ニトリのダッチオーブンは絶対買い!キャンプでもお家でも使えます

キャンプ用に買ったダッチオーブンを雑にケアして、
いきなりカビやらサビやらとご対面したキャンプ初心者、スーです。

本日もお越しいただきありがとうございます。

キャンプで焚き火をたくと、やっぱり分厚い男前鍋が欲しくなりますね。

今まで我が家にはダッチオーブンがありませんでした。キャンプ料理は家で使っているステンレス多層鍋ホーロー鍋の大きいものを持ち出して作っていたんです。

でも毎回それらをキャンプに持ち出していると、汚れがひどくなったり、劣化が早そうで不安ですよね。

うちではこの鍋でご飯も炊いているので、あまり油ギトギト男キャンプ料理に使いたくないというのも本音ですが…。

そんな我が家も、ついにダッチオーブンを購入しました!

「やっぱりあると重宝する!」

これが今の私のダッチオーブン考です。

我が家が購入したニトリさんのダッチオーブン、いいですよ〜。

最初は、こんなに安くて大丈夫?とさえ思いましたが、年に何回使うかわからない、下手したら使わないかもしれないものでもありますから、文句なしのコスパなのです。

今日はそんなニトリダッチオーブンの魅力を、キャンプ初心者の目線からお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

ダッチオーブンって何?

そもそも、ダッチオーブン、ダッチオーブンって、それなんなん?

分厚い金属製の蓋つき鍋
その蓋の上に炭火を載せられるようにしたもののこと。
だそうです。

アメリカ合衆国の西部開拓時代に使われていたものが有名です。

蓋が全体的に平らなデザインで、周囲に縁取りがあり、蓋の上にも炭などの熱源を置くことができます。

そうすることによって、オーブンと同じように上下から同時に加熱することができるのが大きな特徴ですね。

さらには、蓋だけを熱源におけば、フライパンがわりにも使用できます。

素材は、鋳鉄製のものが一般的ですが、アルミニウム合金や鋼板製、ステンレスのものもあります。

しかし何と言っても鋳鉄製でしょう!

鍋に厚みがあることで、温度変化が少なく鍋全体が均一の温度で保たれ、食材にじっくりと火が通ります

また、食材から出た水分による水蒸気がフタと鍋の隙間を埋めて、フタ本来の重さも手伝って密閉状態になるんです。

そして、この状態で温め続けると、内部の気圧が高くなり圧力鍋状態になります。

要約すると、

  • 無水鍋であり
  • オーブンであり
  • フライパンであり
  • 圧力鍋であり
  • 炊飯器であり

な、ありありのすごい鍋なんです!

スポンサーリンク

ダッチオーブンってお高いんでしょう?

ダッチオーブン、年に何回使います?キャンプでしか使わないとしたら?

我が家は本格キャンパーではないけど、キャンプ道具は吟味して長ーく使える良質のものであれば買っていこうというスタンスです。

ただ、今家にあるもので併用できそうなものは、新たに購入しないというのも暗黙のルールとして存在してます。

テントやタープなどは代用できるものがないので無理ですが、

「鍋は今あるものでやっていこう」

それができるので、そう決めてやっていました。

不安はあったけど、扱いに気をつければなんとか困ることはなかったです。

大好きなアウトドアショップに行っても、ダッチオーブンはほぼ素通り

第一、メンテナンスや使い勝手を考えるとリスクの方が大きいんじゃないか、くらいのスルーっぷりでした。

そこへ現れたんですねー。

私を振り向かせたすごいコスパのダッチオーブンが

そう!それが噂のニトリダッチ

お!値段以上の、ニトリのダッチオーブンですよ

アウトドアメーカーのものはお手頃価格といっても、1万円近くはします。

それでも、価値と造りを考えれば妥当ですよね。

ただ、どうしても必要でなければ、1万円は我が家には出せません。

そこへ、

ニトリさんのダッチオーブンなんと!

19cm鍋が税込1490、24cm鍋が税込2490円!

どうですか!?怪しいくらいの価格でしょ?

でも、うちはこれしか使ったことないから偏った感想かもしれませんが、

申し分ないです!

買いでしかないですよね。

迷っているなら、まずこちらを買ってみるのもアリかと思います。

スポンサーリンク

ダッチオーブンってお手入れが面倒なんでしょう?

ここもね、ハードルありますよね。

まずちょっと厄介なところをあげてみると、

  • 使う前にシーズニングをしないといけない
  • 場所を取る
  • 重い
  • 洗った後の処理が面倒
  • 持ち手も熱くなるからやけどが心配
  • 作り置きっぱなしができない

結構ありました…。

はい、正直普通の鍋に比べたら面倒です。

我が家の場合、家でもフライパンは鉄製だし、鋳鉄製スキレットも家でガンガン使っているという免疫があったので、前後のケア、処理は多少慣れていました。

ニトリのスキレットはやっぱり優秀アイテム!ぜひ19cm2台持ちで
キャンプをするまでは「スキレット」の必要性を特に感じなかったので、興味もありませんでした。しかし、野外調理でガンガン使えてしかもお手頃価格ということで、とりあえずのアイテムとして「ニトリのスキレット」を購入してみたんです。これが大当たり!!いきなり2つ買っちゃいました。

シーズニングやオイル塗りこみは確かに手間です。

でも、そうやって育てていくとただならぬ愛着が湧きます。

「今日も料理を美味しくしてね」とか

「今日もいい仕事してくれてありがとう」とか

なんとなくこころが通う気がします。

面倒だなと思ってしまえばそれまでですが、その面倒を楽しんでやれればプラスですよね。

そこでしか味わえない体験が間違いなくできます。

キャンプ自体もそうですが、やる必要はないけど、あえてやる

そうして新たな技を習得していくことが、人生を豊かにする秘訣のような気がします。

いかかですか?少しは使ってみたくなりました?

では、そんな方のために、簡単なシーズニングとケアの方法をご紹介しておきますね。

スポンサーリンク

ダッチオーブンのケア

しっかりとした老舗専門メーカーさんのダッチオーブンは、最初のシーズニングという油膜落としをしなくていいものもあります。(すでにしてある)

ですが、ニトリさんのは、やっておきましょう。

  1. 錆止め工業用ワックスを落とす作業
    洗剤で洗う
    焼き切る
  2. 食用油を表面全体に塗る
  3. クズ野菜を炒めて油をなじませる

これだけはきっちりやっておいてください。

私のように、

見えないからといって、洗剤で洗うときにサーっとだけ、

油が勿体無いからといって、外側や蓋にオイルを塗らない

などの手抜きをすると、錆やカビの温床になりやすいですよ。

シーズニング後は、なるべく日をおかず使ってみましょう。

油ってどうしても酸化します。

あまり置いておくと、酸化した油を落とす作業が毎回つきまといます。

キャンプに行く前に準備するとしても、できればそんな作業したくないですよね。

だ・か・ら…

スポンサーリンク

家でもガンガン使いませんか?

この重み、確かに赤ちゃん並です。

でも、だからこそ、この鍋にしか出せない良さがあるんです!

野菜の水分旨味栄養をぜーんぶ閉じ込めた、

簡単無水ほったらかし調理です

特にカレーやシチューにしなくても、塩とスパイスだけで、本当に美味しくてみんなが納得する簡単飯ができます。

毎日というわけにはいかないかもしれませんが、週末の鍋料理や、オーブン仕様でパンやお菓子作り、子供も喜ぶカレーなどをこのダッチオーブンで作る習慣にしてみてはいかがでしょうか?

カレーのレシピはこちらからどうぞ〜♪

パスタのレシピはこちらからどうぞ〜♪

本日も最後までお読みいただきありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました