【東条湖おもちゃ王国】は道の駅とうじょうから10分でシルバニア天国!




【おもちゃ王国】をご存知ですか?

おもちゃがたくさんあって?

そのおもちゃで思いっきり遊べて?

さらに遊園地みたいになっていて?

子供にとってはまさに王国?

はい、まさにそんな感じでした、スーです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

新潟から兵庫県に向けて出発した我が家の長旅。

今回は長い連休ということもあって、往復で6泊もしてきました。

京都で1泊。

東条湖で1泊。

姫路で1泊。

そして実家に2泊。

帰り道では金沢で1泊。

実家以外、宿はすべてアルファード・・・。

今回はキャンプなしでした。

旅の目的は「子供たちが本当に行きたいところ」でしたね。

長女は『アイカツ!オフィシャルショップ』でした。

今回は次女の希望するところへ行った話ですよ〜。

【東条湖おもちゃ王国】・・・の前に道の駅とうじょう

次女の今一番行きたいところは、ズバリ【おもちゃ王国】ということでした。

現在運営中の施設は全国に4ヶ所あります。

  • おもちゃ王国(岡山)
  • 東条湖おもちゃ王国(兵庫)
  • 南知多おもちゃ王国(愛知)
  • 軽井沢おもちゃ王国(群馬)

岡山県に本拠を置く企業が運営、フランチャイズ管理をしているおもちゃ主体の遊園地です。

元々、テーマパークの跡地を利用して運営してきたことで、初期費用を低く抑えることが出来るという強みを持っている。そのため、経営難あるいは閉鎖された遊園地やテーマパークの再建に対して強いノウハウを発揮できる。

東条湖おもちゃ王国も元々は、「東条湖ランド」という遊園地でした。

子供がいないとなかなか行かないところですね。というか大人のみの入園は難しいみたいですよ。

何かの動画で見たらしく、次女の「おもちゃ王国」への憧れも相当強く、全くブレませんでした。

これがまた、大阪と実家の間というええ場所にあったんです。

大阪のIKEAからそのまま東条湖を目指して車を走らせ、夕方に日帰り温泉に着きました。

体調最悪の中【よかたん温泉】に浸かる

車の中で熟睡の次女と3女はそのまま朝までコースでした。

私と旦那も疲れ切っていましたが、リフレッシュも兼ねてお風呂に入ることに。

『吉川温泉 よかたん』

源泉は炭酸が豊富な「炭酸泉」です。

優しく肌を包み込んでくれて、とーっても気持ちよかったです。

露天風呂には「日本酒風呂の泡風呂」「樽風呂」「炭酸風呂」「サウナ」と種類も豊富でした。

・大人1人・・600円
・小学生1人・・300円
・未就学児・・・無料

予約が必要な家族風呂もあったのですが、1時間4,000円 、ちょっと高いかな。

でも毎回私が3人娘を連れてバタバタと銭湯に行くので、当然サウナも入れずゆっくりも出来ず、むしろ疲れてしまうことだってあります。

たまの贅沢で家族風呂もいいな〜。

今回は長女と二人だったので、ゆっくりとサウナにも入らせてもらい、疲れた体も癒されました。

やっぱりお風呂であったまるといいですね。

そのまま車を走らせて道の駅へ〜。

道の駅とうじょうは美味しいものがいっぱい!

私たちが1泊したのは「道の駅とうじょう」です。

よかたんから車で10〜15分ですね。

到着時、すでに運転手の旦那以外全員夢の中でしたけど・・・。

トイレもきれいだし、こじんまりとしているのでトラックなどもほぼいません。

連休中というのに、ほどよい空き加減でした。

朝起きてみると、意外と施設が充実していることに気づいてびっくりでした。

  • コンビニがある
  • 24時間使用可能の広いイートスペースがある
  • 産直がある
  • お土産屋さんがある
  • 出店がある
  • 包丁研ぎがある
  • ラーメン屋さんがある
  • リラクゼーションサロンがある

なんでもあるやん!

しかも、朝からひっきりなしに車やバイクが入ってくるのです。

周辺では有名な道の駅なのでしょうね。

私たちは朝早くにここを後にしましたが、屋台の焼きそばや唐揚げがあまりにも美味しそうだったので、おもちゃ王国後のお昼ご飯に、ここへ戻ってきたくらいです。

地鶏の1枚焼きと、お好み焼きみたいなものと、ホルモン焼きそばをいただきました。

地鶏はかみごたえ抜群の美味でした。
お好み焼きみたいなやつは、おから入りでとても美味しかったです。

ただ、焼きそば・・・。一番期待していた焼きそば・・・。

からすぎた・・・ソースどんだけ使うん!ってくらいソースにまみれた麺。ホルモンは確かに美味しかったのですが、もうソースを食べているような感じになってきて、半分以上を残してそっとフタを閉めました…。
もちろん捨てませんよ!
これを晩ごはんの時に、白ご飯の上に乗せて食べます。焼きそば丼です。炭水化物丼です。これぞ旅の醍醐味ですよね。引きました?

兵庫県の実家用に兵庫県でお土産を買うというおかしな行動をとってしまうほど、お土産やさんのラインナップも私をそそるものが多かったです。

特に、奈良漬けお茶

地元の方が採って作ったのであろう薬草の美味しそうなお茶が、多種おいてありましたよ。

スギナ、よもぎ、びわの葉、柿の葉、なた豆、ハブ、はと麦などなど。

もちろん自宅用にもしっかり買いました。

そんな道の駅とうじょう、ぜひまたリピしたいと思います。

【東条湖おもちゃ王国】で私たちが楽しんだこと

なんだか道の駅についての方に力が入ってしまいまいました…。

だって、おもちゃ王国のネタ、あんまりないんですもの。

いや、そんなことはないですが、うちの3人娘の偏った楽しみ方、ちょっと面白かったです。

基本情報

こんなんも入れときましょ。

重要ですからね。

私たちは、地元の小さい遊園地と同じくらいの規模で同じくらいの満足度なのかなと想像していました。

そしてだいたい想像通りでした。おもちゃに関しては別ですが。

新潟県阿賀野市は私たちが住んでいる新潟市のお隣です。 新潟市から五頭山という立派な連峰を眺めながら阿賀野川沿いに、田舎へ田舎へ...

場所はこちら↓↓↓

営業時間

平日・・10:00〜17:00
土日祝・春休み・GW・・9:30〜17:00
休園日・・毎週木曜日(祝日と春休みを除く)

料金

入園券・・大人:1,200円 小人:800円
ライドフリーパス・・大人:2,000円 小人:2,000円アトラクション乗り放題
キングフリーパス・・大人:3,000円 小人:2,700円入園券+アトラクション乗り放題

それぞれの年齢区分が微妙に違うので、詳しくは公式ホームページでご確認くださいね。

フリーパスを買わないで入ったら、乗り物1回300〜500円のチケットをその都度購入して使うというシステムです。

おもちゃメイン、お子様が小さいなどの場合は入園券のみで十分ですね。

団体割引やお得なウェブ割引コンビニ割引もあります。
私たちは道の駅のファミリーマートで前売り券を購入したので、それぞれ200円ずつ得しました。
あと、駐車場で車1台につき1,000円かかります。

ベタな乗り物こそ盛り上がる!?

乗り物にはそんなに興味がないかなと思っていましたが、入場してから目についた

「白鳥ボート」「メリーゴーランド」

この2つには何が何でも乗りたいと言いましたね。

どこでも乗れるやん。

でも、意外と乗らないものかもね。

白鳥ボート

一番最初に乗ったのですが、いきなりハードな運動をさせられてヘトヘト・・・。

特に3歳児と2人で乗るはめになった旦那は、ほぼ一人での操縦で、全身運動でした。

生まれて初めて乗った白鳥ボートでしたが、ゴーカートよりもスリルがあってなかなか盛り上がりましたよ。

スタッフの方の配慮で、2隻同時にスタートさせてもらえたので、追いかけたり追いかけられたりしてキャーキャー言うてました。

メリーゴーラウンド

女子ですからね。きらびやかなお馬さんに乗りたいのですかね。

意外とスケールが大きかったですよ。

私は3歳児とタンデム

優雅にパカパカして満足げでした。

乗り物は以上です!

もっといろいろハードなものもありましたけど、今のところそんな冒険は必要ないみたいですね。

おもちゃ王国のシルバニア天国

女の子が夢中になれるおもちゃ、

  • リカちゃん
  • メルちゃん
  • シルバニアファミリー
  • おままごと

それだけを集めたお部屋があり、靴を脱いで本格的に遊べるのです。

トミカ野球盤ゲームダイヤブロックなどのお部屋もあるので、もちろん男の子も楽しめます。

実際に欲しかったアイテムが自分の手の中におさまって、自由にごっこ遊びができるなんて夢のようですよね。

おもちゃ屋さんの売り場でサンプルを使ってセコく遊ぶのではなく、

堂々と、ちょっと値が張るレアものまで自由に使えるんです。

まさかとは思いましたけど、リカちゃんシルバニアで一番時間使いました。

本当にこんな地味な遊びで楽しいのですね。

シルバニアに関しては、お昼が過ぎても「まだやりたい」が止まりません。

おもちゃ王国ですからね、おもちゃに夢中になって全然良いのですが、

ただ、大人、暇・・・。

もう3歳児だって自分一人で遊べます。おもちゃの取り合いとかおもちゃを壊すとか、そんなややこしいこともしないでしょう。

大人、暇・・・。

仕方なく“インスタ映え”に励みましたけど、面白いショットも何もありません。ただただ自分の世界に入ってごっこ遊びに没頭している後頭部・・・

それだけ夢中になれることはいいことです。

よかったね、ここにシルバニア天国があったね。

ここの良いところは、この遊び場では何も買えないというところ。
最終的に出口ゾーンには物販ショップがありますが、基本的に園内では販売していません。
出口ゾーンをいかにスマートに横切るか、これもかなりポイントかと思われますよ。

ようやく、長女の一声でお腹が空いているということに気づき、周りの子供たちもお昼ご飯へと消えたのをきっかけに「シルバニア天国」をあとにしました。

同時に「おもちゃ王国」からも早々に出国したのでした。

まとめ

今回、おもちゃ王国訪問の日程が、前日の大阪なんばの過酷スケジュールのあとだったので、娘たちの地味な楽しみ方に救われました。

最初の白鳥ボートの後は、どうなることやらとビクビクしていましたが、

「もうちょっとアトラクション行かへんの?」とこっちが拍子抜けするくらい地味でした。

アトラクションだけじゃなく、いろんな催事や楽しめる工夫がたくさんあったのですが、入場してからほとんど園内を巡らず、歩き疲れは皆無でした。

雨降りでもなんとか退屈せずに楽しめるところがいいですね。

3人とも良い顔でしたよ。

家でもできそうだけど、家では絶対できないことなんですよね。

その特別感に心をわしづかみにされたかな♪

発案者の次女ももちろん満足だったみたい。

本音を言えばもっとシルバニア天国に居たかったんだろうけどね。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。





シェアする

フォローする