小豆で作るカイロ・アイマスクの遠赤外線効果が体に沁みて気持ちいい




目元って年齢が出ますよね。

しわ、しみ、たるみ、黒ずみ、充血、、、

などなど、アラフォーにはグッサグッサくるワードが目白押しです、スーです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

ブログを書くようになって、ますます目の疲れを感じるようになりました。

コンタクトレンズを長年愛用しているせいもあって、

慢性的なドライアイ、

毎日のようにアイライン、

毎日のスマホでライン、

夜更かしは基本的にしませんが、朝が早すぎる、

良くない習慣もなかなかやめられずにおります。

ここは何か手立てを、と思い、随分前から気になっていて、

実際作って使用している友達が教えてくれたので、

小豆アイマスク

を作ってみることにしました。

目の疲れには温熱効果


パソコンやスマホを見すぎたり、目が乾燥したなと感じた時、

どちらかというと、目の周りを温めたくなりませんか?

私はよく目の周辺をモミモミしたり、

肩や首を回したり、思いっきり目を閉じたり開けたりの運動をしたりします。

この行為も要は血流を良くして、固まった筋肉をほぐしていますよね。

じんわりとコリをほぐしてリセットしたいという本能だと思うんです。

医学的にも温め効果の成果が

目を温めると、まつげの生え際にあるマイボーム腺という皮脂腺に詰まっている油分が溶けて、涙の蒸発を防ぐとなって、ドライアイを防いでくれます。

この皮脂腺に詰まった脂は、体温(36~37度)以上の温度で、10分以上温めないと、溶け出てきません。

ということは、

体温以上の温度で、

その温かさが10分以上持続し、

目の周辺全体を覆ってくれる何か、

で毎日ケアできればバッチリですね!

小豆の水分量と温熱効果

小豆は水分を大変多く含む植物なんです。

他の豆類や穀物と比較してもトップクラスです。

小豆を70〜80度に温めると、小豆に含まれる水分が、

天然蒸気となって大量に出てきます。

この天然蒸気は乾熱(水気のない乾いた熱)ではなく、

蒸気を含んだ、湿熱です。

一般的なカイロや湯たんぽは乾熱で、肌表面は温めることができますが、

その熱が体の芯部まで到達しないと言われています。

それに比べて湿熱は、体の芯までじんわりと温めてくれる

遠赤外線効果があり、しかもその熱を20分近く持続して保てる耐熱効果もあります。

小豆を使うことにここまでの理由があったとは!

エコで優しい使い捨てないカイロ


日本では使い捨てカイロの方がメジャーで、わざわざ作ってカイロを持ち歩いている人は、

私は見たことがありません。

これが海外へ行くと、逆転して、使い捨てカイロがあまりポピュラーではないそうです。

スポーツ選手や運動を習慣にしている人が、体の疲れを取るリラクゼーションケアとして、

ヒーティング・パッドという名前でそれに似た温熱装備を使用しているとか。

確かに、作ってしまえばこれ以上のエコはないかもしれないですね。

作ればお財布に優しい

私は、実質小豆代しかかかっていません。

肌に優しい、電子レンジにかけても大丈夫な布を袋状に縫い合わせて、

小豆を入れてから、袋を閉じる。

以上!

子供が着れなくなった服で、イラストが可愛くてどうしても捨てられなかった、

思い入れのあった布キレを思い切って使いました。

自分の癒しグッズにするにはモッテコイでしょ。

心まで癒されます。

お裁縫が苦手な方は、きれいに洗った靴下に小豆を入れて結ぶ!

または、ハンカチや風呂敷に小豆を包んで結ぶ!

小さな巾着袋に小豆を入れる、

などなど、いくつかの注意点を守れば、今すぐにでも始められますよ。

☆注意点☆

  • 電子レンジを使用する場合、化繊の布や金属のパーツは厳禁
  • 小豆は濡れるとカビの原因になるので、汚れが気になるならカバー布を用意する
  • 小豆を入れすぎると、重さで余計な圧がかかってしまい、逆にストレスの原因に

一つで何役もこなしてくれる万能エコカイロ

もちろん、この小豆効果は目の疲れだけじゃなく、いろんな疲れをほぐしてくれます。

  • 目を温めると目がぱっちり開くようになるので、美容効果も!
  • 首や肩の凝りに、じんわりあっためてくれるので、血流が良くなって気持ちいいです
  • お腹に当てて、冷え防止効果生理痛も和らぎます
  • 鼠蹊部に当てて、大事なリンパと血流が良くなり、足のむくみも解消
  • 足裏に当てて、1日の疲れをフーッと取り除きましょう
  • 小豆蒸気のほのかな香りがリラックス効果に

程良い温かさを持続する耐熱性だけじゃなく、熱を取り除く吸熱性という性質もある小豆。

この性質を利用して、火照ったところを冷ますクールパッドとしても利用できます。

実際、目の疲れには温熱療法が効きますが、目の炎症やかゆみ、充血は温めると逆効果です。

まずは緩みすぎた血管を収縮させるために、冷やさなければなりません。

そこで、常温のアイマスクを当ててみてください。

ひんやりとした豆粒の感覚が気持ち良く、

帯びていた熱がおさまってくるのがわかると思います。

これは発熱時のおでこや脇、炎症患部の手当てにも利用できそうですね。

ゴミゼロで地球にも優しい

使い捨てないので、もちろんゴミは出ないです。

温めるための労力は必要ですが、それも何かのついでにやっちゃえば楽ですよね。

ただ、やはり豆も有機物、限度があります。

一度温めて使用すれば、小豆の水分量が減少しています。

続けての使用はNGです。

豆が破裂する恐れがあるので、最低でも4時間以上空けてから使用してください。

減った水分は時間とともに戻るので繰り返し何度も使えますが、

だんだんと戻りが悪くなってきます。水分が減少して戻らなくなってくると、

割れやすくなってきたり、温まりにくくなります。

触ってみて割れが多くなっていたり、加熱するのに時間がかかるようになってきたら、

そろそろ寿命のサインかもしれません。

そうなれば潔く捨てて、リニューアルしましょう!

私なりの工夫


こんなに体にも地球にもお財布にも優しいカイロ・アイマスクですが、

ひとつ気になることがありました。

「電子レンジでチン」して温めるということです。

おそらく、口に入れるわけでもなく、直接体内に摂取するわけでもないので、

あまり気にしなくていいとは思います。

ですが、このレンジであっためるという行為、

電磁波発生してますよね?確実に。

そして、蒸気を目に当てるんですよね?

私は気になりました。

なので、もともと我が家は電子レンジを使えない状態にしているので、

そのまま、使わないと決めました。

冒頭の写真見て、「あれ?金物パーツあるじゃん?」

て思いませんでした?

あれはあえてのパーツです。

そうしておけば、ちょっと気が緩んで、

レンジでやっちゃおうかなぁ….って思ってもできないですもんね。

じゃ、どうやって温めよう・・・

小豆は蒸すに限る

蒸してます!

ヤカンでお湯を沸かすついでに、

蓋を開けてちょうどハマるくらいの耐熱の器にカイロを入れて蒸します。

蒸気でさらに保水力アップかも〜。

他にも、

  • こたつに入れとく
  • ビニール袋にいれてからお湯(お風呂でも)に浸けておく
  • 湯たんぽの上に置いておく

などなど、工夫とアイデアで、グレーゾーンを回避しましょう。

2パターン可能な形状に作成

私は、少し横幅長めの形で作成しました。

そのままの長さで、首・肩などのボディ用カイロ、

半分に折って、アイマスクに。

という使い方で、今のところ大活躍です。

アイマスクは、真ん中に仕切りの意味で縫い目をつけるという方法もありますが、

それをしてしまうと応用が効きにくくなるのでご注意を。

まとめ


パソコンやテレビを見る機会が減った反面、

縮こまった姿勢で何時間もスマホゲームをしたり、

夜寝る前に、スマホでラインやSNSのチェックをしてやめられなくなったり、

現代人にとって、欠かせないアイテムになってしまったスマホ。

ブルーライトの害はそんなでもない、という風潮になりつつありますが、

今のあなたの目はどんな状態でしょう。

体はちゃんと教えてくれますよ。

もし目が疲れている状態で、辛いなと思ったなら、

小豆アイマスク、試してみてください!

その疲れ目がリセットされるかもしれません。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。