【無印頑丈ボックス】に細々したキャンプ用品を何でもホイホイ収納!




キャンプは楽しいけど、キャンプに出かけるたびにいろいろと課題が出てきますね、スーです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

特に、キャンプ用品に魅了されてしまうキャンパー達は、調べれば調べるほど、あれも欲しいこれも欲しいと、物欲が雪崩のように押し寄せてきませんか?

その物欲の雪崩を食い止めるには何かを買わなければなりません。

そして物は増えるばかり…。

機能性が備わっていながらデザインもイカしたものが多いキャンプ用品、そのスペックの高さに惚れてしまうのかもしれませんね。

厳選に厳選を重ねているとは思いますが、びっくりするくらいポチポチと軽やかにキャンプ用品を買っている旦那よ…。

どこまでいっても雪崩はおさまらないんでしょうね。

我が家も、この夏に行った【滋賀キャンプ】リアカー3往復して荷物を運んだという苦い体験から、これは何とかスマートにしないとダメだと本気で考えました。

夏休みの関西帰省は、我が家のキャンプのメインステージです。 今年は滋賀県で連泊することにしました、スーです。 本日もお越...

細々したキャンプ用品をどうする?


キャンプといったら、ど素人時代の私のイメージでは、

「テント」

「寝袋」

「焚き火」

「ランタンの灯り」

「カレー作り」

「朝はベーコンエッグ?」

くらいのもんでした。

それが実際に始めてみると、

「もう家やん!」

と思われてもおかしくないくらい日常に近い、家のものに囲まれた空間に仕上がっています。

もちろん、アウトドアならではの素材や機能性を重視しなければならないアイテムもたくさんあって、家のもの以外のものも多いですが、それらはほとんどがそれ自体で一つの塊になるような大きな荷物です。

車に積むにしても、現地で広げるにしても、なんとか効率良く少ない動きで成し遂げたいところです。それには、大物以外の細かいものたちをいかにうまく収納するかにかかっています。

まとめられるものはまとめましょ。

キッチン周り

とにかく細かいものの宝庫ですね、調理用品

我が家はアウトドア用の重ねられる鍋を持ち合わせていないので、その都度家用のいろんな鍋を出かける直前にポイっと適当に投げていました。

走行中に鍋のフタがカタカタと鳴り続けていたことも…。

そんな適当に投げていたものたちをどうにかしないといけませんね。

現地ではラックやテーブルを設置して「青空キッチン」を作るので、どうせ全部広げます。特に分類する必要もなく、同じ場所で使うものたちをホイホイ大きなボックスに入れましょう。

日用雑貨や消耗品

ラップやアルミホイル、予備の割り箸やお手拭き、ティッシュやキッチンペーパー、布巾、スポンジ、ゴム手袋、ナイロン袋、洗剤、などなど。

意外と見落としがちな消耗品や雑貨類はこまめにチェックして、切らさないようにしましょう。

そのためにも1つにまとめておいたら楽ですね。

これらもキッチンで使うものばかりです。一緒のボックスにホイホイ入れときましょ。

その他分類できない小物

我が家の照明は、大きなランタンが2つあって、それらはすぐ使えるように旦那がまとめてくれています。

それプラス、キッチン設営の際、日が落ちる前にすぐ灯りを点けられるようにしたいので、小さいライトが2つあります。それらもキッチン用品と一緒にできますね。

その他に、ゴミ袋かけ、ハンガー、花火、蚊取り線香、新聞紙、雑巾、など。これらは調味料なんかと一緒にするのが憚れるので、別にもう1つボックスを用意したほうがいいですね。

私は、上記2つの項目を【キッチン】、その他を【アウトドア】とタイトル分けしました。

無印良品の頑丈ボックスにホイホイ


さあ、【キッチン】【アウトドア】、何に入れていきましょ?

ホームセンターなどに売っている収納ケース?コンテナ?

細々したキャンプ用品収納アイテム最強説!それは・・・

【無印良品・ポリプロピレン頑丈ボックス】です!

無印の頑丈ボックスはデザインがいい

まず、衣装ケースやらカラーコンテナやらは、見た目が”いかにも”ではないですか?

いかにもゴチャゴチャ入れてます、いかにもアウトドア用品入れてます、いかにも雑に扱ってます。

そのワイルドさも悪くないかもしれませんが、ゴチャッとしたものほど、キレイに収めたいところ。

その点、この無印の頑丈ボックスは色も抑えめのグレーで、余計なものがないシンプルな作りです。

取っ手部分も非常にシンプル!子供でも高齢の方も簡単に開け閉めできる優れたデザインだと思います。

ステッカーを貼れば自分らしくカスタムできるし、飽きませんね。

無印の頑丈ボックスは飲み込みがいい

このボックスにはサイズ展開が3つあります。

小、大、特大高さと奥行きは全て同じ37cm高39cm行きです。

幅がそれぞれ、40.5cm、60.5cm、78cmです。サイズ違いでも並べやすいですね。

車に搭載すること、2つ3つと増やすことを想定したらおそらく【大】がベストですね。

うちも【大】2つです。

これに先ほど述べた【キッチン】【アウトドア】が全て入ります。

フタの裏には格子の補強があり空間ができます、なので少しくらい箱から頭が出ても収まる余裕があります。

深さもあるので、きちんと「テトリス」していけばうちのボックスにももう少したくさん入るかもしれません。

無印の頑丈ボックスはタフ

その名の通り、本当に『頑丈』です。

耐荷重100kgですから!

製品企画の段階で、この『頑丈』を商品名にどうしても入れたいとごり押しした人が、いたとかいないとか…。

まず、大人が座ってもビクともしません。それは先ほど述べた、フタの裏にある頑丈な補強のおかげですね。

積み重ねてももちろん平気です。そして、重ねやすいです。

これだけ頑丈なのに、箱自体は軽いのでその点も非常に助かりますよね。

『涼しい顔して案外タフ』シビれます。

無印の頑丈ボックスはお手頃価格

こちら、多分コンテナやボックスの中で最もコスパがいいのではないでしょうか。

小は1280円、大は1790円、特大は2590円!!

いかがですか?ちょっと嬉しいお値段ですよね。

ただでさえキャンプギアはお金がかかるものが多い中、これだけの飲み込みでこのお値段はお得です。

丈夫で長持ちする点を考えると安すぎるくらいかもしれませんね。

ただし、ネットや店舗でも在庫切れのことが多いので、待つのを覚悟の上で購入を検討してくださいね。

(もしくは少し高くなりますが、上記ボタンをポチッと)

まとめ


無印良品の頑丈ボックス。いかがでしたでしょうか?

キャンパー達の間ではもはや「常識」といっても過言ではないかもしれません。

うちもこれを買ってよかったし、キャンプ用品としてだけでなく家用にも欲しいくらいです。

とにかく荷物をまとめる、ということを重視して、増える一方のキャンプ用品をキレイに収納していきたいところです。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。





シェアする

フォローする