啓蟄にひらいた、そして10日たつ




啓蟄(けいちつ)という言葉を知っていますか?

カレンダーにはたまに載っていますね。いやほとんど載っているのかな。私が意識し出したのが最近なだけで、結構メジャーな二十四節気のうちの一つですものね。

何年か前に友達のブログに登場したのを見て知って以来、いい言葉だな〜と思ってどこかで使いたかったんです。
ブログを始めるなんて1年前には考えてもいなかったんですが、

7歳5歳2歳の個性ギラギラ三姉妹、
4年以上培養し続けている乳酸菌、
今年の大雪と子供達のインフル欠席のせいで引きこもり生活を余儀なくされ、何気に再開した酵母さんたち、

彼女たちとの我が家なりの共生&活用方法などを発信していけば、誰かがちょっと助かる、誰かの生活がちょっと向上するかもしれないよ…と、(仏様のようで仏様ではない)旦那に言われて、気づけば啓蟄の日にWord Pressのブログ開設完了!こうなっておりました。

気づけばと言いましたが、開設日は啓蟄の日に照準を合わせておりました。だって使いたかったんですもの。こういう風に。

土の中からもごもごと顔を出してくる、植物や虫たち。
長い冬の間じーっと春を待っているもの、
蓄えておいたいろんな物をちまちまと費やして楽しい冬生活を送るもの、
長い引きこもりの時期だからこそ、身の回りのものを使って有益なものを作る作業に没頭するもの、

あなたはどのタイプですか?
私は全部あるなーと思いました。

年明けに、思いも寄らない病気になり家族に多大な迷惑と心配をかけた経験から、日常を見直すきっかけとなりました。

何かを変えたい、
何かを生み出す事を生活のベースにおきたい、
でも、このゆるっと子供たちや旦那と過ごしていく日々は変えたくない、

そんなことは今までも何回、何百回、自問自答したかわかりません。
答えを出すべき期限もなければ、答えを教えてくれる人もいません。全ては自分の中にあるものですものね。
だから超簡単に流せるんです。

まーまー、明日また考えよ、
子供らも楽しそうにしてるし、まーえーか、
一応毎日美味しいもの食べたり、快適な場所で寝起きができてるし、なんか不満あったっけ?

そんなところへ、病気という完全にコントロール不能になった何日間と、ほとけ風情の旦那からの軽いお言葉がふってきたんですねー。
最初は時間がないと思い込んでいて、右耳から左耳に〜…でしたが、時間…ある…な。と気づいてしまったんです。

不思議体験ですよ。
忙しい忙しいと言いながら日々を送っておられる方、時間って探せばいくらでもあるんですよ。

やはりほとけなのかな〜。
ありがたや〜。

おかげさまで、パソコンなんて写真管理と年賀状作成でしか使っていなかったこの私がブログ書いてますから。

これからも、人生いろんなことが予測不能で起こってくると思いますが、うちの日常の中に潜む他の人にとっては有益そうなことを、ブログに綴っていけたらと思っております。
どうぞよろしくお願いします。

3,16,2018 スー