白髪は老化だからって染めるのは待って!食事を見直せば必ず改善できる

30代半ばくらいから細胞の老化は現れてくると言いますが、あまり簡単に白髪染めをしてしまうとかえって毛を傷め、頭皮の劣化まで早くなってしまいます。白髪がポツポツ出てきたな、と思ったらまずはこれ以上増やさない努力、もしくは白髪が増えるスピードを遅らせる対策をしてみてはいかがでしょうか?

白髪が増えるメカニズムは単純だった!老化とメラニン色素の関係とは

体への直接的なダメージがほとんどないだけに、なんとなく「老化」現象のひとつだからしょうがないか、といって簡単に染めてしまっていませんか?白髪染めに限らず、頭皮に影響を与える髪染めは経皮毒として体内に取り込まれ、体へのダメージが少なくありません。

給食の牛乳を拒否するのに必要なことは?アレルギーではない子の場合

成長期の子供に食べてもらいたいもの、食べさせたくないもの、いろいろありますが、周囲との調和というのも大事です。ですから、せめて牛乳だけは辞退させてもらいたい、というのが私の本音です。そこで今回は、実際に我が家がどういう風に伝えていったか、どのような手順を踏んだのかをまとめてみたいと思います。

牛乳で骨が弱くなる!?カルシウムが豊富すぎてミルクパラドックス!

小さな子を持つ母として、牛乳好きの旦那を持つ妻として、自分が嫌いだから飲ませたくないというのは理不尽すぎますよね。 まずは「牛乳」を知ることが大切です。牛乳に含まれているカルシウムは、水に溶けやすい「イオン化カルシウム」といって、実はあまり人体にとっては嬉しくないものなのです。

牛乳はカルシウムが豊富だから必要?食卓に並ぶまでの工程知ってますか

牛乳は、当然ですが牛のお乳ですよね。「ホルスタイン」種は長い年月をかけて骨格質で背が高く改良されてきました。 なぜだか分かります?大きいお乳が地面につかないように、そして重たいお乳に耐えられるように、ですよ。クローン牛なんて騒ぐよりずいぶん前から人間は牛さんの命に手入れしていたんです。

【食事制限なし】でダイエットに悩む日々と決別!?その仕組みとは?

今まで華やかでキラキラしていた人生も、どんどん色褪せて気づけばモノクロームの味気ない老後生活・・・。あなたの人生の後半、そんな悲観的でいいですか?特に女子から食べる楽しみを取り上げたら「ストレス」しか残りません。しっかり食べてしっかり痩せる、そんな夢のようなシステムを今のうちに作っておきませんか?

スポンサーリンク