クレンジング不要のミネラルファンデを月に数回だけメイクする私が語る

うちの事

冠婚葬祭と、式典もろもろ、女子会と、気分がノッテいるときにしかファンデーションをしない40歳ちょい。

そんな人も少なくないのではないでしょうか。

特に子育て真っ最中のママにとって、洗顔から始まりマスカラやチークに至るまでのフルメイクを毎朝するとなると、それはもう軽いノイローゼになりそうなんですが、いかがでしょう?

眉毛とアイメイクとリップはそこそこしますが、それすらめんどくさいと思ってしまいます、スーです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

こんな私なので、必要なときのために一応ファンデーションを用意しておくのですが、これがまた減らないんです。

肌につけるものだし、あまり何年も置いておくとどんどん酸化して肌に悪影響がありそうですよね。

しかし2年前に初めて購入したファンデーションがとても心地良く、質も量もとても気に入って使っています。

さすがに1年では使い切ることができませんでしたが、2年目でようやく容器の底が見えてきたので新たに買うことにしたのです。

同じものを購入しても良かったのですが、ここでケチケチ心が顔を出してしまったんですね・・・。

ちょっと安くて簡単に買えるものに手を出したのです・・・。

そうして初めて、やっぱりこれが一番良いんだ!と実感したのでちょっとご紹介しますね♪

スポンサーリンク

ファンデーションを使ってもクレンジング剤は使いたくない!

TPOをわきまえていなかった時代もありますが、さすがに3人の子持ち母となるとそうもいきません。

さらに、年とともに気持ちもやや緩んできたということもあって、普通に考えてメイクした方がいいかなと思うような機会には、積極的にメイクをするようになりました。

しかし、メイクはしてもどうしてもしたくない事がひとつあるんです。

それは、

クレンジング剤を使う事

です。

石鹸で落とせるファンデーション

クレンジング剤も、ナチュラルで肌に優しいものがたくさんあると思いますが、それでもやはりオイルや界面活性剤の影響が肌には負担になると思います。

洗浄力の強さにより肌の常在菌まで落としてしまっては、健全な肌環境とは言えなくなってしまうことでしょう。

肌にメイクが残っていることの方が悪いから、洗浄力の強いクレンジング剤でしっかりと落としきる方が大事、という方もいるかもしれませんが、それは、落ちにくいメイクをしてるからですよね。

最初から肌に優しいものでメイクをしていたら、簡単な石鹸洗顔だけで落とせるのではないでしょうか。

それを叶えてくれるものがあったのです。

【ミネラルファンデーション】

です。

天然鉱物である【ミネラル】を主成分として作られたファンデーションです。

あの、気持ちよさそうな筆先に粉をクルクルと付けて肌にスルスルとのせるやつです。

余計なものが入っていないファンデーション

アメリカで誕生した【ミネラルファンデーション】ですが、いまでは国産のメーカーもたくさん出てきていろんな種類が販売されています。

ミネラルファンデーションには一応の定義として、

  1. 天然のミネラルを主成分としている
  2. 合成着色料不使用
  3. タルク不使用
  4. 賦形剤不使用
  5. 鉱物油不使用
  6. 合成香料不使用

というものがあるそうです。

ただし、日本では明確な表示義務がないので、ほんの数%しかミネラルが入っていないものや、上記の成分を含むかもしれないものもあるそうです。

肌の負担を意識して選んだつもりが、実は肌に優しくないとしたら?

成分は十分に信頼できるものを探したいですよね。

ナノ化されていない、肌に置くファンデーション

天然成分が主であるから、体にとってなんの問題もない、ということはありません。

ミネラルといっても食物で摂取するような栄養素とは違い、自然界にはあるけれど人体にとっての影響が完全に安全とは言い難い鉱物や金属の粉です。

ペンキなどの顔料にも使われているような成分であるのです。

できるだけ簡単に体内に入れることは避けたいですよね。

天然鉱物である酸化チタンを動物の体内に注入した実験では、DNAの損傷を引き起こすことが確認されています。
人間の細胞による実験でも同じ結果が確認されています。
さらに、酸化亜鉛についても細胞実験の結果、酸化ストレスを与える効果が確認されています。

体内に入ってしまう危険性とは、

  1. 空気中に舞うパウダーを吸い込んでしまう
  2. ナノ粒子化された成分の場合は肌から浸透してしまう

この2点ではないでしょうか。

ナノ粒子化されていると、活性酸素を発生しやすくなるそうです。

さらに、粒子が大きなものに比べて毒性や性質が異なるので、自然な形で取り込むとは言い難い状態と言えますね。

しかし、肌に浸透させずに、排泄器官である肌にのせているだけではそこまでの危険はないでしょう。

できるだけナノ化されていないものを選ぶといいですね。

スポンサーリンク

私がおすすめする【ミネラルファンデーション】はこれ!

このような点を意識しながら私が選んだものはなんでしょう♪

【エトヴォス】

有名なメーカーですね。

〈公式サイト〉はこちら♪

ミネラルファンデーションを調べると、必ず上位に出てくる商品でもあります。

日本で初めて国産のミネラルコスメを発売した会社です。

私も、

  • 石鹸だけで落とせる
  • 成分が信用できる
  • スターターキットがある
  • 価格が良心的

などの条件で探していたところ、こちらに出会ったのです。

最初はそこまで期待していなかったのですが、使えば使うほど、

「これ、ええわ〜」

となっていく代物。

肌なじみや質感など、どうしても使ってみないとわからないことが多い化粧品ですが、いろいろ入って2000円もしないキットがあったのも決め手のひとつです。

肌に負担をかけずなめらかにしてくれる

塗るファンデーションの場合、どうしても毛穴をふさいでしまう心配があります。

さらに肌となじむように乳化剤オイル界面活性剤も入っているかもしれません。

パウダーファンデーションの中でも本当に粉状になっているものは、さらさらとしていてオイルも入っていないですよね。

特に【エトヴォス】の商品は、スキンケアラインの成分から研究を重ね、肌本来の基本的な機能を高めることを目指して開発されています。

ミネラルファンデーションは成分はもちろん、つけ心地もできるだけストレスフリー」になるように研究されているのです。

実際つけてみると、本当にそうだなと感じることができ、ストレスなくメイクをすることができます。

シミやソバカスがきっちり隠せるかというと、それはノーです。

しかし、肌そのものを健康的に見せてくれ光の反射でより肌が生き生きとしてくるので、シミやソバカスが気にならなくなるという方もいるのではないでしょうか。

当然、クレンジングは不要なので、その点においてもストレスフリーですね。

ポイントメイクはこれで落とす!

エトヴォスにもフルメイクできるアイテムが整っています。

しかし、全部揃えるとかなり高額になってしまうのです・・・。

ほぼ毎日使うのならまだしも、めったに使わない私、さらにケチケチ心もちゃんと持ち合わせている私には、ポイントメイクはプチプラでいいかな。

量販店でチャチャっと買えるものでいいです。

しかし、色がついたりキラキラしたりするポイントメイク、石鹸では落ちません。

そんな時はこれ!

【無印のホホバオイル】です。

【フランキンセンス】を無印のホホバオイルで伸ばすだけで万能美容液♪
乾燥が気になる時期になってきましたね、スーです。 本日もお越しいただきありがとうございます。 乳酸菌と自家製アロマ化粧水と米のとぎ汁で、なんとか肌が枯れてしまわないようにケアしていますが、それでも秋風がピューっと吹いてく...

これを綿棒につけてスルスルっとなじませます。

そして、お風呂に入った時に石鹸で顔を洗うだけです。

かんた〜ん♪

もちろんきちんと落ちている保証もないし、なんならキラキラとかちょっと残ってる時もあります。

でもいいんです。だいたい落ちていれば。

それさえしない時も多々ありますよ、私。

よかったらこちらの記事↓↓↓も覗いてみて下さいね♪

お肌の老化をとめるにはまず化粧をやめてみる!5年間続けてわかったこと
40歳を迎えますます肌に何もつけなくなりました、スーです。 本日もお越しいただきありがとうございます。 女性にとって、肌にまつわるいろいろ、悩み、妬み、流行、消費、などなど 男性の比ではありません。 私も長年...
スポンサーリンク

まとめ

ズボラでケチケチで、でもおめかししたい乙女心を完全には失くしていない40歳ちょい。

そんな私にぴったりの【エトヴォス】でした。

今回代用として違うものを使ってみて、余計その良さと使い心地を実感できました。

それ自体も余計なものが入っていないというものでしたが、肌なじみにおいては完全に負けていました。

「つけている」感がやはりあるんですね。それが普通かもしれません。

【エトヴォス】は自然になじみ、さらに肌を元気に見せてくれる効果もあるという点が何よりの強みです。

一度【エトヴォス】を使ってしまうと、もう他のものでは満足できないというくらい、私にとっては安定のファンデーションとなりました。

ファンデーション迷子の方や、なんとなく気になった方、一度スターターキットを試してみてその効果を実感してみて下さい♪

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。



タイトルとURLをコピーしました