アトピーっ子持ちの洗濯洗剤はこれがベストかも!?おすすめは粉石鹸




家の中から洗剤や化学薬品がどんどん消えていき、今では、

コンタクトレンズ保存液、ショートヘアにしてからのヘアワックス、

旦那の歯磨きペースト、旦那のシェービングフォーム、

くらいしかなくなりました。、スーです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

今まで使っていた洗濯洗剤には界面活性剤が入っていましたし、エコで排水による環境汚染も心配ないものでしたが、「合成洗剤」でした。

それが、今回の洗剤改革により、ついに我が家の洗濯洗剤問題がクリアになったのです!

大げさですが、これで小さなストレスが1つ減ったのですから、素晴らしいことではないでしょうか。

では、我が家の新参洗剤とは一体どこのどれなのでしょう〜♪

ナチュラル系粉石けんは扱いにくい?

まず、洗濯洗剤というものについて少しまとめてみます。

最近では、ジェルボールのものやら、

ほんの少量の液体で強烈に洗い上げるものやら、

100%自然成分でできている高級なものやら、

いろいろと選択肢が増えていますね。

私は自分の肌が敏感体質なこともあって、昔から洗濯洗剤には気を使っていました。

主婦になって自分で管理するようになってからは、CMなどでよく流れているような市販の洗剤はほぼ使っていません。

ほぼ、ということは、たまには使っていました!?

はい、使っていました。その理由は、

ナチュラル系の洗剤だとどうしても汚れがしっかり落ちない気がするし、なんか臭う?

というもので、漠然とした不信感があったのでしょうね。

ナチュラル系の洗剤では、デメリットの方が目立ってしまうことがあるのです。

溶け残りが・・・

まずよく言われるのが、粉状の石鹸の不完全溶解です。

冷たい水での洗濯の場合は余計に溶け残りが発生しやすく、衣類に残るのはもちろん、洗濯槽に石鹸カスとして残ったものがカビの原因になるのです。

これではあまりうまく洗浄できているとは言えませんね。

また、それを解消するために

「最初に粉石鹸をお湯で溶いてから洗濯槽に入れる」

という手間。

これは有効ですが、毎日毎日、できればない方がありがたいですよね。

粉が舞う・・・

溶け残りがない方がいい、という声にお答えして、

粉末をもっと細かいパウダーにしました!?

おお、いいですねー。いちいち溶かさなくていいなんて。

いや、でも、細かすぎる粉は簡単に舞いますよ。

開封時、スプーンですくう時、洗濯槽に入れる時、

舞いますよ。

これがまた鼻や喉に簡単に入ってきますから、すぐくしゃみが出るのは私だけでしょうか?

さらに、舞った粉がそのへんに散らばって、使うたびに掃除するはめになったりね。

石鹸だけだと頑固な汚れが落ちにくい?

合成洗剤の粉石鹸では頑固な汚れもきっちり分解してくれそうですが、これが純石鹸成分の粉石鹸となると、なかなか満足のいく洗い上がりとはいえない、という人も多いでしょう。

確かに、100%石鹸成分のものはしつこい汚れを落とす力が弱い気がします。

しかし、それは実は石鹸のスペックとは無関係なのです。

石鹸というのは、とても洗浄力が強いのです。

合成洗剤の方が洗い上がりが白くて輝いて見えるのは、蛍光剤や漂白剤のなせる技ですね。

しかし、粉石鹸ではやはりどうしてもうまく溶け切らなかったり、汚れに対してピンポイントで効果を発揮するのが難しいところもあるでしょう。

では、液体の石鹸洗剤ではそのへんが解消されるのか?

というと、それがそうでもないんです。

液体石鹸洗剤は、粉石鹸より洗浄力が劣ります半分くらいとも言われています。

石鹸を水に溶かしているようなものですからね。

使い勝手は粉よりも良いかもしれませんが、洗浄力では断然粉の方が優っているのです。

良い香りはしない・・・

ナチュラル系の洗剤には、当然香料なども控えめ、もしくは全く使われていません。

ですが、きちんと汚れが分解されていればイヤなニオイがしないはずです。

香料というものはごまかしですからね。

しかし、なんか臭い・・・。

こういうことが多いのが、ナチュラルな洗剤を使ってきた私の感想です。

現に、先述したエコな合成洗剤も、仕上がりのニオイがちょっと気になって、仕上げにアロマオイルなどを入れていました。

効果があるようなないような、いまいちパッとしない状況でしたが・・・。

きちんとその洗浄力を生かしきって、乾きも十分であれば大丈夫なんでしょうけれど、

できればそれらすべてを簡単に叶えてくれる夢のような洗剤が欲しいですよね〜。

ありますよ、奥さん。

全てのデメリットを解消したナチュラル系粉石鹸はこれ!

体に配慮したら洗浄力が弱い・・・。

便利さを優先させたらニオイがきつく肌に合わない・・・。

なかなか「これ!」という洗濯洗剤に出会えなかった私が、ついに出会ってしまったんです!

これこれ、これを待っていたのよー!

と声を大にして言いたいくらい、完璧に思える洗濯洗剤に。

パルシステムの『やっぱり石けん!』

宅配生協さん、またまた出ました【パルシステム】です。

買い物の中心がこちらのカタログになってきているので、しょうがないんです。

そして、本当にいろいろと熱心に研究開発されている商品が多く、どれもこれも「使ってみてほしい!」と思ってしまうのです。

今回の『やっぱり石けん』もそうなんです。

実は、これはパルシステム入会の際に、スタッフの方が自宅に説明に来て下さったのですが、その方の“イチオシ”のひとつとして軽く紹介して頂いたのです。

そのときは、「へー」程度の関心でした。

粉石鹸のイメージは先ほど述べたようなもので、デメリットの方が目立っていましたから。

「粉とびがなくなってね!」「へー」

「溶かさなくてもそのまま入れられてね!」「へー」

「香りが良いんですよ〜」「へー」

でもね、サンプルを置いていって下さったので、使ってみたんです。

2回分でしたけど、なんとなく従来の粉石鹸とは違うと感じました。

パルシステムさんが目指したのは、

「手間をかけずに使い続けることができる快適な粉石鹸」

なんだそうで、この言葉に尽きますね。

⒈ 直接入れられる

今までの常識だった「あらかじめ溶かしてから入れる」という手間を払拭できたのは、低温の水でも溶けやすい「脂肪酸」という成分を選んだことだそうです。

振りかけてスタートすればみるみる水に溶け込み、汚れをしっかり落とします。

引用:パルシステム

⒉ 粉が舞わない

「袋を開けるたびにくしゃみが」私だけではなかったんですね、組合員さんの中にもこういった症状でお悩みの方が多数いらっしゃったのでしょう。

それを解決すべく研究されたそうです。

粉を湿潤剤でしっとりさせ、小さな粒状に固めることで解消しました。

数10センチの高さから落としても、ほとんど粉とびしないという実験結果

引用:パルシステム

この2点については、ほぼ完璧にクリアです!

さらに、好みになるかもしれませんが、香りが良いです。

花のにおいやアロマの香りは好みが別れる場合も多いでしょう、しかし、

柑橘系

ではどうでしょう?

ミカン、とか、グレープフルーツ、とか、レモン、とか固有のものではなく、ひっくるめた

柑橘系

このなんともいえない爽やかさが私には合いました。

手間だけじゃなく洗い上がりも文句なし!

では、もうひとつのナチュラル系粉石鹸のデメリット、

「頑固な汚れが落ちにくい」

という点についてはどうでしょう?

これは、先ほどの2点が重要なポイントになってきますね。

洗剤がきちんと素早く溶けてくれるので、汚れの分解もしっかりできるのです。

さらに、石鹸100%じゃないというところもミソで、そこにアルカリ剤である「炭酸塩」が入っていることにより、タンパク質汚れを強力に分解してくれるのです。

私自身、最近気付いたのですが、

旦那のワイシャツ、予洗いなしでも黄ばみゼロ!

今までは、襟や袖口の汚れが気になって、セスキ水を襟・袖にかけてから洗濯していたのですが、その必要が全くいらなくなりました。

というか、汚れないのでやってない、ことに最近気付いたのですが・・・。

ここまで万能ならお高いんでしょう〜、って?

コスパ最強

これだけの機能性と使いやすさを備えた洗剤です、少々お高くても納得できるかもしれないですね。

しかし、もともと原料がシンプル「石鹸」「炭酸塩」を加えているだけです。

価格もきちんとお手頃ですよ〜。

1袋1kg入って500ほどです!

4個まとめて買うとさらにお得な価格になります。

ナチュラル系で素材にこだわった洗剤は、高くてなかなか手に入りにくいものが多いですよね。

しかし、この洗剤は使い勝手もいい上に財布にも優しく、さらにパルシステムの会員であればいつでも購入可能です。

お肌の悩みがあったり、市販の洗剤を使いたくない人、この洗剤を買うために会員になっても、私は損はないと思えてしまいます。

まとめ

どうしても、パスシステムさんの商品レビューを書くと、

「会員じゃないから・・・」

という人も出てくると思うのです。

それをわかっていながらも、書かずにはいられないくらい、

普通では手に入らないような良品があるのが宅配生協であり、パルシステムなんでしょうね。

宅配生協さんにもいろいろありますし、地域によって加入できる、できないもあります。

その中から自分に合ったものを見つけて会員になると、毎週の買い物も楽しくなると思います。

小さなお子さんがいて外出がままならないとか、

高齢で頻繁に買い物に行けない人、

雪国での生活で買い物が一苦労とか、

良い洗濯洗剤に出会えていない人、

そんな方は一度こういうもの↓↓↓をお試しされてはいかがでしょうか?

pal★system

洗濯物の干し方についてはこちらの記事↓↓↓も覗いてみて下さい♪

主婦になって10年が経ちますが、自分がこんなに洗濯好きだったことはつい最近まで知りませんでした、スーです。 本日もお越...

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。





シェアする

フォローする