洗濯物を早く良く乾かすための工夫は【逆立ち】?アイテムは【タコ】?




主婦になって10年が経ちますが、自分がこんなに洗濯好きだったことはつい最近まで知りませんでした、スーです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

洗濯といっても、いまでは洗濯機さんが全て行ってくれますからね。

私は干すだけです。

これもね、このワンフロアアパートというところが干すのにいいんです。

1階なんですが、南向きなので午前中からお昼過ぎまでは太陽の光がよく当たります。

洗面所の洗濯機で洗濯して、その中身を選別しながらそのままリビングにポイポイ放り投げます。

リビングに常設している突っ張りタイプの物干しに、洗濯物を干していきます。

それをそのまま窓の外へ。

洗濯カゴも、最近はハンガーもほとんど使いません。

では、私が編み出した、ハンガーを使わないでもタコさんだけで、この新潟という土地でも洗濯物がよく乾く方法とはなんでしょう♪

洗濯物が逆立ちしてる!

洗濯物の干し方、これは意外と干す人の性格がもろに出ますよね。

干してある洗濯物を見れば性格がわかる。

といってもいいくらい出ます。

私の場合、干す前からガサツな作業にすでに出ちゃってますが・・・。

しかし、10年かけていろいろと改善させてきたつもりです。

ガサツに見えて実は繊細、そんな私の洗濯物干し術とは!

私流はとにかく早く良く乾くことが第一

洗濯物は外に出して、太陽に当てて乾かすもの。

だから雨の日に家の中が洗濯物だらけになるのがとにかく嫌!

そう思っていた少女時代・・・。

狭い家の中に、半乾きのあまり心地よくない臭いが充満し、

部屋干し仕様に全くなっていない居間などが、洗濯物で目も当てられない状況になっている実家が嫌でたまりませんでした。

それでもほとんどの日は外で干せていたので、それが普通だと思っていましたが、違うんですね。

北国はそうはいきません。

部屋干しするという前提で物干しを考えます。

外に干せない日の方が多いですからね。

そして、部屋干しの際に一番気をつけたいことは、

早めに水分を飛ばすこと

です。

この水分を飛ばすまでの時間が長ければ長いほど、雑菌の繁殖が活発になり、なんともいえないニオイの原因にもなるのです。

では、早く乾かすコツは?

スバリ、

布の重なりを徹底的になくすこと

です。

これをわかっていたら、長袖のトレーナーなんかをハンガーに干しませんよね!?

服は逆立ちさせて干すといい!

はい、服、特に長袖や厚手のものは、

逆さまに干しましょう。

フード部分の布の重なりをなくせるし、ハンガーにかける手間もなくなります。

私もこれは今年から導入しているのですが、なぜもっと早くやらなかったのだろうと不思議に思うくらいです。

そして、堂々とこの逆さまスタイルで干している人、あまりいないですよね?

どうしてでしょう。

理由はいくつか思い当たります・・・。

洗濯バサミの跡がつく?誰が見ます、そんなの?

あまり表立ってこない「逆立ち干し」ですが、私がこれをやっていなかった理由として、

  1. 服はハンガーで干すものと思い込んでいた
  2. 洗濯バサミの跡がつく
  3. 洗濯バサミの物干しが少ない

こういったものがあります。

もともと頭になかった上に、そうやって干しているのを見かけてもピンとこなかったように思います。

ところが、ある時、服を干す用のハンガーが足りなくなったことがあったのです。

そして、仕方なく空いている洗濯バサミの物干しに服を干すことにしたのです。

最初は、普通にの部分を止めたのですが、あまりに脇が重なって乾きそうになかったので、なんとなくの思いつきで逆さまに干したのです。

するとどうでしょう?

なんかいい!

乾くの早いし場所も取らない!

洗濯バサミの跡のことなんてどうでも良くなって、その合理的な仕上がりにかなり満足したのを覚えています。

そんな体験をした後からは、さすがに旦那のワイシャツだけはハンギングしますが、それ以外はシャツでもなんでも逆さまです。

裾の形状が歪む?洗濯バサミの跡が残る?

誰が見ます?

気になるならボトムスにインしましょ〜。

我が家の物干し竿にはタコばっかり!?

タコ足の物干しって、あまり使わないですか?

最近あまり見かけないですよね。

私もそうでした。

それが、娘たちの布おむつを干すようになってから、このタコ足が重宝したんですよ。

風が吹いたらくるくる回るし、衣類をタコ足にかけたあとは物干し竿にひょいっと1回引っ掛けるだけです。

布おむつのような、薄手の長い布を大量に干すにはタコ足が一番ではないでしょうか。

それがきっかけで、タコ足ハンガーの良さを再認識した私は、タコ足ハンガーありきで洗濯物を干すようになったのです。

タコ足ハンガーとIKEAのタコ足ピンチ

我が家の物干し竿には、ハンガーがほとんどかからなくなりました。

タコ足ハンガーと、【IKEA PRESSA】というタコ足ピンチが主役です。

もともと、この【IKEA PRESSA】のタコ足が大好きで、用途もないのに3つも持っていました。

イケアに行くたびに新色が出ているので、見たら最後、カゴへ入れるしかないんです。

だって超かわいいから〜!

インテリアとしても、おもちゃとしても使えますし、ウェーブの効いた足やら顔やらがなんともいえない「抜け感」を醸し出していますよね。

きっとファンも多いはず、だと思うのですが、これで洗濯物を干している家を見たことがないのは気のせいでしょうか・・・。

靴下とかをかけるのにはピッタリだと思いますし、我が家もこれまではそんな用途に使っていました。それなら普通は3つもいりませんよね…。1つで十分。

しかし、今ではしっかり3つ使って、ズボンやらトレーナーやらタオルやらをガツガツ干していますよ!

天気のいい日の我が家の物干し竿は、タコ祭りです。

タコ足のメリット

では、そんなタコ祭りになってしまうほど重宝しているタコ足物干しですが、何がいいのか?

見てみましょう♪

⒈ 風でくるくる回るので乾きが早い

先日実家に帰ったとき、私が大量の洗濯物をタコ足で干しているのを見た、タコ足が好きそうだった母親に、

「タコ足は乾きが悪いからな〜」

と、平然と言われたのです。

「え? タコ足よー使ってたやん!」

でもね、風通しの悪い室内やサンルームでは、確かにタコ足のメリットを活かしきれないかもしれないのです。

なので、風通しのいいところでくるくる回るように使えば、タコ足もそのスペックを十分に発揮してくれることでしょう。

⒉ 引っ掛けが1アクション

20本ほどの足に1枚ずつ衣類をかけるのはしょうがないとして、

それを物干し竿にかけるとき、また急の雨などで取り込むとき、

なんとタコ足は『1アクション』で済むのです!

さらに、うちのようにタコ三昧なら大量の洗濯物でも数アクションで竿に引っ掛けることができます。

⒊ 収納してもなんかかわいい

タコ足はよく広がるのと同時に、収まりがまたすこぶるいいのです。

全部の足を軸に沿わせてたたむと、とてもコンパクトになり収納もしやすいですよね。

見た目もこんなに↓↓↓かわいいのです!

いかがでしょうか?

これを見ても、普通のピンチでえんちゃう?と思いますか?

毎日このかわいいタコに洗濯物を干すのは、ちょっとアガるんですよ。

このウキウキ感は普通のピンチではありえないでしょう〜。

タコ足のデメリット

そんな優秀で見た目もお茶目なタコ足ですが、やはり残念ながらデメリットもあるんです…。

それは何かというと、

⒈ 広げた状態がかさばる

大きく広がるからこそ乾きも良いのですが、タコ足ハンガーの直径って結構あるんです。

1辺はフェイスタオルの幅が収まる程度なので、広げた状態ではその。それが円状に広がっているのです。

アパートのベランダなど、干し場がそこまで広くない場合は干したは良いけど、風が吹くたびに窓にガンガン当たる、なんていう事にもなりかねません。

これはただストレスになるだけなので、あまりおすすめできないですね。

⒉ 部屋干しの際引っ掛けにくい

外に干すことはできたとして、雨の日などは部屋干しですよね。

かさばるタコ足、さらに干すのが困難という場合もあるかもしれません。

ハンガーのように、鴨居カーテンレールなどにひょいっと掛けられればいいのですが、

この大きく円状に広がったタコはそうもいかないのです。

それでも我が家は、傾けてでもカーテンレールにかけています。

割と高いところにあって、脚立なしではかけられないほどなので、暖かい空気が流れてきてとてもよく乾くのです。

ただし、見た目はきついですけどね・・・。

⒊ IKEAのタコ足ピンチはすぐ取れる!?

これです↓↓↓。この初代PRESSAタコ足

7年以上は経っていると思うのですが、4年目くらいにはすでに全部のピンチを交換しています。

初めは1つ壊れ、2つ壊れくらいで放置していたのですが、気づけばほとんどのピンチが、バネ状の針金が劣化するのか大きく開いてしまって使い物にならなくなるのです。

でも、このかわいいタコ足、カラーが期間限定同じものは店頭に並ばなくなってしまうのです。

捨てられない・・・。

ピンチだけですから、ピンチを付け替えましょ。

ちょっとややこしいですけど、針金部分を力ずくで隙間からえいっと抜いてしまい、また同じ隙間からえいっと新しいピンチの針金部分を押し込みます。

そうして、その後3年経った今でも、現役で洗濯物を乾かしてくれていますよ。

⒋ IKEAのタコ足ピンチは引っ掛け部分が小さい

やばいです、デメリットの方が多くなってきた・・・。

これも大したことではないんですが、このハンギングする部分が小さ過ぎて物干し竿にはまらないのです。

というか、これ、致命傷??

たしかにそれだけで終わったら致命傷と言われても仕方がないかもしれませんね。

しかしそこは工夫です。こうして↓↓↓S時フックなどを使えば即解決ですね!

最後に

あ、ありましたよ、同点メリット!

このIKEAのタコ足ピンチは、コンパクトな割に16個もピンチがついているのです。

大きなピンチ物干しを使わなくても、この軽くてかわいいやつを2、3個使えば、結構な量の衣類を干すことができます。

さらに円状になっているので、ジーンズなどの乾きにくいズボンを空洞を作りながら干すことも簡単にできるのです。

やれボトムス用ハンガーだ、

やれパーカー用ハンガーだ、

やれバスタオル用ハンガーだ?

そんなものは、このタコ祭りでオシャレに機能的に干すというシンプルさに比べたら過剰に思えてきませんか?

あなたの家の物干し竿も、近々タコ祭りでにぎやかになるかもしれませんね♪

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。





スポンサーリンク

シェアする

フォローする




スポンサーリンク