薬なしで完治したはずのアトピーが再発!目に見えないことが肝心です

 

この写真は長女が4歳になる前、完治する直前の最もひどい時。

しかし、この後半年ほどですっかりきれいになりました。スーです。

今日もお越しいただきありがとうございます。

スポンサーリンク

長女のアトピー

約8年前に長女を出産後、私たち夫婦は、一番かわいいときであろう1、2歳の頃の娘と葛藤する日々を過ごしていました。

娘の体のあちこちに出ていたかゆかゆとの葛藤の日々でした。

はじめはポツポツ湿疹

産後すぐの乳児湿疹自体はすぐおさまったので、アトピー経験者の私からアトピーじゃない子が生まれてきた、と軽く安堵した記憶があります。

その後、夏から冬に突入していくにつれ、ポツポツと湿疹が出るようになりました。

もともと水分保持力が少ない肌質なのか、乾燥で肌が荒れ始めたなと思ったらあれよあれよとお腹や腕に立体的な赤い膨らみができていきました。

掻いては広がり、掻いては広がり、

掻きそうになったら阻止したり、

掻かないように強く叱ったり…。

今思えば、この頃は、私のエゴや体験上の恐怖をそのまま娘の肌荒れにぶつけていたような気がします…。

薬だけは使いたくないという強い気持ち

自分がアトピーの時、強い薬を使っていた副作用で長期的に辛い体験をしたこともあって、皮膚科にかかっても治らないという強い思い込みがありました。

それが余計に自分たちを苦しめていたように思います。

娘の場合、ジュクジュクの膿は全く出ず顔もきれいなので、普段外を歩いていても、アトピーとは気づかれていなかったと思います。

それでもお風呂のたびに目にする症状は、わたしの胸をざわつかせていたので、頭から離れることはなかったです。

娘の症状VS私の恐怖心

この構図ですよね、完全に…。

医者にかからずに治したいという自分の強い気持ちだけで、突っ走っていましたね。

その時の娘の気持ちは?

自分の肌を見るママの目が、当時の娘にどういう風に写っていたのか、今考えると本当に情けない思いでいっぱいになります。

私がアトピー経験者という事が、逆に苦悩を生んでいたのでしょうね。

肌さえきれいになれば・・・

このまま医者にかからず、自分で調べた家庭療法だけで対処していった先に何があるんだろう、私はどこへ向かっているんだろう…。

いつの間にか、そんな事が頭をよぎるようになっていたのです。

娘のアトピーに対する自分の向き合い方が、おかしな方に向いていっている現れですよね。

この頃の私の本心は、

娘の肌に出てきたその色付きででこぼこの見た目の悪いモノを、消そう消そうとしていた。
消えてくれ消えてくれ」そうすれば私も家族もごきげんになれるんだから・・・。

目の前の厄介者を払うようなやり方、向き合い方でアトピー症状を捉えていた気がします。

スポンサーリンク

アトピーさん、出てきてくれてありがとう

そんな、方向がおかしくなっていた私の気持ちが、徐々に変化していったのです。

今思えば何がきっかけになったのか、これという大きな出来事はなかったはずなんですが…。

ただ、ひとつの出会いがありました。

大震災後の意識改革

ちょうどこのころ、東日本大震災の後という事もあって、我が家での意識改革も起こりつつあったのです。

もう日本政府は信用できない、自分の命は自分で守らないといけない、そんな風に強く思い始めました。

その頃は極端な思考転換になっていたので、いろんなことを批判的に見ていた時期でもありましたね。

病院や学校、食べ物や飲み物、テレビたラジオ、なんか全てに対しての価値観がガラガラと変わっていき、この先の生き方も自分たちで考えないと、とちょっとしんどい思考でした。

でもそのおかげで、食についていろいろ見直せたし、ひとつわかるとどんどん変わっていくという体験をしながら生活していた気がします。

「絶対治るから大丈夫」という言葉に出会って

そんなときに、ちょうど気分転換で訪れた山形のとあるペンションでの出会い。

これが我が家にとって、とてつもない大きな起爆剤となったのは確かです。

今でも思います。

「この出会いがなかったら、今頃私と娘はどうなっていただろう」

と。

ここで出会った師匠に、今後の我が家にとってなくてはならないものとなる「乳酸菌」を伝授していただき、その後も細かい指導とケアを惜しみなく授けて頂くことができました。

そして、最大のギフトである、

「大丈夫!アトピーは絶対治るからね」

という言葉。

今まで、家族にも医者にも友達にも言われたことのない、とても強い心からの言葉

これは、今でも私の宝です。そして、この言葉があったからこそ頑張れました。

その方は、体の仕組みや医療の闇について詳しく、そして本当のアトピーの原因などにもきちんとご自身の意見を持っておられました。

それが、私たちのこれまでの常識をぐるぐると覆していきました。

もちろんその話を鵜呑みにするのではなく、自分たちでも調べたり実践したりして落とし込むのですが、そのきっかけを得られるのと得られないのとでは、全く違う展開になるという事が実感としてわかったのも、大きな事でしたね。

悪者だったアトピーが愛おしくさえ・・・

大きな変革、自分自身の目覚め、それが家族全員一緒に行えたという事がまた我が家にとってのラッキーだったと思います。

乳酸菌治療実践と、恩師からの情報提供などにより、私が行き着いた結論は、

肌に出てきた症状は、体の中で起こっているシステムエラーの結果
からだのどこかの機能が悲鳴をあげている証拠
肌の症状を消しゴムで消すようにきれいに抑えたとしても、壊れた体内システムが完治しないとまた同じことの繰り返し

というようなものでした。

自分一人で孤独に向き合っていた、憎きアトピー。

それが、他人に心を開き、そして得られた恩恵によってここまで変えることができたのです。

このおかしなアトピー症状、どうすればいいの!

ではないんです。

アトピーさん出てきてくれてありがとう!

だったのです。

今私が言えること

私が助けられた言葉、それと同じように、今現在お子さんやご自分のアトピー症状で毎日苦しい日々を過ごされている方へ、今私が言えること。

それは、

感情に負けないで、体の治ろうとする反応にだけ目を向けて。

ということかもしれません。

全ての症状に対して、

「大丈夫!絶対治るから」

と言えるまでにはまだまだ勉強不足、経験不足です。もう少しかかりそうです。

でも、視点を変えることによって、いまの苦しさからちょっと楽になることはできるはずだと、それは自信を持って言えます。

苦しい、辛い、自分だけ、なんで!

こうなっているとしたら、そこから抜け出すことが何より大事ではないでしょうか。

それが、より良い情報を手に入れることができる最短の道かもしれません。

あ、あと、

神様は私たちに全てを与えてくれているはずだから、大丈夫だよ。

とは言っておきたいかも。これ、宗教って思った人は新しい扉は開きませんよ〜。

スポンサーリンク

アトピーさん、おひさしぶりです

そうして、1年もかからず薬なしで完治した娘のアトピー。

子供がアトピーじゃないって、なんだかすごく特別なことのような気がしていました。

普通ってすごい幸福やな

なんて思いながら過ごしていた矢先・・・。

出ました!アトピー再発か!?

季節によってはかゆかゆが出る

完治したと言っても、毎年夏と冬には汗やら乾燥やら、その他もろもろな要因でポツポツが出たりしていました。

もちろん薬なんて使わず、ちょっとくらいは掻いてもしょうがないなという感じで見守っていました。

それがどういう訳か先月くらいから、ポツポツどころか、あの幼い頃のイタイ思い出の、広がり出す湿疹がどんどん出始めたんです!

いやー早かった!

まあまあすぐ治るやろ…とのん気にしていたら、娘も私の目の届かない所での時間が増えたせいか、結構掻いてたみたいですね。

おまたや肘、膝の裏、首回り、脇、もちろんお腹や背中、、、その反面、やはり顔には全く出なくて、気づくのも遅かったのです。

本人もそこまで気にすることなく生活できていたからなおさら・・・。

わかっちゃいるけど・・・

掻かない!

また掻いてる!

掻いてると治らないよ!

あれだけ、見た目だけに気を取られないように、と言っておきながら、やっぱりつい出ちゃってましたね…。悪い癖。

恥ずかしい大人だなと、後で気付くのですが、どうしても「このまま広がったらどうしよう」という不安にかられ、とっさにブレーキをかけたくなるんですね。

ま、自覚があるだけまだマシかな…。

さて、今回はどういったご用件で?

痒そうにしてる娘。

さらには掻いたら叱られるという葛藤で、悲しそうに私を見る娘の目。

あかん、あかん。気を取り直して前向きに!

そうやったね、出てきてくれて知らせてくれて、ほんまにほんまに、

アトピーさん、さすが!ありがとう!

やったね。さて今回はどういったご用件で再登場されましたかね。

季節は春先。いろんなものが芽吹く時期。人間の体の中も変化してくるはずです。

何かしらの反応をしている体、かゆいのかゆいの、どんでいけ〜♪

その答えはこちらの記事↓↓↓をご覧ください♪

乾燥の季節に腸が疲労し解毒の季節に肌の排泄が活発!でアトピー再発
肌は立派な排泄器官です。今年に入ってからの娘の体の変化を月ごとに振り返ってみました。アトピーが再発してどんどんひどくなってきましたが、それなりに原因はあるはず。去年まで遡ると、中耳炎の治療もしていたし、ステロイドももちろん使用してましたね。

本日も最後までお読み頂きありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました