ささくれを剥いたら【肉芽種】ができた!激痛を経て納豆水で治った!




時季的に、手指が乾燥し、かかとがひび割れ、ときどきそのささくれた皮がトゲトゲになります。

そのトゲトゲしい部分はほっておいたら凶器になりそうで、ついつい剥いてしまいます、スーです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

ないですか?

ささくれの罠にはまること。

罠をしかけているつもりはないかもしれませんが、厄介です。

だって、ささくれたままでは、それはそれで凶器だし、かといって気になった時に爪切りやハサミが手元にあるとは限りません。

剥きますよね?

努力してなんとかきれいに剥けるように手探りで剥きますよね?

すると、どうでしょう…。

屈強なささくれは思いもよらない方向へ暴走しませんか?

ここまでだけ剥くつもりだったのに、なんでそこまで走る?

そして、そこにできた傷の痛いこと…。

ささくれからの【肉芽種】

何度となくささくれの罠にひっかかっている私ですが、これまで過去に1回だけものすごい痛い傷になったことがあるんです。

この時は足の親指の爪を切った時でした。

ささくれが出来ていたかは覚えていませんが、何かの拍子に爪と指の間に傷ができたようで、その部分から血が出て肉片がむき出し、痛み出したのです。

この時はちょうど乳酸菌生活を始めたばかりで、いろんなデトックスを体験していた最中でした。この小さな傷から出る血や膿もデトックス症状のひとつかなくらいに思っていました。

ところが、この痛み、激痛も激痛、ほんの5mm角ほどの小さな傷にも関わらず、全神経をそこへもっていかれるほどに痛かったのです。

歩くのもやっとでした…。

今覚えば、これが【肉芽種】の初体験だったのでしょうね。

肉芽種とは?

肉芽種という言葉、今回初めて知りました。

今回は右手親指のささくれの罠でした。

最初は皮を剥いた後に細長い傷ができていただけでしたが、そこからなんと芽が出ているではありませんか!!

爪の脇にできた傷口からニョキッと、肉の芽が!爪にかぶさってきているのです!

そして、これが痛いのなんの!

【肉芽種】とは・・・雑菌やウィルスなど何らかの原因で炎症が起こり、細胞や毛細血管がその防御反応として異常繁殖することで腫瘍のような隆起が発生すること。これが芽が出るように突起となって現れるので、擦れたり触れたりすると激痛が走ります。
炎症がひどくなると膿が流れ出ることもあります。その度に細胞が増殖しそれがうまくかさぶたになれば自然に治癒していくと思われます。

ささくれからの肉芽種は、大抵軽い傷口なので、早めに処置をすればおさまりますが、この肉芽種が肺や血管でも起こることがあり、その原因として「結核・ハンセン病・血管炎」などがあげられます。

免疫異常のなせる業なのでしょう。

正常な状態ならおそらく肉芽なんて出てこないで、すぐにかさぶたができて治るのでしょうけれど、免疫力が低下していたり栄養不足だったりすると、このように異常に反応してしまうのだと思います。

ささくれができるということは

もともと、頻繁にささくれができるわけではないのですが、ちょっと心配事が重なったり、ストレスを感じることが続いたりしたら、すぐに皮を剥くという行為に逃げるのです、私…。

ひたすらかかとのひび割れを剥いたり、気になるささくれを触ったりして時間を潰してしまう自分がいるのです。

どちらかというと、昔の方がささくれだっていましたね。

その時はタンパク質不足とか、ビタミン・ミネラル不足があったのでしょう。

で、今回の指のささくれは、おそらくストレスかなぁと思います。

手指はこの時季乾燥しているのが当たり前ですし、そのために水仕事は手袋必至です。

そこへきてストレス解消のために「剥く」「剥く」「剥く」「あ、やば!」

やり過ぎてしまったのです…。

屈強なささくれはかなりの力で引っ張らないと取れません。何回やってもきれいに取れず、イラっとした私は「えいやっ!」と、やってしまったんです…。

できた傷がイタ過ぎる

ささくれを剥いて血が出る、を通り越して「肉が見える」ほどの傷ができていました。

まぁ、これも今まで何度か経験していますし、適当に絆創膏を貼っておけばいつのまにか治っていることがほとんどです。

しかし、この肉の部分に何かの雑菌が付着し、それをやっつける免疫力が弱まっていたようで、どんどん痛みが増していくのです。

なーんか変だな…。

水に濡れやすいから治りにくいのかな…。

それにしてもビンビン痛いな…。

そして数日後、絆創膏を剥がしてビックリしたんです!

【乳酸菌と納豆水】が肉芽種に効いた

だいたい、何か傷ができたときは“とりあえず”の乳酸菌の我が家。

今回もやりましたよ、乳酸菌液をシュッシュ。

乳酸菌を培養し始めて今年で6年目のスーです。 今日もお越しいただきありがとうございます。 今日は乳酸菌の活用方法、生活に...

初期の乳酸菌で膿は止まった

ひたすら乳酸菌液絆創膏を続けましたが、5日ほどしても痛みは取れませんでした。

ただ、他の肉芽腫体験者の方が言っているほどの膿がほとんど出ずに、傷口も早い段階で赤色から肌色に戻りました。

そこに、芽のようにニョキッと出た肉芽が覆いかぶさっていたのです。

「なんやこれ!?」

裂けた傷だったはずの炎症部分に、ニョキ

爪にかぶさった、ニョキ

肌色の、ニョキ

色は肌色ですが、やはりこれを触るとビリビリ痛むのです。

納豆水の投与で炎症が治まった

今までのように、乳酸菌液だけでは治らないなと自覚し、ちょうどその効果を実感し始めている【納豆水】を使うことにしました。

今、うちで培養しているのは、糀を使った塩麹と、味噌と、たまに甘酒と、植物を使った乳酸菌液と、乳酸菌を使った乳酸菌生産物質などです。 ...

納豆菌の強力な殺菌力と、細胞活性効果に期待をかけて、患部に1日何回もシュッシュしてみました。

シュッシュして絆創膏、

シュッシュして絆創膏、

これを1週間繰り返してみました。

するとあれよあれよ、痛みがなくなっていきました。

突起の肉芽はまだ治りませんが、回復の兆しが見えたことが何よりですね。

結果、2週間でほぼ鎮静

2週間経つころにはほぼ痛みがなく、肉芽のふくらみも半分になっていました。

おお!

家にあるものだけで肉芽腫が治ったー。

最初は激痛のあまり、気弱になっていましたが、やはり菌さんの力は偉大なり、ですね。

今回、異常な痛みに耐えかねて、ネットでいろいろ調べてみました。

すると、『肉芽腫にはクエン酸』というフレーズがそこかしこに出てきました。

しかも、2〜3日でしっかりかさぶた化し、すぐに効果が現れるとか。

ただし、直接クエン酸を患部につけるとかなりしみて痛いそうです。

傷口に塩を塗る、ような感じだとか。

やりますか?

肉芽腫ですでに激痛を味わっているから、多少の痛みなんて我慢できるかもしれませんね。しかも治りが早いとなるとやってみる価値はありそうです。

クエン酸はいろんな効果がありますから。

でも、納豆水でゆるゆると痛みにバイバイするのもいいもんですよ。

細胞内のミトコンドリアを活発にして、【クエン酸サイクル】をガンガン行えば、ガン細胞も老化し死んでいってくれるというわけです。増殖も転移も抑えられます。それを抗ガン剤などで、健康な細胞まで殺してしまうと、【クエン酸サイクル】が行われなくなり、ガン細胞が増え続けどんどん活発になっていくだけだと、簡単にわかってしまいますよね。

まとめ

肉芽腫、これは自分で作った腫瘍のようなものです。

ささくれの罠にさえはまらなければ、こんな痛い思いをしなくても済んだと思います。

そんな腫瘍も絆創膏と納豆水だけで、1ヶ月もしないうちに完治しました。

ついつい手が伸びてしまうささくれ、この誘惑に引っかからないようにストレスをためない生活を心がけたいですね。

それにしても、見た目や匂いからは想像できないほど、納豆水というものには秘めた力があると思わざるをえない体験でした。

まだまだ続く納豆菌生活、いろんなシーンで活用してみましょう♪

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。





スポンサーリンク

シェアする

フォローする




スポンサーリンク