【納豆水に浸けた解凍イクラのその後】約1ヶ月が経ちましたが実食!

塩漬けされた冷凍イクラ、冷凍庫から出しておひな祭りに頂きましたが、たくさん余ったので冷蔵庫で保存しています。

納豆水に浸けてね。スーです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

覚えていらっしゃいますか?この記事↓↓↓を。

納豆菌は有害菌を除去してくれる!?納豆水が防腐剤になるか実験開始
納豆菌の殺菌作用・防腐効果はいかほどなのでしょうか?納豆菌のねばねば成分で水質浄化剤を作った日本ポリグルさんの開発商品もすごいと思いますが、私たちの日常生活レベルでその効果を実感できればそれもまたすごいと思いませんか?いくらを使ってやってみました!

あれからもずっと冷蔵庫に保存していましたよ。

納豆水に浸けたものは4週間、そのまま瓶に入れたものは3週間が経ちました。

さて、あのオレンジに輝く美味しいつぶつぶは一体どうなったでしょう!?

スポンサーリンク

『納豆水いくら』の見た目は?

まずはわかりやすい見た目から、レポートしてみましょう。

おそるおそるフタを開けますよ。

そのまま保存した方

こんな感じです。

粒が潰れているものがありますね。これは2週間前にはなかったです。

さらに、もともと糸を引きやすい食品ではありますが、糸、引きまくってます…

逆に納豆のような現象です…。

納豆水に浸けた方

こんな感じです。

つぶつぶがほぼまんま

そのまんまきれいに粒が揃っています

むしろプリッとハリが出ているようにも見えます。実際2週間前にちょっと食べたときはすごい弾力でした。

糸は、全然ないです。

4週間前と何が違うかちょっとわからないくらい、変化なしの様相です。

スポンサーリンク

『納豆水いくら』の匂いは?

次に、腐敗と発酵を見極める第一段階である「匂い」ですね。

塩漬けということもあって、そこまで悪くはならないでしょうけれど、3〜4週間冷蔵で生物を保存している事実は事実ですからね。

そのまま保存した方

2週間前には臭くなかったイクラでしたが、・・・。

やや生臭い・・・。

腐ったような匂いまではいかないですが、確実にそっちへ向かっている匂いでした。

あの糸も・・・ね。

納豆水に浸けた方

そのままの方は納豆水に浸けたものより1週間短いのですが、それでも変化していましたね。

納豆水に浸けた方、どうかな・・・。

!!

全く匂いがない!!

いや、ないわけないか、全く変化していない!です。

これは歴然と差が出ました。自分でもびっくりしました。

1週間や2週間経過時点で納豆臭も生臭さもなかったですが、それをそのまま4週間にわたって保っているのですよ。

リアルに驚きました。

スポンサーリンク

『納豆水いくら』の味は?

はい、きました。

実験ですから、実食しないとね。

死なないという保証はどこにもありませんが、逆に私の人間としての生命力のスペックを試されるところです。

「食べてもいい」とゴーサインを出すか否か!?

はい、出しますよ、ゴーゴー!

そのまま保存した方

この糸引きイクラ・・・、勇気を出して食べてみます!

全てがドロドロに溶けているわけではないので、まだいけるでしょう。

パクリ。

うーん。そこまでひどくはないですね。塩が効いている生臭いイクラという感じです。

臭みはしっかり残っています…。口に入れたらふわっと広がる臭み…。まるでくさや…。

そして口の中がベトっとします…。

美味しくはないですね。

納豆水に浸けた方

これは安心して口に運べそうですね。

プルプルです。

パクリ。

ん〜美味しい!

なんかフルーティーですよ!臭いものの後だからか、すっごくフレッシュな感じがします。

納豆水と混ざったためかやや塩気が弱くなっていましたが、十分あてになる旨さです。

ちょっと醤油をつけて、そしらぬ顔で食卓に出しました。

はい、即完売!

スポンサーリンク

まとめ

生の魚介類、しかも一旦冷凍して解凍したものを1ヶ月冷蔵保存して、それを食べる。

なかなかハイレベルな実験でしたね。

しかし、やってよかったです。これでもう納豆菌を信じるしかなくなりました

ここまではっきりと違いを見ることができて、本当に実感として「大丈夫」と太鼓判を押せます。

ちょっとそのまま冷蔵保存するのが不安なときは、ぜひ納豆水につけてみてください。

【納豆水】これで正解なのか!?作り方から飲むまでを完全レポート!
今回の発酵チャレンジ、さすがの菌生活ベテラン3人娘たちも、怪訝そうに遠目で見ているだけです。納豆は大好きなのにね。納豆水を見ただけでアウトーでした。これを飲んでいる私を見た娘が言った一言、「ママ、ほんまにすごいな・・・」この心から呆れられた一言でした。
納豆加熱方式の納豆水にチャレンジ!明らかに違うこの濃さは一体何?
非加熱の納豆水を仕込んでみて、意外に臭いも気にならず数回続ければあまり抵抗もなくなってきました。今回は納豆水に慣れてきたということで、第2弾の仕込みに入ります。納豆を煮ていくやり方です。こちらの方が、雑菌を元から断つことができそうですね。

見た目も風味もキープしたまま予想以上に長期保存できることでしょう。

ただし、食材の状態や環境によって菌活の程度は違いますので、くれぐれも自己責任でよろしくお願いします。

そして、万が一のことを考えて、実食するときは前もって納豆を食べておくといいのではないでしょうか♪

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。


タイトルとURLをコピーしました