元パン屋店員おすすめ!新潟市で行くべきパン屋はやっぱり【リシェ】

たまに買うなら極上のパンがいいですね。

私が住む新潟市には、おしゃれで美味しくて雰囲気のいいパン屋さんがたくさんあります。

パン屋さんの店員としていろんな土地で働いてきた経験のある私、

単純にパンが好きです。

パンが嫌いな人、います?

そんなパン好きで、パン屋さんの見えざる内情も少しだけ知っている私がおすすめする、新潟市のパン屋さんは?

スポンサーリンク

知らなかった!【リシェ】がこんなに人気だとは!

ひそかに、自分の穴場的パン屋さんだった【リシェ】さん。

めっちゃ有名店になられていてびっくり!某食べるブログサイトによると新潟市で一番人気らしいです。

オープン当時から通っていますが、最初の頃はタイミングが悪かったせいか、あまり品数がない印象が強くあって、そんなにハマってはいませんでした。

我が家から車で20分はかかるところ、そう頻繁に行っていたわけでもありません。

ところが、なんとなく好きなんですね、このお店。

なんなんだろう…。

じっくりパンを味わいたい気分の時、私が選ぶのは【リシェ】さんのパンかもしれないなぁと思います。

新潟市中央区の行きやすい場所

おしゃれでも美味しくても雰囲気が良くても、寄りにくい場所にあるなぁとか、いつ行っても混んでるしなぁ、っていう印象があるお店はあまり足が向かいません。

でも【リシェ】さんはとっても寄りやすいし車停めやすいし混んで入れないってこともないし…。思い立ったら気軽に行けるお店なんです。

休日には混んでると思いますよ、きっと。

新潟駅南口から歩いて15分ほどです。

隣には和菓子屋さんもあります。お向かいにはドラッグストアと100円ショップがあります。

近くにイオンスーパーやTSUTAYAもあります。なんでもありますね。

そんなところに【リシェ】さんはあります。

駐車場は、12台ほど余裕をもって停められるスペースがあるので安心ですね。

看板と母体がユニーク

【パン】て…、そんな大きな字で【パン】て書かれてもねぇ。

というくらい大きく【パン】て書かれていますよ。

出典:食べログ

「新潟市 パン屋 リシェ」の画像検索結果

出典:日清製粉グループ パンポタ

このいびつなクロワッサンの影絵、これいいですよね。ランダムな線がクロワッサンのザクッとした食感を表しているような。

「新潟市 パン屋 リシェ」の画像検索結果

出典:日清製粉グループ パンポタ

全身白の素敵なお店です。

こんな独特な雰囲気のあるパン屋さんですが、実はチェーン展開されているんですね。

しかも、母体となる会社はなんと石油会社なんです。ちょっとびっくりですよね。

石油エネルギー事業を基盤として、様々な関連会社を立ち上げておられる相沢石油グループさんがその母体なんですが、その事業のひとつがなぜかベーカリー事業…。

なんか手放しには驚けない感がありますが、パンを食べればわかると思います。

こちらのお店、美味しいしこだわりの材料だし、ちゃんと手間暇かけて生地を熟成・発酵させてあるはずなのに、他のこだわりパン屋さんに比べて価格がリーズナブルなんです。

その秘密は、この母体の会社チェーン展開という点にあるのかもしれませんね。

いろいろユニークなお店です。看板のセンスにもそれが出ているような…。

旨味が凝縮したお店

旨味って、パンの旨味ってことじゃなく、「パン屋さんという存在」の旨味、「パン屋さんに行く側」にとっての旨味です。

  • お店が街に溶け込んでいる
  • がある
  • 清潔感がある
  • スタッフの方がいい意味でフラット
  • 広過ぎず狭過ぎず
  • お客さんの順路が自然に作られる店内
  • パンの配置も絶妙
  • パンの紹介ポップも好感が持てる
  • 無料コーヒーサービスがある(2杯目50円)
  • 袋持参で10円引き
  • 客層が幅広い

などなど。

どれかひとつでも欠けると、なんとなく「行きたくなるお店」ではなくなるような気がします。

何かがすごく飛び抜けて充実しているわけではないかもしれないけれど、この全てのバランスが私には魅力に思えるのです。

そして出過ぎない店主の存在。

これだけの素敵なパンを作っている人、その正体って見たいようで見たくないのです、私。

パンを作っている人をいろいろ見てきましたが、その人ありきのお店ならまだしも、店長だからと言ってワンマンぶりが目に余る人も多いです。

パンを愛するがゆえのこだわりなのかもしれませんが、一緒に働いている人が気持ちよくないとね。

パンは微生物が作っていますから、感情や思いが反映されないわけないですよね。

パン屋さんって奥が深いのです。

スポンサーリンク

おすすめのパン

では、【リシェ】さんのパンで私が好きなもの、美味しかったものをご紹介したいと思います。

80〜100種類ものパンがあるという【リシェ】さんですが、私が食べたことあるパン、めっちゃ少ないです…。

そして嗜好が偏っていますよ〜。

今はなき?オリーブのパン

ないんです、あの美味しかったオリーブのパンが…。

これは完全にマイベストなんですけど、ないんです。2年前か3年前、大人買いしてしまった記憶のあるオリーブのパン…。

  • あっさり塩味
  • フランスパンよりも軽いロデヴ生地のようなパン
  • リュスティックのような形状
  • 塩漬けオリーブがたっぷり入っている

確か、こんな手軽なパンでした。おつまみにもご飯がわりにもおやつにもなる、オールマイティーのパン。もうなのでしょうか?

兵庫県から遊びに来ていた妹を連れて来店した際、何気無く買ったそのパンに二人してはまり、地元でも売ってないというので兵庫の妹宅へ送った、あのオリーブパン…。

私の記憶も曖昧で自信ないですが、どなたかオリーブのパン情報をお持ちでしたらご一報をお待ちしております。

クロワッサン

View this post on Instagram

ラ ブランジェ リシェさん(@nov1966)がシェアした投稿

お店の顔といっても過言ではないくらい、こちらのクロワッサンは美しい!

そして、全然くどくない。

見た目でまずやられますが、食べた瞬間またやられますね。

我が家の3歳児、自分で選んだ「タマゴサンド」をほっぽり出して、クロワッサンにかじりついて離しませんでした。

子供にとってクロワッサンは食べにくいと思うのですが、めっちゃ美味しそうに食べてましたよ。カスこぼしまくりでしたが…。

大人〜♪

飽きない味で、これに関してはまさにパリっ子さながら「カフェオレ」を飲みたくなりました。そういう構想があるのでしょうか。ベタですけど、クロワッサンとカフェオレね。

お時間が許す方は是非インスタで「ラ ブランジェ リシェ」を検索して下さい。

クロワッサンの芸術がそこにありますから。クロワッサンは美しいです。

それにしても【リシェ】さんのインスタ写真きれいすぎです。プロですね、あのフォトジェニック全部が絵になる。店主さんが撮られているのでしょうか。ますますキャパシティ凄すぎでしょう。

ドーナツ

このドーナツ、ただのドーナツではありませんよ。

ドッキリかと思うくらい噛み切れないんです

生地がフランスパンなんです。

普通の塩味のみのフランスパンを揚げて、グラニュー糖を振っているだけなんです。

1個80円という思わず飛びつきそうな価格ですが、歯の弱い方はやめた方がいいかもしれません。

我が家の2女はグラついている乳歯がやばそうになって、途中で断念しました…。

もちろん3歳児は小刻みに震えながら力を振り絞って食べていました。

しかし、私は大好きな味でした。味というか食べ応え?噛み応え?甘過ぎずいつまでも食べていたくなるドーナツでした。

面白いなぁ。

サンドイッチ類

食パンもバゲットも絶品です。どちらかというとハード系かもしれません。

なので、サンド類はどれも美味しいでしょうね。全部は食べたことないですが、コテコテサンドじゃなく、品があるサンドイッチですね。

調味料などにもこだわりがあるのかもしれません。

View this post on Instagram

ラ ブランジェ リシェさん(@nov1966)がシェアした投稿

じっくりと噛みしめて味わうのがおすすめです。時間がないからサンドイッチで済まそうという方も、少しだけ普段よりもパンの味を確かめながら食べてみられるといいかもしれません。そうしなくても気付いてしまうと思いますが。

View this post on Instagram

ラ ブランジェ リシェさん(@nov1966)がシェアした投稿

スポンサーリンク

まとめ

すべてのパンのレベルが高いのが、おそらく入店後すぐわかると思います。

きっと愚直な店主さんが愛を込めて作っておられるのでしょうね。

どれもこれも素敵で、私と3女は店内を3周くらい徘徊しました。お店の方ならびにご来店中のみなさまどうもすみません…。あまり混雑していなかったからつい…。

私の後に来たお客さんが3名ほど、私より先に店を出られましたね。

パンを見るのも好きなので。見ているだけで満足するときもありますが、そのパンたちの中からどれを選ぶのか、自分の選択もまたなかなか一興なり。

新潟市で、なんか今日はパンが食べたい、そんな時は極上の【リシェ】のパンで決まりですね♪

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。



タイトルとURLをコピーしました