完治したアトピーが再発!薬なしで治ったはずなのに・・・




この写真は長女が4歳になる前、完治する直前の最もひどい時。この後半年ほどですっかりきれいになりました。スーです。

今日もお越しいただきありがとうございます。

長女のアトピー

約8年前に長女を出産後、一番かわいいときであろう1歳、2歳の頃の私たちは体のあちこちに出ていたかゆかゆとの葛藤の日々でした。
産後すぐの乳児湿疹自体はすぐおさまったので、アトピー経験者の私からアトピーじゃない子が生まれてきた、と軽く安堵した記憶があります。

その後、夏から冬に突入していくにつれ、ポツポツと湿疹が出るようになりました。もともと水分保持力が少ない肌質なのか、乾燥で肌が荒れ始めたなと思ったらあれよあれよとお腹や腕に立体的な赤い膨らみができていきました。
掻いては広がり、掻いては広がり、掻きそうになったら阻止したり、掻かないように強く叱ったり…。

自分がアトピーの時、強い薬を使っていた副作用で辛い体験をしたこともあって、皮膚科にかかっても治らないという強い思い込みが、余計に自分たちを苦しめていたように思います。

娘の場合、ジュクジュクの膿は全く出ず、顔もきれいで普段外を歩いていても、アトピーとは気づかれていなかったと思います。

それでもお風呂のたびに目にする症状は、わたしの胸をざわつかせていたので、頭から離れることはなかったです。このまま医者にかからず、自分で調べた家庭療法で対処していった先に何があるんだろう、私はどこへ向かっているんだろう….
もはや娘のアトピーに対する自分の向き合い方が、おかしな方に向いていっていた気がします。

この頃の私は、娘の肌に出てきたその色付きででこぼこの見た目の悪いモノを、消そう消そうとしていた、消えてくれ消えてくれ、そうすれば私も家族もごきげんになれるんだからと、目の前の厄介者を払うようなやり方、向き合い方でアトピー症状を捉えていた気がします。

肌に出てきた症状は、体の中で起こっているシステムエラーの結果。

からだのどこかの機能が悲鳴をあげている証拠。

肌の症状を消しゴムで消すようにきれいに抑えたとしても、壊れた体内システムが完治しないとまた同じことの繰り返し。

そんなことも、薬なしで4歳には完治した娘が今、毎日元気に笑っていてくれるからようやく理解できるし、こうして公言できるんですけどね。

この文章を読んで下さり、今まさにその辛い葛藤の日々を過ごされている方は、じゃあどうすればいいの?と思われるかもしれません。

どうすればいいの?ではないんですよ。

アトピーさん出てきてくれてありがとう!なんです。

アトピーさん、おひさしぶりです

いやいや、思わずまた同じことの繰り返しをデジャブのようにやってしまうところでした。

完治したと言っても、毎年夏と冬には汗やら乾燥やら、その他もろもろな要因でポツポツが出たりしていたんです。

それがどういう訳か先月くらいから、ポツポツどころか、あの幼い頃のイタイ思い出の、広がり出す湿疹がどんどん出始めたんです!

いやー早かった!

まあまあすぐ治るやろ…とのん気にしていたら、娘も私の目の届かない所での時間が増えたせいか、結構掻いてたみたいで、おまたや肘、膝の裏、首回り、脇、もちろんお腹や背中、、、相変わらず顔には全く出なくて、本人もそこまで気にすることなく生活できていたからなおさら。

掻かない!

また掻いてる!

掻いてると治らないよ!

恥ずかしい大人だなと、後で気づくんですけど、どうしてもこのまま広がったらどうしようと、とっさにブレーキをかけたくなるんですね。

痒そうにしてる娘、さらには掻いたら叱られるという葛藤で、悲しそうに私を見る娘の目。

そうだよね、出てきてくれて知らせてくれて、ほんまにほんまに、

アトピーさん、さすが!ありがとう!

やったね。さて今回はどういったご用件で再登場されましたかね。

その答えはこちらの記事をご覧ください♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

肌は立派な排泄器官です。今年に入ってからの娘の体の変化を月ごとに振り返ってみました。アトピーが再発してどんどんひどくなってきましたが、それなりに原因はあるはず。去年まで遡ると、中耳炎の治療もしていたし、ステロイドももちろん使用してましたね。

本日も最後までお読み頂きありがとうございます。