモワモワの物質と、白い粒々というのは比較的有名かもしれませんね。

『白い粒々』は【チロシン】

チロってる。

そう、チロシンからきているんですね。

それはもう、知らない人にとってはちょっと目を背けたくなるほどに、粒々粒々粒々粒々ーっと、豆粒全体にいい感じに広がりを見せるのです。

茶色い大豆に白い粒、かわいいorキモい?

キモいまではいかないまでも、積極的に食べようという人は少ないかもしれませんね。

しかも、だいたい賞味期限が切れたくらいから発生してくるので、

「あ、これはあかん」

ってなるのが普通かもしれませんね。

でも、それ、最高の衣装なんですよ!

【チロシン】って何?

チロシンは、アミノ酸の一種です。

人の体内で合成できる非必須アミノ酸のひとつですが、合成する際には必須アミノ酸である「フェニルアラニン」という物質を使用するので、簡単に見過ごすことのできる物質とは言えないかもしれませんね。

タンパク質が分解されてアミノ酸ができるので、白い粒々が出ているということは、

「タンパク質が分解されて旨味成分が増し増しになっている」

というサインなのです。

納豆の白い粒々は食べても全然大丈夫!

ということで、納豆に白い粒々の衣装が発生したのを見つけたら、どうぞゴミ箱へポイとしないで、お口にポイっといっちゃって下さい!

ただし、白い粒々とか、白くて薄いヴェールの場合だけね。

白くてモワモワふわふわした綿みたいな衣装が発生している場合は、カビの可能性が高いので、それは自己責任で判断しましょう。

ツワモノは、このチロシンのジャリジャリとした食感がたまらないらしく、わざと発生させてその食感と旨味を楽しむそうですよ。

まー他人の事は言えませんが…。

この尋常じゃない旨味を体験したら、もうやめられないのはわかります…。

冷蔵庫保存しても発生するらしいですが、納豆菌が活性してタンパク質を分解するわけですから、常温の方がその発酵具合は早いでしょうね。

また、大豆によって衣装はいろいろ違ってきます。

チロシンはアミノ酸が結晶化したものであるため、その結合の仕方や大豆の持つタンパク質の割合などによって個性が出るのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

【チロシン】の効能は現代人には欠かせないもの

あまり聞きなれないという人も多いかもしれませんが、この【チロシン】は気にしないで過ごすより、ちょっと意識して積極的にとっておいた方が良いことがあるかも知れませんよ。

体内で合成されるとはいえ、その元となる基材が体内に少ないと十分な量を摂取できていないといえます。

また、最近研究が進んできたおかげで、このチロシンを使って合成されるホルモンが体にとってとても重要な役割を果たすことがわかってきたのです。

記憶力や集中力がアップ

チロシンドーパミンなどの神経伝達物質アドレナリンノルアドレナリンなどのホルモンの材料となります。

ドーパミンで意欲を刺激し、

ノルアドレナリンで集中力・判断力を高め、

さらに、アドレナリンがグリコーゲンの分解を促すことで血糖値を上昇させて脳の覚醒レベルを保ちます。

これらが複合的に働くので、勉強に励む環境が整うことでしょう。

逆に、チロシンの欠乏は意欲低下の集中力減退が招く結果になるかもしれません。

うつ病の改善に役立つ

ドーパミンやノルアドレナリンが脳内で不足すると、無気力や無関心を引き起こし、うつ病になりやすい体質になります。

うつ状態の人は脳内のチロシン濃度が低下しているという研究結果も出ているので、チロシンを摂取し脳内にきちんと必要な物質を届けてあげることが有効かもしれません。

また、うつ病にならないためにも、日頃からチロシンを意識して摂取することも大事ですね。

ストレス抑制効果がある

人は強いストレスを感じると、アドレナリンやノルアドレナリンを大量に消費します。

この状態が長く続くと、慢性的なホルモン不足に陥り、イライラしやすくなったり些細なことで攻撃的な反応をしやすくなります。

軍隊の厳しい訓練で、チロシンを摂取した兵士は、摂取していない兵士よりもストレスの抵抗が強かったということが明らかになっています。
引用:わかさ生活

 

ストレスというのは、突き詰めれば様々な病気の根源的な原因だと思います。

一時的な強いストレスだけでなく、現代人はストレスがない人なんていないと言えるので、チロシンを日常的に取り入れることがいろんな病気の予防にもなるかもしれません。

白髪予防に効果的

チロシンはメラニン色素の材料となるのでしたね。

白髪が増える原因は老化だけじゃない!抜く前にメカニズムを知ろう
体への直接的なダメージがほとんどないだけに、なんとなく「老化」現象のひとつだからしょうがないか、といって簡単に染めてしまっていませんか?白髪染めに限らず、頭皮に影響を与える髪染めは経皮毒として体内に取り込まれ、体へのダメージが少なくありません。
白髪は食べ物を見直せば改善する!染める前にこれを食べて黒髪に
30代半ばくらいから細胞の老化は現れてくると言いますが、あまり簡単に白髪染めをしてしまうとかえって毛を傷め、頭皮の劣化まで早くなってしまいます。白髪がポツポツ出てきたな、と思ったらまずはこれ以上増やさない努力、食事改善を実行してみませんか?

メラニン色素は、紫外線から細胞の核であるDNAを守るために存在しています。

豊富なメラニン色素で黒髪を維持していくことは、老化防止だけでなく頭皮の細胞を紫外線から守るというとても大事な役割があるのです。

見た目も中身も若々しさを保つ秘訣が、チロシンにはあるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

まとめ

納豆の白い粒々衣装、わざと作ってみたくなりましたか?

そのためには、まず常温で納豆を保存し、納豆菌に対する信頼を育てていきましょう。

納豆菌がどんどんタンパク質をアミノ酸に分解し、チロシンだけでなく様々な旨味成分を作り出していることは、その粒を口にした瞬間にわかると思います。

もう納豆に付いているタレや辛子なんて使わなくなることでしょう。

そのまま、納豆だけで食べて本当に美味しいですから〜。

騙されたと思ってぜひ一度「白い粒々納豆」を試してみて下さい♪

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 



 

 

 

タイトルとURLをコピーしました