オイルプリング?オイルでうがい?抵抗解除して続けたら効果と好転反応が!

太白ごま湯とココナッツオイル
スポンサーリンク

2020年に入ってから私の生活が激変しました。スー(@bacteria_suzu)です。

本日もお越しいただきありがとうございます。

それは、TwitterInstagramを始めたことによる情報収拾がえげつないゆえに起こりました。

本当に有料級の様々な情報がSNSでは飛び交いまくっているのですね。

今回取り上げる「オイルプリング 」

これも、以前からかなり気になっていたけど、抵抗があって実際にやるところまでいかなかった健康法です。

ところが、Twitterでのやり取りで直接効果ややり方を教えて頂き、いい感じに背中を押してもらえたのです。

早速やりたくなった私は焦りすぎてとんでもないことをしでかすのですが、それは追い追い述べるとして、まずは「オイルプリング 」についてまとめていきたいと思います。

今では私の朝のルーティンに欠かせない習慣となっている「オイルプリング 」

抵抗ある方もぜひ一読していってください!

最後にはきっと「太白ごま油買いに行こ」ってなると思いますよ!

スポンサーリンク

オイルプリングって知ってる?

オイルプリング=Oil Pulling

オイルで引っ張り出す。何を?お口に溜まった毒素を

これがオイルプリングです。

インドでは「ガンドゥーシャ」と呼ばれていて、古くから伝わるアーユルヴェーダという伝統医学のなかの自然療法のひとつです。

また、今年に入ってからは、新型コロナウィルス感染症に対するセルフケアのひとつとして、インド政府伝統医学省AYUSHが推奨している健康法でもあります。

これをやったから病気が治るというものではありませんが、毎日継続してやることで厄介な感染や病気を避けることはできるかもしれませんね。

油でうがいってどういうこと?

私自身アーユルヴェーダ的なヘルスケアは、ヨガを始めとして10年以上前からかじっていました。

もちろんこのオイルプリングについても聞きかじっていました。

でも、油を大さじ1杯も口に含んでクチュクチュするって、無理やね…。

もうその手法を聞いた時点でアウトだったので、効果や効能については知ろうともしませんでした。

たとえその時に効果を知ったとしてもやったか、というと多分やってませんね。

揚げ物などを食べただけでも口の中がベタベタして気持ちいいものではないのに、その油だけを口に含んでキープ状態にするなんて。

先入観というのは本当にいろんなことを遮断してしまいますね。

油ひとつとっても、やり方ひとつとっても、どれもが理にかなっているこのオイルプリング 。

10年前にもっとちゃんと向き合っていたらなぁと悔やまれます。

これを読まれている方にはくれぐれもそんな後悔をして欲しくないので、先入観をちょっとどっかにやって向き合ってみてください。

お口の中の老廃物をオイルで取り去る

では、なぜ私がそんなマイナスイメージのあったオイルうがいをするようになったのか。

先程も述べましたがTwitterという世界の住人になったおかげで、気軽にめちゃくちゃすごい人たちと交流できるようになったからです。

そこでアーユルヴェーダに造詣の深い方々から「オイルプリングをやるとこんなに効果があるよ〜」とリアルな体験談を聞くことができたのです。

もちろんそれも個人差があるので、やったみんながその効能を得られるという保証はありません。

しかし、本で読んだりネットで調べたりして得る情報とは違う価値がありますよね。

オイルうがいへの抵抗より、オイルでうがいするからこそ得られる効能の方が断然魅力的に思えました。

口内に生息する大半の微生物は単細胞で、こうした細胞は脂質の膜で覆われています。油(脂質)と水を混ぜようとしても分離し混ざりませんが、油と油はお互いを引きつけ合い、一体化します。ちょうど磁石のような働きで、植物性オイルが最近を引っ張り出すイメージです。

転ばぬ先の杖ー土岐内科クリニックのブログより

水でうがいすることの効果もありますが、口臭や歯周病の原因となる細菌までは絶つことが出来ないですよね。

油の効果で細菌やそのほかの老廃物も除去できるなら、試してみる価値はあります。

オイルプリング の効果とは

では、アーユルヴェーダでもいわれているオイルプリングの主な効能とはなんでしょう?

  • 歯肉炎・歯周病の予防
  • 口臭の抑制
  • 口内炎になりにくい
  • ほうれい線の改善
  • 肌のくすみがなくなる
  • 抜け毛・白髪の改善
  • 免疫力の向上
  • 喉の炎症の抑制

ざっと調べただけでも普通にこれくらいはどのサイトにも出てきますね。

先程ご紹介したオイルによる細菌への働きを考えると、お口の中の雑菌が減ると口腔内の良くない症状が緩和するのは理解できます。

しかし、それ以外の体全体に及ぶ影響というのはどういう経緯で起こってくるのでしょうか?

事項では、私自身が実際に体験した体の変化についても含め、オイルプリングの底知れない効力をまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

オイルプリングを半年続けた私に起こったこと

まず最初のハードル、

油を口に含み、さらにそれを15分もクチュクチュし続けられるのか!?

これを克服しないといけません。

しかし、Twitterの方々の意見を見ていると、なんかいけそうな気がしてきたのです。

特に、

「油といっても口に含んでいるとすぐに水っぽくなるので、ベタベタした感覚はそこまでない」
「太白ごま油でやると匂いもほとんどないしすぐに慣れる」
「匂いが気になるならココナッツオイルでもいい、香りがいい」


という意見によって心が決まりました。

よーし!やるぞ!!

最初にやっちゃった絶対タブーのアレ

やると決めたらすぐやりたい。

そこで私は考えました。

いま家には太白ごま油もココナッツオイルもない。

でもひまし油がある…。

ひまし油もオイルプリングに使って大丈夫らしいので、練習だと思ってやってみることに。

あらゆる油の中でもとびっきりドロドロっとしてて独特の匂いもあるひまし油で…。

猛進できるって得ですね。

で、意を決してお口にトロン。

「クチュクチュクチュクチュ…」

うん、確かにドロっと感はわりとスーッと消える。

匂いも口に入れる瞬間だけ気になるくらいで、あとは平気。

とりあえずは思っていたほどの衝撃はなかったし、続けられそうな気がして安堵しました。

・・・その安堵がいけなかったんです…。

ほっとしたはずみで、

オイルをゴックン・・・。

お口の中の何百という細菌や身体中から集まってきた毒素たちを引っ張り出してくれた、いわば掃除機の中のゴミパックみたいなもの、それをゴクリと飲み込んじゃったのです!!

これはタブー中のタブーですので、よく気をつけてくださいね。

このあと私は、ひまし油特有の下剤効果のおかげで近年稀に見るトイレ閉じこもりを成し遂げました…。

こんなおっちょこちょいも含め、オイルプリングにはいくつかの禁忌行為があります。

・うがいをしたオイルは飲み込まないこと。
・ガラガラうがいはしないこと。
・生理中には行わないこと。
・ごまなど、オイルの原材料にアレルギーがある方はやらないこと。
・口内炎があるときは行わないこと。
・発熱時には行わないこと。
・5歳以下の子どもは行わないこと。

結構たくさんありますね。

体自体が火照っていたり炎症を起こしている状況の時は控えることが大切です。

また、これはただのうがいではなく、オイルの有効成分が口腔内の粘膜を通して全身に浸透していくので、成分が体全体に与える影響を考慮しましょう。

これはオイルプリングの好転反応!?

おっちょこちょいが露呈した私のオイルプリング習慣のスタートでしたが、今のところ5ヶ月以上続いております。

第一回目以降は太白ごま油でやってますけどね。

そして、1ヶ月を過ぎた辺りにまたちょいやらかし&好転反応か!?といえる症状が顕著になったのです。

それまで順調だったのですが、ある日突然、

口の中が痒い!!
いや痒すぎる!!

そうなんです。今まで味わったこともない、上顎全体と歯茎の痒さを感じたのです。さらに悪いことに口内炎も併発しました…。

もしかして病気になった!?

と思ったくらいの症状でしたが、この痒み以外の体調などはすこぶる快適で心身ともに健康的ではありました。

ということは、オイルによってもともと調子が悪かったところが浄化されているのではないかと考えました。

一般的にも、オイルプリングによる好転反応はあるとされています。

  • 頭痛
  • 発疹
  • 腹痛
  • 吐き気
  • 口内炎
  • 肌荒れ
  • だるい
  • 風邪っぽい症状

などですね。

私の口内炎はわかるとして、痒くなるって…歯茎が弱っているという自覚はありましたが、思ったより根深い問題だったのかもしれませんね…。

さらに、月経期間の後半にピークは過ぎたしいいかなという軽い気持ちでオイルプリングをしてしまったのもあるかもしれません。

この後、このような症状は一切出なくて、さらに口腔内がどんどん浄化されていっている気がしています。

あと半年、一年、三年・・・続けていくとどうなるか、ワクワクしかないですね♪

実感できたオイルプリングの効果

さて、好転反応というデトックスによる一時的な状態悪化はあまり嬉しいとはいえないですが、オイルプリングの効果・効能を知ったらあなたもすぐにやってみたいと思うはずです。

私の場合もやはりそれなりのいい効果を実感しています。

フロスをやるとき血が出なくなった

口渇感が減った(自覚口臭も然り)

歯石が付きにくくなった

肌のくすみが減った

ほうれい線がましになった

まずやはり口内がきれいさっぱりする感覚は強いです。

私は毎朝起きてすぐにやるだけですが、夜寝る前もやればもっと効果が得られるかもしれませんね。

肌に関しても、いろんな要因があるとは思いますが、自分的にはくすみが減って明るい肌色になる気がします。

オイルの有効成分が口の粘膜を通して直接体内に入り全身を巡るともいわれているので、抗酸化作用が働いているのかもしれません。

あと、毎日お口を20分程度動かしているので口周辺の筋力や表情筋は自然に鍛えられることでしょう。

美人は口元から、なんて言いますが、自分の努力で手に入れる素敵な口元だってあるかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ:オイルプリングは禁忌行為に注意して続ければ効果あり

私は、TwitterやInstagramで本当にたくさんのありがたい情報を享受しています。

そして、その分自分の体験や実感で得た知識や知恵もどんどんアップして流しています。

情報というのは清濁入り乱れているのは当たり前ですが、清を見極めて自分のものにできればこの上ない素晴らしい体験、人生が待っているでしょう。

オイルプリングというのはささやかな健康法ではありますが、これをやるのとやらないのとでは、大げさではなく40歳以降の人生が変わってくると思うのです。

今回はオイルプリングの効果や実体験からの学びをまとめてみました。

さあ、もう太白ごま油の準備は整いましたか?

まだの方は次回のオイルプリング実践編アップまでにご用意くださいね♪

あ、その前にこちらの準備編↓↓↓でしっかりとインプットしておきましょうか笑



本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました