乾燥の季節に腸が疲労!おかげで肌の排泄が活発になってアトピー再発




長女の再発アトピー肌を冷静に直視できなくなりつつあるスーです。

今日もお越し頂きありがとうございます。

再発する過程を月ごとに振り返ってみました。

4年前に完治したと思っていた長女のアトピー。1、2歳の頃から出始め、いろんな医者に行くも薬での治療を完全にやめて、家庭療法で治っていたはずなのに。なぜか今年再び症状がでて焦りました。

1月

私たちが暮らす新潟ではまだ雪がよく降り、積もった雪がそこら中で普通に鎮座しているような時期でした。

年末年始に私の地元兵庫県への帰省、実家に3泊ほどの小旅行を終え帰ってきても、特別肌の調子、体の調子が悪くなるということもなく元気な娘たち。

冬休みが明けてから、大流行のインフルエンザBにまんまと長女、次女が罹り、お家生活が1週間続きました。まだまだ雪も降っては積もり、掻いてはまた降り積もるの連続だったので、私としてはずっと家にいられる生活もまんざらではなかったです。

薬、リレンザも出されたけど、一回実演させられた以外は一切服用せず、のんびり完治!
学校、幼稚園大好きな娘たちなので、やっと行けるって喜んでいました。

この時期は、少ーし肌が乾燥してるな、くらいで、エアコンフル稼働な毎日では多少あきらめもありましたが、インフルエンザに罹ったこともあったので、対策として灯油ストーブを焚き、ヤカンをの水を沸かして加湿する洗濯物をリビングに干す、などを心がけました。

肌対策は全くなし

ただ、この頃から、引きこもり時間を有効に活用すべく、私の酵母菌育てが本格始動します…。
酵母で何をするかというと、パンですよね、お菓子ですよね、小麦粉の。
小麦って、少しならいいですけど、ね。

2月

寒さも雪もまだまだ。相変わらずの、日課=雪かきな生活。

長女の肌も特に何事もない様子で2月が始まりました。

よく考えると、運動量はだいぶ落ちていましたね。そして汗の量も。

それでも、雪の中を1時間近くかけて往復してましたし、家の中でもよく踊ったり、晴れた日には外で何時間も雪遊びしたり。
元気そのもの!

そして私が育てた酵母ちゃんが仕上がってきて、いよいよ焼いては食べ、焼いては食べな日々が始まりました。

もちろん、主食は米ですが、おやつの大半が小麦菓子パンになってきました。全粒粉を使ったり砂糖を控えてみたりお友達におすそ分けしたり、となるべく過剰にならないように心がけながら…。

しかし、このあたりで長女の腸が疲労したと思われます。

それでもまだ肌に出る症状は乾燥くらいで、いたって普通に見えました。

花粉がこの時期から飛んでくるのを実感し、私が鼻をつまらせたり、三女が口角炎になったり、目ヤニ鼻水がひどくなっていました。

そっちの方が大変だったこともあり、バタバタと過ぎていった2月でしたね。

3月

やっと雪が姿を消し始めたと思ったら、春の嵐がひどく吹いて、トラック横転や学校のフェンス倒壊などの被害をもたらしながらの3月初旬。

暑いくらいの気温の日だったと思ったら、急に寒くなり冷たい雨がふる、と思ったら雪がチラついた…そんな不安定な気候が続いていました。

娘のアトピー再発の引き金を引いたのはそんなときでした。

ホップ☆気候の変化

ステップ☆パン責めの日々、さらに八分搗き米がなくなって玄米をそのまま炊き出した

ジャーンプ☆乳酸菌風呂を入れ替える日に、久しぶりにノーマル風呂に3日くらい入った

娘の体って優秀なんです!きっと。そらそうなるわ!という過程を経て、そうなったんですね。ほんとに申し訳ないし、感覚がゆるんで甘くなっていたなと猛省しました。

それにしても、同じ環境同じ食べ物ストレスフリー、なのに長女だけがここまでデトックスしているのか…。

よーく考えてみました。

あ、あれか?

と思いついたことがひとつ。

私の勝手な妄想ですが、去年の8月に終わった中耳炎の治療?投薬?

5月から毎週通って、せっせとステロイド剤を投薬してもらっておりました

もちろん気にはなりましたが、聞こえが芳しくなかったのと、私が治してあげられると思えなかったので、娘の体を信じてとにかく早く完治まで持っていこうと、真面目に通っておりました。
半年という時間差があるので確信は持てませんが、そうだとしたら結構出方がきついのも頷けるな…。

と、こんな感じで今に至っております。
最近はますます痒いらしく、手がお股にいってるのが彼女のお決まりスタイルみたいになってます。

今改善していること

  • パンを控える
  • 新たに酵母を育てない(泣)
  • 玄米を食べない
  • お風呂上がりの保湿
  • 掻くのをとがめない
  • 野菜、水分を摂る
  • 乳酸菌を飲む
  • お風呂はさっさと上がる、もちろん乳酸菌風呂

症状、痒みが落ち着くまでは、保湿もした方がいいと思っていますが、できれば何もつけたくないですね。

排泄してくれていると信じて、とにかく出し切る!

ついついかわいそうに思ってしまい、私が心折れそうになりますが、

本人至って元気!

これ以上のことはないですね!

善玉菌、増やしたくなりました?そうですね、それは本当に大切なことです。でもその前に、悪玉菌の好物をたくさん摂っていませんか?うちの長女のように、腸の免疫細胞が正確に警鐘を鳴らしてくれればまだいいですが、腸を汚し続ける生活をしていても一向にサインを送ってくれない、ということも多々あります。

今日も最後までお読みくださりありがとうございます!