乳酸菌風呂を【発酵】から【腐敗】にしてしまうのは【こじらせ丁寧な暮らし】?




何年も続けている【乳酸菌風呂】

過去に1、2度、腐敗か?発酵か?いや腐敗やな、と自分の感覚を頼りに見切りをつけなければならなかった事がありました、スーです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

お風呂の湯を張ったままにして置いておく、

これは一歩間違えれば危険な行為です。

我が家は、マイナスに捉えず、かなり前向きな姿勢でこの【乳酸菌風呂】を続けてきました。

今回、「もしかしたら悪くなるかな…」という不安がありましたが、まだお湯を入れ替えて10日ほどしか経っていなかったので、そのまま様子を見ていました。

通常、毎日追い炊きをし、新しい乳酸菌液を継ぎ足していくことで、発酵状態が3週間から1ヶ月近くは保たれるはずなんですが、途中で一泊キャンプで家を空けたんです。
この時期は乳酸菌以外の菌や酵母の働きも活発になってきます。嫌気性の乳酸菌が湯船の底の方に逃げた状態が長く続くと、そのほかの好気性の菌や酵母たちが活性化していろんな反応を起こすんでしょうね。

家を空けた2日後くらいから、においが明らかにおかしくなってきました…。

そしてついに、娘たち、

「お風呂、〇〇〇のにおいがするー」

と言いながら、普通の顔して入ってました。

やはり、我が家の常識がぶっ飛んでいることにまだ気づいていないのでしょうか…。

さすがの私も、これはあかん!違うもんになってる、と即入れ替えました。

おそらく、言ってはいけない空気があったけど、それをぶち破って一回「クサイ」を認めてしまったせいか、その娘たちの発言以降、家族みんなの「クッサイ」連呼が止まらなくなってました。

あ、あの臭かった娘たちの髪の毛はいろんな効果のおかげで、すっかり正常に戻りましたよ!

こじらせ【ていねいな暮らし】


ブログに記事を書くことに付随して、ネットや雑誌でいろんな情報を得る機会が増えました。

すでに知っていることでも、いろんな角度から見てみると今までとは違う解釈を得られたり、全く知らないことでも、巡り巡って自分の中にあったものに帰ってくることもしばしばあります。

そして、ついに、ぶつかった概念、

ナチュラル志向の人たちが発酵もの無農薬オーガニック断捨離自然療法などに傾倒していく

【こじらせていねいな暮らし】

というキーワード。

【意識高い系】か【意識が高い人】か?

雑誌やいろんなサイトを見ていると、本当に素敵(に見える)な生活を披露している人が多くてびっくりします。

モデルや芸能人は、もちろん宣伝効果がなければ使う意味がないので、盛られてなんぼですが、一般人の一主婦がものすごい現実離れした生活をされている記事なんかには、正直しらけてしまいます。自分と違い過ぎていて物語のようにしか思えません。

でも、そういうカリスマ的主婦の生活を見て憧れ、そこに目標を定めて自分を鼓舞していく人もいるんでしょうね。

おそらくそういう気概を持って、良いと言われたもの、良さそうに思えるものを自分の生活に取り入れていく人たちが、

【意識高い系】

なのではないでしょうか?

自分がイメージする、「素敵なナチュラル丁寧な暮らしを謳歌する主婦像」

そこに向かっているので、目標がシンプルだし、あまり迷ったり悩んだりしないタイプが多いかもしれません。

そして、

【意識が高い人】

は、雑誌やネットから情報を得ようとはしないかもしれません。自分が必要だと思うことに意識を向け、そのために色々試した結果、偶然ナチュラルな生活になっていた、という感じでしょうか。

そして、自分が「ナチュラル丁寧オーガニック的暮らし」をしている、という自負がこれっぽっちもないと思います。

ただただ、淡々と日々と向き合っている、自分の心がウキウキすることに集中していく生活を重ねているだけではないでしょうか。

そして、【意識高い系】の人たちが自分の範囲を超えて、時間やお金に糸目をつけずに暴走し始めた時、それは「ていねいな暮らし」こじらせていくのかもしれません。

決定的に違うこと

【意識高い系】【意識が高い人】

もちろん、似ています。でもきっと決定的に違うことがあると思うんです。

私が思う、知っている限りでの両者を比べてみると…、

ずっと同じポテンシャルで継続できているかどうか

がポイントのような気がします。

何十年続けているからいいとか、すぐやめるからダメとか、そういう単純なことではなく、本当にいいと思って自分の意思で続けていること、さらにはそのことについてもっと良くしていこうとか、こうしたらどうかなどと向上していく態度で挑んでいることが大きな鍵だと思います。

そういう事をひとつでも持っていれば、そこに高い意識が生まれ、周りの人たちと比較したり自分てどうなんやろと、ナルシストになったりという事がないと思うんですよね。

【こじらせた暮らし(笑)】


何かにハマることは誰にでもあります。

それがたまたま「ていねいな暮らし」だったとしてもなんの問題もありません。

何かに熱狂的になりすぎてトンデモ扱い

問題なのは、ナチュラル志向でオーガニック的暮らしをしている人が、その暮らしぶりを公開し、行きすぎた医療批判ケミカル批判をしている事です。

発酵、発酵と、まるで良い言葉の代名詞みたいに、「発酵」さえしていれば大丈夫という発酵神話が確立されつつある傾向もありますよね。

そのことが、一部の医療や科学の世界の人たちを「黙ってはおけない」と奮い立たせてしまい、「トンデモ」扱いされてしまうという事態になっています。

乳酸菌しかり、酵素しかり、一気に火が付きちょっとした「宗教」のように広まっていくことって、どうしてもトンデモチックな話題になりかねません。その実態から離れたところで、「これが体にいい」「病気が治った」という、体(てい)のいい情報が一人歩きしてしまうことも少なくありません。

我が家はこじらせていないだろうか

今回の我が家の、発酵腐敗に一転した状況を目の当たりにして、見る人が見たら、これこそが「トンデモ」に見えるよなーと、しみじみ自覚した次第です。

こういう事を公開してますから、私だって蚊帳の外ではありません。発酵、発酵言うてますし。

家族や自分のために今できる事をしているのですが、それを公開しているのだから、そこは意識を持って臨まなければいけません。

楽しいか楽しくないか、惰性で続けていないか、常に自問自答してリフレッシュしていかないとなとは思っています。

まとめ


今回たまたまぶつかったキーワード「こじらせていねいな暮らし」

これを見て、ドキッとしました。

うちはどうだろう?

判断が難しいなと思いました。

自分が良かれと思ってしている事で、自分や家族の生活をジワジワと締め付けていないだろうか。無きにしも非ずだと思います。

ていねいな暮らしとは少し違いますが、ウチがやっている事が必然的に医療批判、科学的無根拠な事である事は否めません。

ネット上に公開しているわけですから、私の記事を見て嫌気が差す人や気分を害する人もいると思います。

それでも私がそうだったように、たった一人の人でもいいから何か良い方向へ導く事ができるかもしれない、暗闇から抜け出すきっかけになるかもしれない、そう思って公開しているという強い意志は変わらず持ち続けていきたいです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。



シェアする

フォローする