究極のスーパーフードがあった!?【モリンガ】が奇跡の木って本当?




もうすでに流行がひと段落したというところでしょうか、【モリンガ】

世界最強の植物!

奇跡の木!

強靭な生命力!

究極のスーパーフード!

まさに薬箱!

ありとあらゆるトップオブトップな枕がつけられる植物のようですね。

いやー、全く知りませんでした、スーです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

我が家の粉末緑茶がちょうど切れてしまったので、何かいいお茶はないかなとネットでいろいろ検索しているときに、見た目がそっくりな粉が出てきて、なんやこれ?となったわけです。

緑茶については、こちらの記事もよかったら覗いてみてくださいね♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
緑茶の効能見逃さないで!ビタミン・ミネラル丸ごと頂きましょう!

モリンガって何?

全く知らない人にとっては、「モリンガ」と聞いても、新種の猿?とか思っちゃうかもしれませんね。

植物だと聞いても、何色なのか、どんな形状なのか、どれくらいの大きさなのか、そもそも食べられるようなものなのかどうか、全く想像できませんよね。

私は、画像と一緒に目にしたので、モリンガがであり、緑の丸い葉をたくさん付け、見たところなんの変哲もない植物であるという事がわかります。

また逆に、モリンガパウダーモリンガの錠剤モリンガ茶などでしかその実態を知らない人にとっては、モリンガがどのように栽培されたどんな植物なのかを想像したこともないかもしれませんね。

ではその「モリンガ」とは一体どのようなものなのでしょう。

産地と特徴

モリンガは、北インドヒマラヤ山脈南麓が原産の亜熱帯地方を好んで生息する植物です。

日本学術名「ワサビノキ」と呼ばれ、アフリカ、インド、ベトナム、フィリピンなどの亜熱帯地方で広くで栽培されています。

日本でも沖縄九州地方のような暖かいところでは育ちやすく栽培・販売もされています。

もともとヒマラヤという過酷な環境で育ったモリンガなので、非常に生命力が強く厳しい環境に耐えるために自分を守る様々な成分を作り出す事ができる植物です。

モリンガは成長がすこぶる早いのも特徴です。

モリンガの木々が台風などで倒れても、なんとその折れた木の幹からまた自然に芽を出して、あっという間に巨木になります。ただし、気温が15度を下回るとうまく成長できません。

なんだか、マンガのような、怪物のような、実際ニョキニョキしているのが見れそうな勢いですが、本当にあったらホラーですね。

高さは10〜12メートルほどに成長し、環境に応じて常緑性、落葉性を示します。樹皮は白みがかった灰色で、暑いコルク層に覆われています。

気温が安定している地域ではほぼ1年中開花するそうですが、涼しいところでは春頃の開花です。

果実は、20〜45センチほどの細長い鞘状のもが、茶色に熟してぶら下がります。

枝・幹・葉・根・花・種・実、どの部分にも高い栄養素が含まれていて、産地では部位ごとにそれぞれ売られているそうです。

モリンガの栄養素

モリンガがスーパーフードの中のスーパーフードと言われる所以は、その含まれる栄養素の多さからかもしれません。

可食植物10万種類の中で、世界最高の栄養を誇る

と言われています。

また、5000年の歴史があるアーユルヴェーダでも、300種類もの病気を予防する効果があるとの認識があるようです。

マルチビタミン・ミネラル・ポリフェノール・食物繊維・必須アミノ酸9種類全てを含む19種類のアミノ酸など、

普段の食事に意識して全てを入れようとしたらノイローゼになりそうな、これら全ての栄養素を高い比率で含んでいるのです。

その数、90種類以上の栄養素46種類以上の抗酸化物質、が含まれているそうです。

「人間が生きていく上で必要な栄養素の中で、含まれていないものはない」

とまで言われています。

食物繊維:ゴボウの8倍(しかも水溶性と不溶性の比率が黄金比の2:1)

ビタミンA:にんじんの4倍

ビタミンB:ほうれん草の35倍

ビタミンC:オレンジの7倍

ビタミンE:モロヘイヤの15倍

カルシウム:牛乳の4倍

マグネシウム:卵の36倍

タンパク質:牛乳の2倍

カリウム:バナナの3倍

鉄分:ほうれん草の3倍

葉酸:ほうれん草の8倍

ポリフェノール:赤ワインの8倍

GABA:発芽玄米の22倍

さすが、10万種のトップに君臨するだけありますね。

モリンガって美味しいの?

ちょっと前にブームになっていたという【モリンガ】ですが、だいたい錠剤かパウダーが多く流通しているように思います。

産地では茶葉などが普通に売られているようですが、ほとんどの場合現地で加工されるか、加工技術の高い先進国へ運ばれて、レベルの高い技術で加工され流通されていきます。

色は抹茶のようで、味も実際濃い抹茶に似てるようです。

煮出していただくモリンガ茶は、コーン茶玄米茶の様に香ばしい味だそうです。

栄養も満点で、形状も扱いやすく、しかも「美味しい」ものなんてこの世にあるのでしょうか!?

ついに我が家もモリンガーの仲間入りです。 良質の超微細粉末モリンガが届きました!、スーです。 本日もお越しいただきありが...

モリンガ摂取の注意点

このようにあらゆる植物の中でも、ダントツの栄養素が含まれている【モリンガ】ですが、それゆえに、摂取する際には気をつけなければいけない点もあります。

また、いくら必要な栄養素が豊富にバランスよく含まれていると言っても、ただそれだけの単一食品で賄おうとしないようにして下さい。

どんな良いものでも、摂りすぎたり、相性が合わなかったりすれば、体に悪影響を及ぼすこともあります。

モリンガは本当に優れた植物で、実際に栄養価も高いです。現代のバランスの偏った食事ばかりの生活に、食の保険健康の保険として、自分に合った摂取方法を見出していけるといいですね。

1日あたりの摂取量

モリンガ錠剤
乳幼児:2〜4粒
小学生:3〜6粒
大人:8〜12粒

モリンガパウダー
赤ちゃん・乳幼児:0.5~1g
小学生:1~1.5g
大人:1.5~3g
この量を目安に、1日3回に分けて少しずつ摂取する

モリンガ茶
特に上限はありませんが、一気にたくさん飲むのは控えましょう。また小さいお子様などには大人と同量ではなく、様子を見ながらこまめに少しずつ与えて下さい。

*モリンガは食後スポーツ後に摂取すると、より効率よく吸収される特徴があります。

*体質に合わなかったり、異変を感じたらすぐに摂取を止め、かかりつけ医にご相談ください。

妊娠中の方・授乳中の方は…

「妊娠したラットに、モリンガを多量経口投与したら、そのラットが流産をした」

という実験結果が出たので、人の妊娠中にも摂取は控えたほうが良いという話が出ています。

もちろん何の害もないとは言い切れませんが、妊娠中や授乳中は特に栄養が不足しがちになります。実験結果は動物対象だということを忘れず、噂や情報に惑わされない自分の意思で、賢く取り入れていきたいですね。

また授乳期のお母さんは、母乳によって、たんぱく質・脂質・ビタミン・ミネラルなどの栄養素がどんどん赤ちゃんに流れていくので、常に不足気味になりがちです。

母乳は血液です。

モリンガは健康な血液を作るために必要な90種類以上の栄養素を含んでいるので、過剰摂取しないように摂取していれば、お母さんにも赤ちゃんにも健康な血液が供給されることでしょう。

産前産後は、慣れないこと、初めてのことが続き、体力も気力も常に普通の状態とは言えないくらいになっていると思います。そんな時に、あれこれ栄養素を取り入れた食事を毎食用意するとなると、身も心も保ちません。

辛い時はモリンガがある!

くらいの心持ちで、なんとか乗り切ってください。

薬を飲んでいる方は…

「薬箱の木」と言われているほど、その薬効が高いモリンガです。

今飲まれている薬と、同じような効果がモリンガにもあったとしたら、過剰効果になってしまい体にとってマイナスに作用してしまう恐れもあります。

かかりつけ医との連携・相談は必須だと思っておいたほうがいいですね。

特に、血糖値を下げる薬を飲まれている方は要注意です。モリンガには血糖値を下げる効果があるので、知らずに併用していると「低血糖」状態になってしまいます。

血糖値を下げる薬としてではなかったとしても、「薬」というのは単一の薬効しかないとは限りません。また市販の薬も同じで、記載されていない効果・効能が秘められていることもなきにしもあらずです。

今現在薬を飲んでいる方は、一度薬剤師の方や医師に確認されることを強くお勧めします。

まとめ

私もこんなに効能が高い植物があるとは知らなくて、知ってよかったと思いましたが、まだちょっと怪しいなという思いも捨て切れずにいます。

なので、これからは毎日摂取してみようと思います!

そして、モリンガの類い稀なる効能と正しい選び方については、こちらに↓↓↓まとめていますので、よかったら参考にして下さい♪

人の体はその人が食べたもので出来ている、 まーそーでしょうね。細胞ひとつひとつに送られる血液や酸素、体液や栄養素、それをもとに...
モリンガには、人間に必要な栄養素がバランスよく含まれています。 さらにその効能の高さは類い稀と言えるでしょう。 ...

余談ですが、トップの画像は、モリンガという保証がどこにもない「木」です。

このモリンガを知った時に、毎日子供と歩いている通園路の街路樹をふと見上げ・・・・・、

「モリンガちゃう??これ、モリンガちゃう!!」

と、思わず声が大きくなるほど、その幹と良い、葉と良い、冬には全滅するけど春からぐんぐん芽生えてくる成長具合といい、なんかそうだったら良いなという期待を込めて、写真を撮ってみました。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。



シェアする

フォローする