手作り【重曹シャンプー】で頭皮スッキリ!精油入りで癒し効果も!




頭皮、臭っていませんか?

我が家の8歳ともうすぐ6歳の娘の頭がクサイ!!

梅雨入りと同時に娘の頭の匂いが気になり出しました、スーです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

ちなみにうちの娘たちは、温泉や銭湯や実家のお風呂を利用するとき以外、基本的にシャンプーはしません

シャンプー、ないですから

オリーブ油で作られた純石鹸はあるのですが、滅多にそれも使いません。

乳酸菌の湯船でザブンと潜って、ワシャワシャと地肌を洗って終わり。

これ、年頃になったらどう思うんだろう?

ちょっと考えたくないですね…。

そんな彼女たち、今まで何年もこの生活を続けてきて一切頭が臭ったことなんてなかったのに、今年の梅雨は「クサイ!」

蒸れた半乾きの髪にカビや雑菌が繁殖したような臭い、ていうか、まさにそれが起きているんじゃ!?

さすがにこれはほっとけないので、同じレディーとしてなんとか美髪、地肌美人に、娘たちを変身させようと、【重曹シャンプー】なるものを作ってみました。

おりしも、

重曹、

精油、

手作りコスメ、

という【重曹シャンプー】に必要な素材にどハマりしていたので、材料は揃っていたし、あとは作り方を調べて実行すればいいやと思っていました。

ところが、調べてみるとどれも「重曹を水に溶いた液で髪を洗う」というなんとも地味なものばかりでした。

これでは8歳ともうすぐ6歳の女子たちはテンションも上がらず続かないですよね。

ならばと、私なりにいろいろ考えて、8歳ともうすぐ6歳の女子たちの乙女心をくすぐるような、それでいて効果効能もバッチリ期待でき、肌に優しいシャンプーを思いついたんです!

重曹シャンプーの効果・効能

【重曹】が、実はすごい効力を持った奇跡の粉だということは、こちらの記事にまとめています。ぜひ合わせてお読みくださいね♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【重曹】は奇跡の粉!?掃除だけじゃなく体の汚れもキレイに落とす

そんな重曹と少しの材料があれば安価で簡単・安全なシャンプーが手作りできるんです。

頭皮の余分な皮脂を中和して取り除く

今回の娘たちの頭に関して言うと、重曹は、頭皮の汚れを落とすのに効果を発揮してくれると思いました。

頭皮が臭いというよりは髪の毛全体が臭いんですけど、頭皮も蒸れやすい場所だし、毛根には皮脂がたまりやすいので、その酸化した皮脂を中和して取り除いてくれる効果があると思います。

皮脂が酸化している状態では、皮膚が炎症を起こしたり、臭いを発する原因になるので、重曹がそれを緩和してくれることでしょう。

乳化作用で毛穴の奥から汚れを掻き出す

重曹には乳化作用があります。

水と油が混じり合うことを乳化と言いますが、この乳化作用で毛穴の奥に詰まった皮脂を浮き上がらせる効果があります。

普通はこれを界面活性剤が担います。界面活性剤入りのシャンプーはとても泡立ちがよく、使い勝手はいいかもしれません。しかし、体に及ぼす影響を考えると、やはり無害どころかいい効果しかない重曹を利用した方がいいですよね。

ただ、泡立ちはほぼないに等しいくらいですので、洗っている感が乏しく、髪が絡みやすくなるというデメリットがあるのも確かです。

また、必要な皮脂までも浮かして洗い流してしまう恐れもあるので、重曹シャンプーの場合は毎日使わず1週間に2〜3回使うくらいで十分効果を得られます。

毛根を蘇らせ抜け毛や薄毛を緩和

多量に分泌された皮脂は、毛穴を詰まらせます。

毛穴に詰まった皮脂が酸化すると、毛根周辺が酸化地帯となり、弱った毛根が活動を停止することによって新しく髪が生えてこないという事態を招く場合もあります。

重曹がこの皮脂汚れをきれいに落としてくれることによって、毛根が生き返りツヤもハリも十分な元気な髪が生えてくるかもしれません。

簡単で安心な重曹シャンプーの作り方と使い方

もちろん重曹をお湯に溶かしただけのものでも効果は得られますが、今回は我が家のオシャレ女子たちにも認めてもらえるものという意識を持って作ってみました。

用意するもの

  • プッシュ式ポンプ容器
  • 重曹:大さじ1
  • 米ぬか粉石鹸(肌に優しい粉石鹸があればで、なくても大丈夫):少々
  • 精油(お好みでブレンド可):5〜6滴

作り方

  1. 米ぬか粉石鹸を少量水で溶かします
  2. そこへ重曹も加えてさらによく混ぜます
  3. お好みの精油を5〜6滴加えます
    ラベンダー、ミント系、柑橘系など、香りが爽やかなものがおすすめです
  4. ボトルの9分目まで水を注ぎ入れてよく振ります
  5. 全体がよく混ざったら完成です♪

これで完成なのですが、これを8歳ともうすぐ6歳の女子たちが飛びつきそうなものにする為には、可愛いキャラクターのボトルに入れたり、ポンプ式の容器に入れるという事が欠かせません。

「家にも可愛いシャンプーがキター!!」

と思わせたらこっちのもんです。

使い方

  1. シャンプーの前にしっかりとブラッシングをしましょう。
    髪表面のホコリや汚れが浮き上がり、よりしっかりと汚れを落とすことができます。
  2. 【湯シャン】で髪と地肌をしっかりと濡らします。
    実はこの時点で大体の汚れは落ちます。お湯だけでシャンプーする【湯シャン】派が少なくないのも理にかなっているからでしょうね。
  3. いよいよ【重曹シャンプー】の出番です。サラサラとした粘性のない液体ですので、両手に受けて、素早く頭皮めがけてすり込みます
    泡立ちがない為、この時かなり??な感覚になりますが、化粧水を肌に擦り込むように、優しく円を描きながら頭皮をマッサージしていきます。
  4. 全体にマッサージできたら、しっかりと洗い流します。

従来のあわあわシャンプーに慣れてしまった人は、最初その手応えのなさに戸惑うかもしれません。

でも大丈夫です。しっかりと汚れは落ちているので、不安だからといってつけ過ぎ、ゴシゴシこすり過ぎには注意して下さいね。重曹の研磨作用頭皮や髪に傷をつける原因になってしまいます。

さて、娘たちのクサイ髪はいかに!?

案の定、8歳ともうすぐ6歳の女子たちはこの【重曹シャンプー】に飛びつきました!

もうワクワクが止まらないといった様子で喜び勇んで、我先にとお風呂場へ。

まず香りを、ラベンダーとペパーミントという誰もが心地よく感じる精油にと心がけたのが功を奏して、お風呂場が乳酸菌の甘酸っぱい香りから一気に「爽やかお花畑」に変わりました。

そして、いざ頭につけてみると…、やはり最初は泡が出ないのが不思議に思っている様子でした。

でも優しくマッサージするように促してあげると、小さな手で頑張ってやっていましたよ。

洗い流してさっぱりしたところで、湯船に入った彼女たちがとった行動とは!?

ついいつもの癖で、まさかの、

乳酸菌風呂の中に頭からすっぽり潜ってしまうというミステイク!

いや、別に間違ったことをした訳ではないですが、せっかくのお花畑感が…、

ドボンでオジャン…。

チャンチャン♪

いいオチがついたところで、肝心の例のクサイ髪はどうなったかというと…、

相変わらずややクサイ…。

少しはマシになりましたが、完全ではないです。

やはりお風呂上がりにドライヤーで髪を乾かさないのがいけないのかなぁ?

100%それやろっ!!

良い子の皆さんは、お風呂上がりにドライヤーで髪を乾かすことをお忘れなく〜。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。



シェアする

フォローする