【酒粕】は栄養と旨味の塊!簡単【自家製酒粕ペースト】で便秘知らずに




新潟に住み始めて8年目にしてやっと、日本酒が美味しいと思えるようになりました。

2年くらいはビールよりも日本酒を晩酌で飲んでいましたが、

居酒屋で飲むときも調子に乗って日本酒ばかりで攻めていたら、

日本酒の身体への影響の大きさに、「失態をおかす」というリアルで気づきました、スーです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

その失態以降、日本酒を飲むときにいろいろ複雑な感情が騒ぎ出すので、

ほとんど飲まなくなりましたが…。

皆さんは日本酒が好きですか?

日本酒飲んでますか?

その日本酒を作るときに出る「粕」はどうでしょう?

我が家は1年中「酒粕」を切らさないようにしていますよ。

なぜって?

あの粘土のようなベージュの塊、あの中には紛れもなく体に良いものが密集していますから。

【日本酒】は、澄み切った液体を搾り出して味わう「嗜好品」のようなもので、

【酒粕】は、その後に残った栄養と旨味の凝縮塊、ぜひ体に取り入れたい代物です。

もちろん、日本酒自体の原料や製法などが、酒粕のに直接影響してくる大事な点ですが、米どころ酒どころ、雪解け水の名水どころ新潟の酒粕は、かなりレベルが高いと感じます。

今日は「酒粕」の実態を詳しくみていき、我が家での活用方法もご紹介したいと思います。

「酒粕」をもっと身近に

牛乳を毎日欠かさず飲むように、酒粕を毎日ちょっと食卓に取り入れよう!

と言いたいくらい、季節を問わず、年中その効能を活用すべきです。

牛乳や卵はなぜか切らさないように冷蔵庫に常備されているご家庭が多いですよね。

美味しいから?

栄養があるから?

安いから?

スーパーに売られている牛乳や卵が、どんな成分で出来ているか、どういう過程を経てそこに並んでいるか、カゴに入れる前に考えたことありますか?

相当な覚悟を持って選ばないと、体にとってダメージしかない食品になりかねません。

そんな危うい選択をしなければならない食品よりも、「酒粕」をちょっと工夫して毎日の食事に取り入れていけば、みるみるうちに元気で丈夫な体に変わっていくと思います。

酒粕は常温放置でOK

買ったはいいけど、粕汁を数回作ってあとは余らせてしまう…。

溶かすのが面倒で使いづらい…。

お酒の匂いが苦手で…。

そんな声もあるかと思います。時期的に新酒が出回る春先から豊富に並びますが、人気の酒蔵が数量限定で限られたところでしか販売しないケースを除いては、スーパーなどでいろんな地域の酒粕を、ほぼ年間を通して手に入れることが出来ます。

私は、せっかく新潟に住んでいるのだし、近くに酒蔵もあるという事もあって、なるべく新潟の酒蔵の酒粕を購入しています。

そして、これが美味しいんです!

こちら、もうほとんど残っていませんが…、

純米酒が有名な新潟市中心部で蔵を構えて頑張っておられる「今代司酒造」さんの酒粕。最近はリニューアルをされてさらにハイセンスな装いになりましたね。

我が家はほぼこれしか買わないです。

そしてこちらを常温で寝かせるのです。

お得意のそのまま放置です。

使うために封を開けてからも同じように常温で放置

すると、最初は硬くて扱いにくい酒粕が、気候の変化とともにだんだんと柔らかくなっていき、使いたい時に必要な分量だけサッと取り出せるようになります。

「劣化しないように冷蔵または冷凍保存をしましょう」

「一度開封したらカビが生える恐れがあるので冷蔵庫へ」

「賞味期限内に使い切りましょう」

私も最初はそれを忠実に守っていましたが、「酒粕」それ自体が、微生物と酵母、乳酸菌、有用菌の集合体のようなものなので、発酵している限り劣化はしないと気づきました。

さらに、アルコール成分であるエタノールを8%も含んでいるので、殺菌作用が働いて、カビや雑菌とはほぼ無縁といえるんですね。

こうして、買った時の新鮮なしっかりと硬い状態の酒粕を、自宅でじわじわと発酵・熟成させていくと、指で軽く押すだけでムニュッっと凹んでしまうほどに柔らかくなります。甘味や旨味も増して、あの独特の酒臭さがほとんどないくらいにまでマイルドな香りになります。

【酒粕ペースト】にして常備しておこう!

ここまで柔らかくなるまではもちろん何ヶ月かかかります。買ってきてすぐ使いたいこともありますよね。

そんな時は、ホーロー容器などの長期保存にも強い保存容器に、酒粕を入れてあるものを加えるだけで簡単に美味しい【酒粕ペースト】が出来るんですよ♪

そ・れ・は??

『豆乳』でーす!

よく、水を足して鍋で火を通すとか、みりんや砂糖を加えるとか、いろいろと凝ったレシピを見かけますが、酒粕に豆乳を加えて放置してペーストにする、これだけでいいんです。

  1. 酒粕を適量(大さじ3とか4とか)容器に入れる
  2. そこに無調整豆乳をひたひた加える
  3. 半日から1日常温で放置する
  4. プリンのように固まったらよくかき混ぜる
  5. 均等に混ざったら冷蔵庫で保存する
  6. 半年以上は保つ

以上です♪

豆乳ヨーグルトと同じ要領ですね。

新潟の酒蔵【菊水酒造】さんが開発・商品化したものに、「さかすけ」というものがあり、最近ようやく巷に広まりつつあります。東京などでも販売されており、発酵アンテナが敏感な発酵女子たちのインスタなどで紹介されていました。

私がこの存在を知った時は、まだ一般に販売されていなくて大変もどかしい思いをしました。そのもどかしさをバネにしていろいろ模索しているうちに、いつの間にか自力で、このスーパー酒粕と言われる「乳酸菌発酵酒粕 さかすけ」的なものを編み出していたではないですか!?

なんだかすごーく特別なものとして売られていますが、こんなに簡単に出来てしまいますが?

もちろん、同じものではないですが、家庭ごとの常在菌が含まれた、世界に一つの万能調味料と言える気がします。

このペーストをお菓子を作る時に生地に混ぜ込んだり、味噌汁に入れたり、カレーやシチューの隠し味にしたり、卵焼きに入れたりして手軽に使えます。

豆乳を加えることで、そのタンパク質を酒粕の酵素が分解し、さらに発酵が促され、アルコール臭も和らいでいきます。癖がなく旨味と甘味が増しているので酒粕と気づかないくらい何にでも馴染みます。

酒粕に抵抗感を持っている方こそ試していただきたい「酒粕ペースト」ですね。

知って得する「酒粕」の驚くべき効能

日本酒を醸造すると、重量比でおよそ25%ほど酒粕が取れるそうです。

最近では酒粕を使って酵母を起こしてパンを作る人も多いですよね。私もやっていました。ただ、だれやすくやや扱いにくい印象です。味はピカイチなんですが。

それくらい、酒粕は生きた微生物や菌の宝庫なんです。

酵母菌は、酒粕1g中になんと、2〜6億も住んでいるんですよ!

ほぼ菌の塊ですね。

あまり量を消費することはないでしょうけど、含まれている栄養素も豊富で、意識して摂取しないと摂るのが難しい葉酸ミネラルが多く含まれています。

天然の旨味成分がいろんな食材を極上に

粕漬けや粕床で、食材を漬け込んでおくと、あら不思議!なんともうま〜い素材が出来上がります。

酒粕には億、兆それ以上の単位で菌や酵母、酵素が存在していましたよね。それらが発酵活動を続けながら旨味を生成していると思えば、旨くならないはずがないんです。

さらに何ヶ月、何年と時間をかけて熟成させた酒粕は最高の旨味床になり得ます。

このアミノ酸が豊富な床に、野菜や肉、魚、昆布やいりこなどを漬け込むと、食材の持つアミノ酸との相乗効果で、旨味がさらに増します。

そして、その食材を酒粕中の酵素が発酵分解して、さらにさらに旨味が増します。

プロテアーゼはたんぱく質を旨味に、

アミラーゼはデンプンをブドウ糖に、

甘味と旨味の増加の秘密がここにあったんですね。

酒粕に適量の塩や砂糖を加えて床を作れば、簡単粕漬けが手軽に楽しめます。

  1. ポリ袋に柔らかくなった酒粕を適量入れる
  2. 塩や砂糖をお好みで加える
  3. よくもんで馴染ませる
  4. 塊り肉や切り身魚を入れ、全体に酒粕が行き渡るよに浸ける
  5. 半日〜1日置いたら完了
  6. 粕が付いたままホイル焼きにしたり、粕を取り除いて焼いても旨味は十分あります

食材の量に合わせて、全体が浸かるように酒粕の量を加減して下さい。

野菜をつけると本当に美味しい粕漬けができますし、豆腐やお豆などのタンパク質が豊富なものは、酵素の分解で旨味がアップしますよ。

豊富な食物繊維と酵素で毎日快便!

酒粕の元はですよね。その米に酵母が加わり、めくるめく変化を遂げた結果、カスとして安価で売られる宿命の「酒粕」

しかし、その雑にカッティングされ簡素なパッケージに入れられた、酒の「粕」が、もはや酒よりも優秀な欠かすことのできない食品であることがわかってしまいました。

【レジスタントプロテイン】というのは聞いたことありますか?

レジスタント=消化されにくい

プロテイン=たんぱく質

最近最も話題の健康成分の一つらしいのです。

油分を吸着するという点で食物繊維と同じような特徴があります。この有効成分が酒粕には豊富に含まれていることがわかっています。
【レジスタントプロテイン】は体内に入った後消化されにくい為、そのまま腸に運ばれます。そこでコレステロール脂質を吸着し、お便として体外へ排出されます。この作用の凄いところが、ただお便が出やすくなるだけでなく、脂質を多く含んだお便になる為、柔らかいお便がスルリと楽々出てくれるようになるんです。

しかも、食物繊維自体もかなり豊富に含まれているので、嫌でも毎日快便になるという利点があります。

油分と一緒にいいお便が毎日排泄されるということは・・・・・

そうです!ダイエットにももちろん効果的ですよね!

私はもともと便秘知らずなので、ありがたいことに毎日快便なんですが、酒粕を連日摂取すると1日1回では済まない事態になります。1日3回、いいお便りがあることも…。

便秘がちな方や、最近脂肪が気になるわという方、ぜひ例の【酒粕ペースト】を毎日の食事に取り入れてみて下さい。

まとめ

まだまだ誰もが身近に感じる食品とは言えない「酒粕」ですが、昨今の「菌活」「発酵女子・発酵男子」などの流行を追い風にして、徐々に広まりつつあるような気もします。

こんなに体にとって良いものが隠れた逸品になってしまうのはもったいないですね。

今回ご紹介した【酒粕ペースト】は本当に手軽で簡単にできるので、一度仕込んでしまうと毎日使うことが全く苦ではなくなります。

ぜひ今日から酒粕を毎日の食卓に登場させて、ご家族を美味しい発酵食で健康に導いていただければと思います。

酒粕の魅力や効能はまだまだあるので、さらにこちらでご紹介します。良かったら覗いてみて下さいね♪↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【酒粕】は発酵し続ける生きた栄養素の塊!豊富な効能で健康発酵体に!

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。



シェアする

フォローする