macのプレビュー編集で文字を斜めに入力したい時は指でくるくる♪

【Word】も【Excel】も【Photoshop】も【Illustrator】も使わない一般の主婦ですが、【mac】と【一眼レフカメラ】は毎日使っています。

ブログ記事を書き、写真を撮って編集し、毎日更新の日々です、スーです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

ブログ記事を書くのも、必要最低限の機能だけを使ってひたすらアップ優先です。

そんな私が、ちょいちょいぶつかる

「これどうやるん?」

という低ーい壁…。

先生も教科書もない私にはなかなかすぐには越えられません。しかし、この低い壁を越えなければ次に進めないのです。

調べてやってみて、何回も失敗してやっと、

「できた!」

に到達します。

同じように、地味に低い壁にぶつかってすぐに解決したいなと思っている方がきっとたくさんいるんじゃないかと思うので、今回はその一例をまとめてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

プレビューで文字入力

自分で撮った写真をパソコンに取り込んで加工する、ここまでは出来ますよね。

ちなみに、写真アプリなどに取り込んだ画像を選択して、メニューバーの、

〈ファイル〉〈書き出す〉で保存先をしたらOKです。

では、写真に文字を入れる、それはどうでしょうか?

勘が良い方はなんとなくやってみたら出来た、なんてこともあるかもしれません。

では全くわからない人のために、この段階から順を追ってみましょうね。

 

写真ファイルを開く

保存した写真が入っているファイルを開きます。

クリックすると、自動的に〈プレビュー〉が開くはずです。

 

サイズを調整する

ブログやサイトに写真を載せる際には、その容量をなるべく小さくしておかないといけません。最近のスマホカメラなどは結構サイズが大きかったりするので、ここは最初にチェックして直しておきましょう。

私はブログ冒頭の「アイキャッチ」画像を600×400に、説明的な画像を400×300前後に設定しています。

プレビュー画面の上部にある〈ペンのマーク〉をクリックしてメニューを出しましょう。

 

その中の〈サイズ調整〉のマーク↓↓↓をクリック、

ここで数値を入力します。

出来ましたね。

 

テキストで文字入力

ここからの作業は画面が小さくて見づらいので〈虫眼鏡マーク〉で拡大してから行ってください。サイズを小さくする前に加工すると、今度サイズダウンした時にズレが生じるので、面倒ですが私はサイズを設定してから加工していきます。

メニューバーにある〈テキスト〉↓↓↓をクリックして、文字を出します。デフォルトで「テキスト」って出ると思います。

 

そのあと、アルファベットの〈A〉↓↓↓のところをクリックすると、フォントや色、サイズなどを変更できます。

先にこちらでフォントなどを設定しても良いですが、サイズ感が実際見ないと見当つかないと思うので、文字を出してからやった方がいいかな。

これで文字入力は完成しましたね。

 

スポンサーリンク

いよいよクルクルっと

では、自分の入れたい文字を入力できましたね。

それをそのまま水平の状態で使うだけならそのまま保存すればいいんですが、「斜めにしたい」んです。

そういうなんです。

では、私も知らなかった「クルクル」をやっていきましょう♪

 

文字だけを好きなだけ角度をつけられる

写真編集画面やプレビュー画面でも、画像自体を90度ずつ回転させる機能はあります。

しかし、そうではなく、画像はそのままに文字列だけを動かしたいんですよね。

それが簡単に可能なんです。

 

【トラックバッド】へgo!

まずはdockFinderにある、〈システム環境設定〉を開きます。

そこにある〈トラックバッド〉をクリックです。

〈スクロールとズーム〉〈回転〉を見てみましょう。

そうです、「2本指で回転」と丁寧に書いてあるはずです!しかも動画でも見せてくれます。

私はこれを見て、「え?こんなこと?」って腰抜けそうになりました。

めっちゃ簡単。

知らないままにしておくのはもったいないです。

でも、知らないとなかなかここへ辿りつかないんです。

 

2本指でくるくる♪

あとは、動かしたい文字を選択して、2本指でくるくるです。

片手の親指と人差し指でやるよりは、左右の人差し指を使った方が私にはやりやすかったです。

ちょっと最初はうまく動かせなかったりもしますが、慣れれば楽勝ですね。

 

スポンサーリンク

まとめ

知ってる人からすると、びっくりするくらい初期の初期、ど初期の操作かもしれませんが、必要があって初めてその低ーい壁にぶち当たった者にとっては、「???」なんです。

今回はなんとかすぐに解決しましたが、そうしてまたひとつ表現方法が増えたことは大きな収穫です。

こうして全くの初心者は一歩一歩自力で歩んでいくんですね。

初心者のみなさん、ともにゆるーく成長していきましょう。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

 



 

 

 

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました