アラフォー女子のファッション事情は脱力と余裕と真似のさじ加減

女子はいくつになっても着飾りたいものですよね。

ファッションに興味がない女子っているのでしょうか。

トレンドには興味がなくても、自分が着る服とか着たい服とかにはそれなりにこだわりがあるのが普通かもしれません。

私は、トレンドにも興味があるし、自分の着る服にこだわりがなくもありません。

しかし、それよりもーっと好物なのが、人の服を観察することです。スーです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

まぁ、きっとそいういう人は少なくないのではないかと思うのですが、他人の服ってすごく面白いですよね。

服にその人が現れるのかどうかはちょっとなんとも言えないですが、

40近くなってくると、もう自分の服や他人の服についてあまり直接語ることがなくなってくるという現実を知り、とってもさみしい思いがしています。

今回は、ファッションのネタでいきますが、とりわけ自分も含めたアラフォーのファッション事情について掘り下げてみようかと思います。

スポンサーリンク

アラフォー女子のファッション感

年齢に関係するのか、肩書きに関係するのか、女子のファッションとはいくつになっても複雑怪奇ですよね。

例えば、同じ40歳の女性でも、

独身のバリバリキャリア組と、

育児まっただなかの専業主婦では、

普段着る服にかなり開きがあると思われます。

しかし、少なからずみんな自分の着る服には気遣っているのではないでしょうか。

それが女性ですからね。

フルメイクはもうしない?

ファッションなのにメイクの話?

はい。顔のファッションですね、メイク。

40歳なんてまだまだフルメイクしててもおかしくないでしょって?

都会の方ではそれが普通、当たり前かもしれませんね。東京で消耗してますから・・・。

しかし、都会の女性であろうが田舎の女性であろうが、40は40です。

40年間使い込んできたのです。ある程度「劣化」していて当然ですよね。

美魔女のような人たちも少なからずいるかもしれませんが、確実にその肉体や皮膚、脳細胞は刻々と劣化していっているのです。

20代30代と同じように見せようと思うと、それはもう大変な努力が必要になってきますよね。

もちろんフルメイクはいくらでもできるでしょう。

それなりに若い世代と遜色ないように見せることも可能かもしれません。

しかし、問題はその後です。

40歳の肌にのせたメイクを落とすのと、

20歳の肌にのせたメイクを落とすのとでは大きく違うのです。

肌が悲鳴をあげていませんか?

地盤の劣化で、毎日のお手入れが大変なことになっていませんか?

これ以上劣化・老化を早めるだけの強目のメイクはもうしなくなってもいい歳なのではないでしょうか。

そうして、お手入れやメイクに取られる時間をきっちり睡眠にあてたりすると、それだけで肌色が良くなって血色がいい顔になるということも大いにあり得るでしょう。

自分の良さを引き立てるようなポイントメイクの腕をあげる時期、といってもいいかもしれませんね。

そして、顔が派手じゃなくなってくると、自然と服装も落ち着いてきてナチュラルになっていくのかもしれません。

アクセサリーはもういらない?

リング、ピアス、ネックレス、ブレスレット、腕時計、ヘアアクセサリー、下手したらバッグでさえ、

もういらんわ、ってなりませんか?

20代30代の時はなんであんなにつけてたんやろ・・・。

指輪を2個は当たり前、ブレスレットに腕時計に、イヤリングなんかもたまにね。

こんなにつけてても全然気にならなかったですが、今ではどうです?

結婚指輪でさえ取ろうかどうしようか迷っている自分・・・、それ以外ほぼ何もつけません。

いや、たまに夜会にお呼ばれして出かけるときに、手首に飾りをしていくことがありますが、もう気になって気になって仕方がない!

それよりなにより、付けたいと思わない自分が怖い・・・。

これが40代のスタンダードな姿・・・ではないですけど、もうちょっと違うとこに力を入れるようになるのが自然なのかもしれません。

そうなるためには、逆に若い頃にはやりたいことをやりたいだけしておくことも大事ですね。

やりきった大人にはいい意味で余裕が出ますから。

ファッション雑誌より身近な女性を真似る

ファッション雑誌って、まだ買ってる人いるのかな?

私自身がもう一切買わなくなっているし、読むことも滅多にないからそれが普通だと思ってしまいますが、世のアラフォー女子はもうそこにトレンドを求めていないのではないでしょうか。

まぁ、紙からスマホに媒体が変わっているということはあり得ますが、

40代以降の世代はそこを真似るファッションより、自分の感覚自分の身近な人から得たヒントをうまく融合させてスタイリングする時代に差し掛かっているような気がします。

そのほうがとっても自然にその人が生きてくるのです。

が出ちゃってますから、年輪が・・・。

そこにはトレンドをそのまま乗っけるより、自分の中から湧き出るもの自分の好きな近しい人のアイデアを見ながら検討し、そうしてさらにここから独自のファッションを作り上げていくのです。

そうするとどうなるかわかりますか?

そうです、あとはあまり考えないでも自分の作った規格に当てはめるだけで様になる、というオートマチックなシステムが手に入るのです。

40歳50歳ともなると、自分の周りに本当にリスペクトできる本物の大人が数人は存在するでしょう。

その人の良いとこをちょっと拝借して、自分の中に落とし込んでいくことで、ちゃんと自分が納得できるファッションに仕上がると思うのです。

現に、私はそれをリアルに実践していますよー。

絶対身近な人の方が、ファッション雑誌のモデルさんよりビビビってきますから。

素直に「いいなぁ」「素敵やなぁ」と思ったら、そのスタイルがなんで素敵に見えるのか自分のイメージと照らし合わせてみたり、直球で真似してみたりね。

センスが近いから「素敵」センサーが働くのであって、それは身近な友人である確率が断然高いのです。

スポンサーリンク

まとめ

ということで、私の結論は、40代からのファッションは、

脱力と余裕といい真似、これらをバランスよく自然に身につけていくことで素敵に仕上がるということですね。ふんどし履いとる分際で言うなって?はは・・・。

悲しいことに、もうこの歳で友人と一緒に洋服を買いに行くことはなくなりましたが、せめて洋服談義は気軽にしたいなぁと思ったりしますね。

みなさんはいかがですか?

絶対興味ないわけない女子同士なのに、会ってもお茶しても夜会でも、ファッションの話って出にくいですよね。

あれはなんやろ。大人ぶってるの?

私ほど他人のファッションに興味がないとか?

そんなわけないやろー。しつこいって?

絶対楽しいはずなのにー。

でも、自分からも触れないという事実・・・やはりそこは自分も一緒なんでしょうか。

40歳、そんな歳になったら、みなさんもぜひファッションの見直しをされてみてはいかがでしょうか。

顔のファッションも含めてね♪

お肌の老化をとめるにはまず化粧をやめてみる!5年間続けてわかったこと
40歳を迎えますます肌に何もつけなくなりました、スーです。本日もお越しいただきありがとうございます。女性にとって、肌にまつわるいろいろ、悩み、妬み、流行、消費、などなど男性の比ではありません。私も長年肌に強烈なコンプレックスを抱いて...
クレンジング不要のミネラルファンデを月に数回だけメイクする私が語る
冠婚葬祭と、式典もろもろ、女子会と、気分がノッテいるときにしかファンデーションをしない40歳ちょい。そんな人も少なくないのではないでしょうか。特に子育て真っ最中のママにとって、洗顔から始まりマスカラやチークに至るまでのフルメイクを毎...

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました