酒粕や高野豆腐には【レジスタントプロテイン】が豊富!腸に直接効く

もはや、なぜ今だに『酒と呼ばれる必要があるのか、まったく理解できないですよね。

『酒』『酒』『酒ピテラ、そんな名前に改名してはいかがでしょう。スーです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

昔の人も、別に「いらんもん、カスや」と小馬鹿にしていた訳ではないでしょうけれど、

どちらかというと、日の目をみるのは清酒の方ですよね。

清酒こそが酒粕のための副産物、そう考えてもいいくらい、酒粕には私たちにとってありがたい効能がたくさん凝縮されているのです。

今回は、そのなかでも比較的最近認知され始めた【レジスタントプロテイン】について、わかりやすくまとめてみたいと思います。

【酒粕】は発酵し続ける生きた栄養素の塊!10もの効能で健康発酵体に!
酒造会社さんが研究開発された、【乳酸菌発酵酒粕・さかすけ】もどきを独自で作ってしまい、これのおかげで、簡単に美味しく毎日の食卓に「酒粕」を取り入れやすくなりました。酒粕は発酵し続ける生きた栄養素の塊です、実は見過ごされがちな効能もいっぱいあるのです。
【酒粕】は栄養と旨味の塊!簡単【自家製酒粕ペースト】で便秘知らずに
日本酒飲んでますか?その日本酒を作るときに出る「粕」はどうでしょう?我が家は1年中「酒粕」を切らさないようにしていますよ。なぜって?あの粘土のようなベージュの塊、あの中には紛れもなく体に良いものが密集していますから。
スポンサーリンク

【レジスタントプロテイン】って何?

プロテインなんです。

そう、タンパク質のひとつですね。

しかし、私たちが栄養素について学んだ時には、そのようなタンパク質の存在を知ることはありませんでしたよね。

それもそのはず、このレジスタントプロテインは、本当につい最近発見されたものなのです。

日本人が発見した成分である

この新しい成分の発見は、なんと日本人の研究者によって実現したと言われています。

1980年以降という説がありますが、その成分が酒粕の中に豊富に含まれていて、体にとって大変いい影響を及ぼしてくれるということがわかったのは、本当につい最近である2010年前後です。

そこから多くの研究や実験が重ねられてきて、これは間違いなく人体にとってとても有効な成分であると、みんなが認識するようになってきたのではないでしょうか。

消化されにくいタンパク質

レジスタント=消化されにくい

プロテイン=タンパク質

タンパク質というと、体の組織にとってとても重要な成分で、良質のタンパク質が私たちの体を形作っているといっても過言ではないですよね。

胃や腸から吸収されて体の各部位に運ばれていく栄養素であります。

しかし、このレジスタントプロテインは、胃腸で消化・吸収されにくいんだけどものすごいいい働きをしてくれるのです。

胃で消化されにくくそのまま腸まで運ばれる

小腸でコレステロールや油を吸着する

便中の脂質を増やす

便が軟らかくなって排泄しやすくなる

そう、これはもう食物繊維なのです。いやタンパク質ですけどね。

食物繊維と同じような作用をするので、お通じが良くなるのは当然なのです。

レジスタントプロテインを多く含む食品は?

この成分を多く含み、その効果をいかんなく発揮してくれる食品とはなんでしょう?

酒粕は、その発見を導いたほどですから言うまでもありませんが、その他には、

  • 蕎麦
  • 大豆
  • 高野豆腐
  • 味噌

などに含まれているようです。

酒粕の【レジスタントプロテイン】効果が高いといわれる理由は、醸造の過程で麹がレジスタントプロテインをむき出しにするという働きをし、油をより吸着しやすい形に変えてくれるからだそうです。
また、高野豆腐には大豆よりも多く含まれており、その他にも多くの栄養素が凝縮して存在するので、和食にぴったりの高野豆腐はスーパーフードといえるかもしれませんね。
スポンサーリンク

【レジスタントプロテイン】による効果とは?

昔の日本人に太った人が少なかったのは、こういう優秀な食材が日常的に食卓に上っていたからかもしれませんね。

現在は、食事の半分かそれ以上を洋食に支配され、米の存在感すら怪しいものになってきています。

病気の原因の半分は食物繊維の摂取量の低下によるとさえ言われている今、私たちは意識して【レジスタントプロテイン】を摂取した方がいいのではないでしょうか。

大豆製品や発酵食品、そして食物繊維が豊富な野菜類を中心とした献立を心がけることが、健康な体への近道かもしれませんね。

では、レジスタントプロテインの具体的な効果を見てみましょう。

血糖値やコレステロールの上昇を抑える

胃や小腸で消化されずに直接大腸まで届くのがレジスタントプロテインでした。

ということは、糖質や脂質などの栄養素の急激な吸収もありません。

ゆっくりと通過していく中で、血糖値やコレステロールの上昇を抑える効果があるのです。

コレステロールに関しては、悪玉コレステロールを吸着して排泄してくれるので、動脈硬化の予防にも効果的です。

腸内環境の改善効果

特に酒粕でレジスタントプロテインを摂取すれば、より腸内環境は良くなることでしょう。

酒粕の有用菌や酵素によって、腸内フローラのバランスが良くなり、さらにレジスタントプロテインによって、消化酵素や消化管ホルモンの分泌を促進して、腸管を元気にしてくれます。

ミネラルなどの栄養素が吸収されやすくなった腸内の免疫細胞が活性化し、細菌の侵入を防ぐ働きをしてくれるでしょう。

ダイエット効果

レジスタントプロテインが、油を吸着して排泄してくれるようになると、コレステロールや脂質を溜め込まない体質になっていくのではないでしょうか。

さらに、腸内環境が整うということは、必然的にお便の状態も良くなるはずですよね。

食物繊維と同じように、腸の蠕動運動も刺激してくれるので、便秘解消でお腹周りもスッキリでしょう。

余計な油と一緒に毎日いいお便が排泄されることは、理想の体型に近づく有効な手段といえますね♪

スポンサーリンク

まとめ

私はもともと便秘知らずなので、ありがたいことに毎日快便なんですが、酒粕を連日摂取すると1日1回では済まない事態になります。1日3回、いいお便りがあることも…。

実際の実験でも、頑固な便秘症の人が酒粕摂取を続けると、4日目くらいから普通にお通じが発生していました。

さらにその後はほぼ毎日快便という結果に!

腸に直接届くレジスタントプロテイン効果で、腸内環境を整えながら健康な体に近づくということですね。

ま、難しいことは考えず、とりあえず酒粕や高野豆腐を毎日ちょっとずつ取り入れてみて、自分自身の体がどう変化するか実感してみるのが一番ですね!

酒粕は扱いにくい?

そんなあなたにはこちらの記事↓↓↓をおすすめします♪

【酒粕】は栄養と旨味の塊!簡単【自家製酒粕ペースト】で便秘知らずに
日本酒飲んでますか?その日本酒を作るときに出る「粕」はどうでしょう?我が家は1年中「酒粕」を切らさないようにしていますよ。なぜって?あの粘土のようなベージュの塊、あの中には紛れもなく体に良いものが密集していますから。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました