コンバースオールスターの弱点はインソールで解決!おすすめはコレ!




コンバースのオールスターハイカットは私にとって外せないファッションアイテムです。

この不朽の名作を世に残した人、ありがとう。スーです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

バッシュだったオールスターも今や誰もが一足以上持つおしゃれアイテムになりました。

なんか、足元が締まる気がします。

当たり前で飾り気のないデザインバリエーションの豊富さ安定した価格

など、ずっと定番として生き続けて来た理由はたくさんあります。

私が特にモンスタースニーカーだなと感じる点は、このオールスターにはスニーカーとして致命的とも言える欠点が1つや2つじゃなく、結構ポロポロあるんです。にも関わらずここまでの衰え知らずの人気というのが、ちょっと異様なくらいではないでしょうか。

それもこれも、この完璧なデザインのなせる技なのかもしれません。

では、スニーカーとしてはちょっといただけない欠点、これを無理して我慢して受け入れて頑張ってオシャレを気取りますか?

そんなことはしないで下さい。

オールスターの欠点とその改善方法をこれからまとめていきますので、ぜひご覧くださいね♪

コンバースオールスターは最強のアイテムだけど…


どんなコーディネートにも違和感なくハマるオールスターですが、やはりどうしても苦手という方もいるでしょう。

このデザインが大好きという人もいれば、なんか嫌い、ダサい、受け付けないという人もいて当然です。

そして、カジュアルに履けるスニーカーとしては致命的な欠点もあるのです…。

脱ぎ履きがめんどくさい

まず、ハイカットのスニーカー全般に言えることですが、スッと履けない、スッと脱げない、という点がめんどくさい要素になってしまいます。

もちろん、紐で足首まで縛れるからちゃんと固定されて「バッシュ」として成立していたのですが、普段使いとしてはなかなか面倒です。

手を使わず脱ぎ履き出来ないという理由だけでオールスターを履かないという人もいるのではないでしょうか。

紐をゴムタイプのものに替えて履いている人がいますが、それもアイデアですね。

足にとっては紐で調節してちゃんと縛れるというのは良いことなんですけどね…。

寿命が短い

コンバースオールスターはヘタリが早いと思うんです。

もちろん扱い方や使用頻度によりますが、だいたいが薄くて足に馴染む素材でできているし、変な凹凸やゴツさがないのが特徴でもあります。

ソールのゴムも割と早くヒビ割れてきたりしませんか?

まあ高級品ではないし、買いやすい価格なので、何足かを同時にストックしておいて履き回すという方法をとればそれなりに長く楽しめますが、どちらかというと修理やケアを怠らず長く履く靴というより履きつぶしてどんどん新しく買い替える靴という考え方の方がしっくりくるのかなと思います。

小学校の上履きシューズみたいな感覚ですかね。

雨に弱い

もともと屋内用の、いわば上履きみたいな使われ方をする靴だといえるものですから、当然雨になんて対応してくれません。

濡れますねー。ハイカットで足はしっかり覆ってくれてますが、素材は布ですからよく濡れます。

ソールも極薄侵水率高めですね。ソールのゴムもよくひび割れするのでそこからも浸水し放題…。

前面も紐ですから隙間だらけです。水が入りたい放題

雨が降りそうな時は要注意ですね。

生地がレザーのものやゴアテックス素材のものがありますので、そちらは雨対応バッチリですね。

足の疲れがハンパない

どんなシーンにも合うからついつい今日もオールスター明日も明後日もオールスター、なんてことによくなります。

そしてそんな日が続くと、「あれ?なんか足首が痛いなぁ」「ちょっと足裏とふくらはぎが張ってる?」なんて事ありませんか?

そう、オールスターはとにかく足に優しくないスニーカーなんです。

バッシュだったのに?って思いますよね。昔はこれでもハイテクスニーカーとして一世を風靡した存在だったのでしょうけれど、その後からいろんな高機能スポーツシューズが登場してきて、オールスターはスポーツ界からその影を潜めることになっていきます。

バスケットに限らずサッカーや野球のシューズに関しても、昔からするとすさまじい進化を遂げていますから、別にオールスターがダメ靴だったわけじゃないですよね。

むしろ、後出の新しいシューズに取って代わられたという現実があったにも関わらず、今現在でもまだファッションという新たな分野で第一線に君臨し続けるって異常事態と言っても良いくらいだと思います。

ジャックパーセルのシリーズはその形状とインソールに特徴があり、多少は歩きやすいかな。

また、インソールに新たな息吹を吹き込んだ商品もあるみたいですね。

コンバースオールスターは【スーパーフィート】で最強に!


私も昔はいろいろ無理してオールスターを履いていました。

コーディネートした服で出かけようと玄関に行けば、やっぱりオールスターが一番しっくりくるんですよね。

今日は雨降りそうやな…、今日は結構歩くよな…、今日は家にお邪魔するから脱ぎ履きするよな…、そんなことが頭をよぎったとしてもやっぱりついついオールスター。

で、帰ってきてからどっと疲れた足を実感し、しばらくはオールスターやめとこ。

やめれないんですね、これが。

雨濡れや脱ぎ履きのめんどくささは、まあめんどくさいってだけでなんとかしようがあるけどしてないだけですよね。ここは自分のさじ加減で対策が出来るはずです。

でもソールの薄さゆえの「足の疲れ」、これはどうしましょう?

答えは簡単!「インソールを入れる」です。

【スーパーフィート】って何?

インソールも今はいろんなものが出ていますね。

100均のものだってそれなりに効果はあるかもしれません。

私が実際に使って良かったのは、アメリカ生まれの「スーパーフィート」です。

これはもう歴史から理念から相当すごい会社なんですが、私が知ったのは「モンベル」で登山用の結構ゴツい靴を買った時に、スタッフの方に勧められたのがきっかけです。

その時の履き心地といったら、板場フカフカの絨毯並みの差があったと思います。

スーパーフィートの理念は、

足病医学におけるバイオメカニクス理論に基づいたファーストクラスの商品手頃な価格で世にリリースし、多くの人の役に立つこと

創設者が行なっていた、肢端切断者用のスキーブーツ専用オーダーメイドインソールの制作という経験と知識が、スーパーフィート創設という大きな一歩を生み出したのです。

1970年代創設という、インソールなんて誰も知らなかった時代に動き出したスーパーフィートは、まずスタッフの教育に力を入れます。

販売店スタッフに正しい足の理解から商品理解知識を習得してもらうことが何より大切な活動だった

特にその熱意が強かった一人のスタッフが、知識を提供する場を公に設けたことをきっかけに「スーパーフィートユニバーシティ」なる、正式なセミナーが開催されるようになりました。

このように、いかに商品理解が大事で、その土台を基に営業していくことが重要かということが多くのスタッフに伝承されていき、世界各国からようやく日本にもその商品が上陸していきます。

医療分野から始まり、スキー、スポーツ、健康分野開拓にまで奔走していき、ようやく1993年既製品のインソールがシリーズ化され販売開始となります。

オールスターと同じくらいの価格

理念通りですね。

足病医学に基づいたアメリカ国内外で40件以上もの特許を取得しているこのインソールが、5000円前後で買えるのは、高いか安いか?

オールスターがもう一足買えるって?

ええ、そうですね。でもオールスターが何足ヘタれても【スーパーフィート】そうそうヘタれません。

そして、確実にオールスターを格上げしてくれるのがこの【スーパーフィート】なんです。

その価値は無限大!

市場には本当にたくさんの良質なインソールが増えましたね。体の全体重を支える足裏に対して多くの人が関心を寄せている証拠です。

そして、ここが快適になることの幸福度もみなさん気づき始めたんでしょうね。

この【スーパーフィート】、費用対効果、いわゆるコスパでは圧勝ではないかと思います。

創設者がカリフォルニア大学の足病医学部出身という点においても、かなり信頼できるのではないでしょうか。

【スーパーフィート】は足元を安定させ、歩行や運動時に「足」本来の機能が発揮できるようにサポートし、シューズ自体の履き心地を改善してくれるという、もう私達の足にはなくてはならない「女房」並みの価値を持つ優れたインソールなのです!

もはや、インソールではなく「足」の一部です。

いくらでも歩きたくなる!

人は地面に接地するとき、足に体重の3〜5倍の衝撃が加わります。

その衝撃を何千、何万歩と受け止めて歩くのですから、やはり靴のソールって大事ですよね。

【スーパーフィート】は、主に後足部の機能をサポートしてくれます。このことがかなり足を安定させてくれるのですが、それはなぜかというと、人は立っているとき、歩いている時、走っている時の、足や下半身の動きをつくる起点となる関節がかかと周り(後足部)にあるからです。

↓↓↓ちょっと汚い【スーパーフィート】を見本にしますが…、

かかとの脂肪層を包み込み、足本来の衝撃吸収機能を最大限に引き出し、

アーチではなく、内くるぶしの下あたりにサポート感があることが特徴で、

硬質スタビライザーと、

高密度フォームで作られたトップシートが足骨格の不要なねじれを補正し、安定した足の機能を導き出します。

アーチを意識したインソールは結構多くて、そのおかげで履いた瞬間などはしっくりくるような感覚がありますが、やはり足を長時間支えたり歩いたりするには、後足部をいかにサポートしてくれるかが重要だと思います。

私がいくら歩いても疲れにくいのは、本当にこの【スーパーフィート】のおかげです。

まとめ


【スーパーフィート】と出会って、本当に快適な足環境が大事だと気付きました。

ヒールの靴も履かなくなったし、【スーパーフィート】なしではもう靴は履きたくないというほどに愛してしまっています。

足病医学が基となっているので、足の様々なトラブルにも対応していて、真剣にお悩みの方もこの【スーパーフィート】を一度試して頂きたいと強く思います。

扁平足、外反母趾、アキレス腱炎、足指の痺れ、ひざ・すね・ふくらはぎの痛みなどなど少しでも思い当たる点があればインソールを変えて歩くだけでも効果は得られると思いますよ。

私のこのボロのスーパーフィートはかれこれ7年は使っていますね。いい加減新調した方が良さそうですが、一応現役で使えています。

オールスターのみならず、あらゆるスニーカーにはもちろん、オシャレ靴にも入れて使っています。

スーパーフィートを使うと決めたら、靴のサイズはハーフサイズorワンサイズアップで選んでくださいね♪

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。





シェアする

フォローする