キャンプ飯にダッチオーブンだけで【水切り不要簡単パスタ】はいかが?




キャンプに行って何が楽しいかって?

それは広々した野外でのびのび料理ができること! スーです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

我が家がキャンプを始めた1年前は、まだ三女が乳飲み子だったので、何をするにも手がかかり調理を楽しむ余裕がありませんでした。

サラダとメインと主食と汁物をなんとか用意して、

出来たそばからお腹をすかせて発狂寸前の家族に食べさせながら、

自分もなんとか口に放り込むという…、

到底、優雅にチェアに座ってのまったりくつろぎキャンプ飯

とは程遠い悲惨な光景でした。

サラダとは良く言ったもので、その実態はきゅうりとレタスを細かくして塩とごま油で和えただけ…。

メインはスキレットでお肉を焼くだけ…。

主食はなんとかご飯を炊いていましたが、白米と思ってたいたらオール玄米で芯どころかほとんど生?みたいなものになっていたり…。

汁物は小さい子でも食べられるように、いつもと変わらない味噌汁…。

「キャンプ飯」なんてオシャレなものを作る発想も余裕もなかったのが現実です。

しかし、やっと末っ子も手が離れてきて、ほっといても姉たちと遊べるようになってきました。

そうなると、今までできなかったアウトドアならではの豪快料理とか、オシャレキャンプ飯とか、やりたくなりますよね〜。

ダッチオーブンでワンポットパスタ

先日行ってきた福島県の穴場キャンプ場では、時間的にも余裕があったので、初めてパスタに挑戦してみました!

「パスタが食べたい!」

とリクエストを頂いていたので、どうしよっかなーと考えていました。

ところが、レシピ云々の前に、パスタって茹で鍋とソース作り用のフライパン、さらにスープも作りたいしそのお鍋、と調理器具がたくさん必要になるか…。という難点が出てきました。

それを解決する方法が、

「煮込みパスタ」「ワンポットパスタ」

だったんです!

お鍋ひとつでパスタが仕上がるので、ほったらかしで超簡単!しかもダッチオーブンだと表示時間よりやや早めに仕上がります。ただ、パスタとソースの味加減が難しく、いつも作ってる味付け、というわけにいかないところが不安材料でした。

鍋パスタとか煮込みパスタじゃなくて、いまはおしゃれに「ワンポットパスタ」って言うんですね。

用意するもの

(4〜5人分)

  • パスタ:1,6mmのパスタを400〜500g
  • ニンニク:2かけ
  • ベーコン:100g
  • 玉ねぎ:1個
  • トマト:2〜3個
  • キノコ:なんでもいいので1パック いろいろ混ぜてもOK
  • ブロッコリー:1株
  • オリーブ油:適量
  • 黒胡椒:少々
  • 塩:小さじ2〜2,5
  • 水:500ml〜

パスタはゆで汁ごと煮込むので、我が家ではいつも使ってる、100%全粒粉のものがオススメです。コクが出るし栄養も豊富ですから。

Amazon定期おトク便での定期購買はいかがですか♪

パソコンやスマホで何でも買い物できるようになりましたね。 逆に売る側にとっても当たり前の要素になってきたネットでの販路、利用し...

こちら↓オススメです!

その他の材料は、基本的に家にあるもので大丈夫です。我が家はキノコを持ってきていると思い込んで、買い出しの際も買わなかったんですが、クーラーボックスにキノコ、おりませんでした…。なので、キノコ入れたバージョンが食べたい!という心残りが…。

味付けも、食材からいいダシが出るので、塩だけで美味しく仕上がりますよ!

作り方

  1. みじん切りにしたニンニクと、細く切ったベーコンをダッチオーブンに入れ、蓋をして弱火にかけます
  2. ベーコンから油が出てきて、少し焦げ目がついたら、みじん切りの玉ねぎと適当に切ったキノコを加え、上から塩小さじ1をかけます。
    また蓋をしてじっくり弱火で火を通していきます
  3. 具材から水分が出てきたら、茎も全て細かく刻んだブロッコリーと角切りにしたトマトを加えます
    また蓋をしてじっくり弱火で火を通していきます
  4. さらに水分が出てきて、具材がグツグツ煮えてきたら、残りの塩を加えます
    また蓋をしてじっくり弱火で火を通していきます
    塩加減は最初は少なめにしておいて、都度味を見ていきましょう♪
  5. 沸騰したら、パスタを入れ全体が汁に浸かるように水分を調整します
    蓋をしてグツグツをキープする火加減で煮ていきます
    表示時間よりやや早めでいいです
    ★パスタが長すぎて入り切らない場合は、半分に折ってください
  6. 途中1〜2回、蓋を開けてよく混ぜます
    その時水分が少ないようであれば随時足して下さい
  7. 全体的に水分が飛んで、パスタがアルデンテに仕上がったら火を止めます
    時間になっても水分が残っているようであれば、蓋を開けた状態で火をつけたまま水分を飛ばして下さい
  8. 仕上げにオリーブオイル黒胡椒を好きなだけかけて
    出来上がり♪

ちょっと工程が多くてややこしそうに見えますが、要は、食材を蒸し煮にして水分を引き出し、そこに水や塩を加えてパスタを煮込んでいくだけです。

水に白ワインなどを足して煮ていくと、風味が出て美味しそうですね。

水加減味加減が最大の鍵ですが、パスタが浸かるくらいの水加減で大丈夫でした。味は不安ならちょこちょこ味見するのが一番確実かなと思います。

まとめ

今回はたまたまなのか、初めてにしてはかなりうまく出来ました♪

途中、ブロッコリー入れすぎた!?と不安になりましたが、引き返すこともできないので、そのまま強行突破、で、なんとか美味しいパスタにありつけました!

煮込んでいる間にスープや前菜なども作れるので楽ですよね。

いつもとちょっと違うキャンプ飯に、子供も大人もテンション上がること間違いなし!

鍋に残った乳化したスープに、朝食用に買っておいた食パンをつけて食べたら、また美味しこと!ダッチオーブンもキレイになるし、一石二鳥ですね。

キャンプ初心者の方で、慣れた頃にちょっとアウトドア気分を満喫したくなったら、一度「ワンポットパスタ」にチャレンジしてみて下さい。

それにしても、キャンプとなると自分が夢中になってしまうので、写真がお粗末になってしまいます…。見苦しくてごめんなさい…。

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。



シェアする

フォローする