スギナ の効能【ケイ素】がすごい!自分で摘んでスギナ茶を作ろう!

からだの事

といえば、植物や動物がどんどん成長してくる時季ですね。

緑が増え、花が咲き、虫の声が聞こえ、風があたたかい、そんながやってきました。

同時に、女たちはそわそわしませんか?

山菜を採らないと!

野草を摘まないと!

ハーブを植えないと!

外でやることが一気に増えて大変です、スーです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

春も秋もあっという間に終わってしまう新潟、毎年は特に慌ただしく過ぎていくように感じます。

去年初めて摘んだ『スギナ』も、気づいたときがすでに春も終わろうとしていた時季だったので、ごく少量のスギナしか確保できず、毎日すぎな茶を飲むという贅沢にはありつけませんでした。

しかし、飲んでみたら意外と美味しかったので、今年はもっとたくさん摘んできました!

 

スポンサーリンク

スギナの【ケイ素】

去年初めてそのすごさを知った「スギナ」ですが、やはりあまりメディアなんかでは流れませんね。

【スギナの秘めすぎた効能】雑草という仮面の下はこんなにすごかった!
つくしはよく取って食べますが、スギナは全くのノーマークでした、スーです。 本日もお越しいただきありがとうございます。 ヨモギやつくしが、雑草扱いなのにすごい効能を持っていることは、なんとなくわかっていましたが、【スギナ】...

簡単でしかもタダ、それが体に効くことはあまり知られたくないのかもしれませんね。

まぁ、知ったとしても摘みにいこかってなる人も少ないでしょうけれど・・・。

今回は【ケイ素】という成分を中心にまとめてみたいと思います。

ケイ素とは?

ケイ素とは人体に必要なミネラル成分のひとつです。

そして、人体で生成することができません

さらに30〜40代になると半減してしまうのです。

爪、皮膚、血管、毛髪、骨といったあらゆる老化現象に関わるものを形成してくれているので、できるだけ不足することなく摂取したい成分ですね。

とはいえ、毎日せっせとケイ素、ケイ素と不自然なサプリメントなどを摂取しなくても、日本の伝統的な食事でほとんどは補えているといいます。

ケイ素を摂るには?

そんな体にとって重要な成分ですが、日本の伝統食で賄えているというのはどういうことでしょう?

⒈ ケイ素含有量ダントツトップは【キビ】

食物繊維が豊富なものにはケイ素も豊富

土壌や海水中に多く含まれている

番茶やほうじ茶にまで!

いかがですか?

日本食はケイ素摂取に何の心配もなさそうですよね。

しかし、実はそうでもないんですって。

昔々の大昔のように、まだまだ大地や海が農薬や工業廃水で汚れていなかったとき、それはケイ素が豊富だったことでしょう。

今はどうでしょうね。海藻や穀物にも含まれてはいますが、きっとその量も質も下がっていると考えるのが妥当かもしれません。

さらに、キビや海藻類、お茶などを毎日食事に取り入れているでしょうか?

なかなか日常的には難しいところがあるのが現代人ですよね。

今ではすっかりスルー

スギナ茶こそ、健康食品として有名ですが、雑草のスギナは相変わらず厄介者扱いですかね。

雑草とともに畑仕事をしていた時代には、おそらくその時代に生きた人の感覚で、スギナもヨモギやドクダミと同様に薬草として扱われていたことでしょう。

実際に、いろんな文献であらゆる疾患の治療に使われていたという記述も少なくありません。

また、スギナには3〜16ものケイ素が含まれています。

もちろんケイ素だけではなく、各種ミネラルもたくさん含んでいるからすごいのです。

自分の体内でカルシウム原子を作ることまでできるのですから、やっぱりすごいのです。

 

スポンサーリンク

手軽にスギナの効能を

私たちの普段の食事で、満足する量のケイ素などのミネラルを摂取できていないのであれば、サプリメントなどで手軽に補えばいいという方もいると思います。

実際に欧米でそういった習慣がすでに定着しつつあるようですね。

やはり、知っている人は知っているのです。

しかし、そこは野山の豊富な日本です。

摘みましょ、スギナ

スギナを摘んで

都会の緑が少ないところに住んでいる方も、たまには少し遠出して近くの里山まで出かけてみませんか?

スギナは山菜などと違い、すぐに見つけられる簡単な草です。

つくしと一緒に生えているか、つくしの後に生えるのであたり一面スギナ、というところも少なくないでしょう。

できるだけ排気ガス農薬ワンちゃんの排泄物の影響のないような場所で採取して下さいね。

私も3女との散歩時に、娘を巻き込んでせっせと採りました。

歩きだったので袋にいっぱい採って終わりましたが、それでも全然少ないですね。

スギナをよーく乾かして

採ってきたスギナは、日光に当ててよーく乾かしましょう

数日でカラカラになり、すぐに水分が飛ぶので、干してるそばから風で飛んでしまいそうになるので要注意です。

平置きで広げるだけで簡単に乾くので、なんの手間もいりませんよ。

干す前にきれいに洗ってもいいし、そのままでもいいと思います。

特に自然豊かな野山で採れたものなら、洗う方がもったいないような気もしますね。

スギナ茶にして飲みましょう

カラカラに乾いたスギナを、お茶にして飲みましょう♪

私は乾いたスギナを少し取って、瓶に入れ焼酎漬けにしました。

これは2ヶ月もすれば、抗炎症剤として色々と使えるようですよ。

あとはちびっこがチョキチョキとハサミでいい具合にカットしてくれましたー。

去年はこれをフードプロセッサーで細かくしたのですが、我が家のフープロでは粉状までいかず中途半端に細かくなったのです・・・。

これは、煮出すときについそのまま茶碗に入ってしまうことが多々あったので、どうせ粉にならないならある程度の大きさにカットするだけでいいかなと思いました。

あまり加熱しすぎるとせっかくの成分が変形してしまうこともあるそうなので、できれば熱湯を注いで普通のお茶のように頂くか、煮出すにしても短時間で火を止めるという方法が良さそうです。

 

スポンサーリンク

まとめ

地球が与えてくれる宝にもっと目を向けてみると、それがそのままあなたの健康につながるという単純な仕組みになっていることに気づくかもしれませんね。

最近では「つくしって食べられるの?」なんていう人をよく見かけますが、その辺の空き地に一面生えているつくし、今年も誰にも採られることなくその命を静かに閉じていったのかもしれませんね。

せめて、お庭に生えたつくしやスギナ、よもぎなどはその主人の口に入ることが一番の効能のような気がします。

きっと、毎日の主人を陰で見ている植物は、必要な成分を自分の体内いっぱいにためて、あなたに採ってもらうことだけを夢見ていると思います。

やはり、緑の生命力って私たちの想像をはるかに超えたものなのかもしれませんね。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 



 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました