扁桃炎を通り越して扁桃周囲炎になるまでの過程【医者嫌いの私編】




今年の年明けは、私の実家に帰省した直後から私の扁桃腺が大暴れしたため、まったく何もできなかったという面目ない幕開けとなりました、スーです。

今日もお越し頂きありがとうございます。

扁桃腺が腫れていく過程


扁桃腺は、体の中で一番最初にウィルスや菌と戦うところ戦場でいうと最前線の免疫器官です。侵入してきたウィルスや細菌を攻撃し、排除するリンパ組織の集合体と言われています。奥歯の一番奥からのどにいく手前にある帯状の部分です。

扁桃という言葉、昔の日本語ではアーモンドという意味で使っていたそうです。アーモンドを立てたような形をしていますもんね。

アーモンド大好き!扁桃線も大事な免疫器官だし、嫌いにはなりたくないけど…。
今年の冬の暴れっぷりにはほんとに辟易しました…。

ちょっと咳がでるな、のどがちょっと痛いな…

こんなこと、冬になるとあるあるですよね。

でもこのほんのささいな気づきを放置し、さらに複合的な隠れた要因があるのも気づかずやり過ごしていると、ちょっとの腫れだった扁桃がそのままじりじり腫れ続けるんです。

これはおかしい!ただののどの痛みじゃない!

焦り出したら、はい、扁桃腺炎ですねー。

それでも忙しかったり、いつものことだしってのど飴やうがいだけなどでごまかしていることもありますよね。そして、それで治ってしまった経験があるとなおさらですよね。

だって、高熱が出るわけじゃないし、動けないようなだるさや痛みもないですもんね。

ただ、ここで

  • しっかり休養をとって安静にしておく
  • はちみつを塗る
  • うがいをこまめにする
  • 刺激物を摂らない

などのケアを早々にしておけば、ウィルスと戦うことに専念でき、扁桃線が勝利!ということになり、よかったーで終われます。

冬になり、寒くなるまた空気が乾燥してくるとウィルスが蔓延し、ちょっとの接触や空気感染で簡単に風邪がうつりますよね。私もそうでしたが、しょっちゅう風邪気味?咳出る、鼻出る、そんな日が多かったです。

だから、ちょっとくらいの咳やのどの痛みは、ほっとくマスクするくらいでオッケーな空気になってましたね。

で、いよいよ、ただごとじゃない!って焦りました。

口開きませんけど?食べれませんけど?飲み込めませんけど?

てことになるまで、それなりの原因と過程があるんですよね。

いやー、早かった!

年末に近づくにつれ、喉に違和感を感じる日が多くなっていました。それでもマスクと加湿に気をつける程度で、もともと生活リズムはいい方だし、早寝早起き、三食食べて、それで大丈夫だろうと思っていました。

私の実家への帰省は、新潟から兵庫という、かなり大掛かりな移動必須になります。
7歳5歳2歳というコントロール不可能な生き物を抱えての車移動、かなり非日常でいろいろと準備も大変です。

この時点で、すでに体はSOSを発令してましたね、のどが熱を帯びている感じ

実家に着いたその日の夜、居酒屋で忘年会…楽しみにしていたのでテンションも上がり、唐揚げや餃子を食べるたびに、いたたた、あいたーと漏らしていました。
さすがにアルコールは断念…。

帰ってきて、お風呂に入るとき、すでに口が半分しか開かない!

いたーい!いたいよー、何この痛み!

でも、とりあえず寝る。

次の日、「おはよー」が言えない…つば、飲み込めない!

親戚宅への挨拶回り、すべてキャンセル…。

何も食べられません、飲めません

とりあえず布団で寝てました。

病院に行くのは最後の最後の手段と思っているので、寝てれば腫れもおさまるやろ〜と思っていました。

乳酸菌をのど目掛けて飲んでみたり

蜂蜜塗ったり

塩水うがいをこまめにしたり、

してごまかしていました。

ここで救急病院にでも行っていたらなーと気づくのは、新潟に帰ってからです…

淡い期待を打ち破られるほどに痛くて眠れない夜、さらに耳の奥まで痛いが・・・

なのになのに、年末年始でさらに他県にきている身、医者嫌い、そんなややこしい要因が重なって、とりあえず寝とく戦法続行

扁桃腺は、外界からの空気が直接当たる場所。それゆえにウィルスや細菌との直接対決場、第一関門でしたよね。
幼い子供は扁桃線がよく腫れて、高熱が出て寝込むけどすぐ治るパターンがほとんどです。まだまだ扁桃腺自体が小さいので、全身で熱を上げて病原菌と戦っているのかもしれません。成長とともに扁桃腺もある程度大きくなってきますが、免疫力は総合的に幼い子供の方が高いです。扁桃腺で処理しきれなかったウィルスを、高熱を出すことでやっつけられなかったら?….
やはり熱が出ないし、動けるので、予定どおり新潟に帰ることに

もう帰りの車中で痛みに耐えかねて、途中の金沢で高速を降りて、やっと病院に行くという選択をしました。

ところがどっこい!

満車満員、2時間待ち!

迷ったけど、あとあと入院も考えられるとすれば、家の近くがいいなということで、新潟へ。

ついに、夜間救急センター到着

耳鼻咽喉科がすでに閉まっていて、内科の先生に診てもらったら、

扁桃周囲膿瘍ですね。明日、耳鼻科に行って、入院手術ですね〜」

扁桃周囲膿瘍とは・・・読んで字のごとく、扁桃線の中でのウィルスとの戦いが場外、すなわちその周辺組織にまで及び、さらには膿瘍を形成するという病気です。その治療は、第一に膿汁を取り出すという方針になります。注射針で膿汁を吸引、または、麻酔後患部を1〜2センチ切開して摘出

おお!そうか、そうやろな〜とは予想してたけど、実際怖い・・・。

ここでは点滴で抗生剤を打ち錠剤の痛み止めと抗生剤を処方されました。

帰って、薬を飲んで布団に入るけど、寝付けない…

ただ、痛みが引いてきました。点滴が効いたみたいで、あんなに痛くて悶えていたのに、普通にしていられる。これはちょっと嬉しかったなー。

まあ抗生剤の強さゆえなんですけどね。

扁桃周囲炎確定!


痛みが引いて、ちょっと元気が戻ったのでネットでどんな手術になるのか調べてみると、怖さに震えそうになりました。

でも、食欲があって、食べたり飲んだりできればもしかしたら入院は免れられるかもとわかり、

うどん食べとこ

幸い、苦なく食べれたし、食べたことで少し冷静な自分を取り戻せた気がします。

どんな治療になるの?

朝一番で耳鼻科に行き、覚悟の上で診察…。

「点滴と抗生剤で様子みましょうかね〜」

え?え?マジ?いや、逆に、心配ー!!

ここの先生は、ズバッとした物言いで冷たく感じる人も多いみたいだけど、聞いたことにはきちんと答えてくれるので私は好きで、ちょっと遠いけどわざわざ来ていました。

ここは聞いてみよ。「手術って言われたんですけど…」

先生曰く、食べれないほどだったら、入院して点滴だけど、通えるなら通院で点滴で大丈夫でしょうと、そこまで腫れてないとのこと。

ただ、扁桃炎通り越して、首周り、耳管周りまで腫れが及んでいるから、3〜4日連続して抗生剤の点滴をしなければならないということ。もちろん飲み薬も出ます。

立派な扁桃周囲炎でしたー!

扁桃周囲炎とは・・・扁桃炎から扁桃周囲膿瘍になる過程でおこる症状。扁桃炎がその周辺組織にまで及ぶが、膿がたまるまでいかない。通常はのどの片側だけに、強烈な痛み、耳への放散痛、開口障害も伴います。高熱が出た場合は、全身倦怠感、脱水症状も起こりさらに危険な状態となります。

とにかくゆっくり休む

それから3日間の通院、点滴、投薬で、無事に完治しました。

抗生剤のおかげでフラフラしたり、ちょっと吐き気がしたりもありましたが、出来るだけ体を横にして休むことを心がけました。

そして、これが、年末年始をまたいでいたことは、不幸中の幸いで、旦那様さまでした。家事育児をよくやってくれました。ありがたや〜。

医者嫌いの自分と向き合うきっかけ

今回の私のケースは、年末に向けてバタバタと忙しくしていたり、大雪が続いて連日雪掻きしたりということもあって、免疫力がかなり下がっていたところへ喉がやられたんだろうと思います。

医者嫌いの人は、ひどくなる前にきちんと気づくこと!

自分の体と向き合えないくせに、医者に行くことを毛嫌いしていては、周りに迷惑がかかるだけだとよくわかりました。

気付ければ、そこでゆーっくり寝る!

気づいても休めない場合は、仕方ない、早めに病院へ行きましょう!

まとめ


扁桃腺が腫れるということは、そこでウィルスとの戦争が始まったということ。じっと体を休めて、全ての物資や優秀な免疫細胞を戦場に送り込むために、他の器官を停止状態にすることが最優先です。

抗生剤は助かりますが、どうしても副作用があります。できれば使用しないで自然に治したいですよね。

今日も最後までお読みいただきありがとうございます。

その後の様子とのどケアのお話を書いてます。是非のぞいてみて下さい!
↓↓↓

扁桃周囲炎を克服して二ヶ月以上経ちました。その経験を踏まえて実践していること。緑茶も飲みつつ、うがいを徹底。口呼吸をしていると、冷たくてウィルスを抱え込んだ空気を直接のどに当てることになります。寝るときに口を開けっぱなしにしていたとしたら・・・。これを改善できればかなりの効果が期待できます。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする




スポンサーリンク